涅槃無天鴉




「鴉どもが お前さんの屍肉を欲しているようだ」

名前:涅槃無天鴉(ねはんむてんからす)
年齢:27歳
流派:我流
身長:180cm
体重:45kg
武器:妖刀“凶”

 人の血をすするといわれる魔剣と(鳥の)カラスとともに諸国を旅し、用心棒などの仕事をしている。
 魔剣に取り憑かれているとも、もともと彼の心には魔剣をしのぐ狂気と虚無感が支配しているとも噂されている。
 いつものようにカラスが東へ向かって飛び立った。鴉は何も考えることなくその後を追っていく…。

「痛いか?苦しいか? 地獄はすぐそこだぞ」

公式ストーリー-無天流浪-

 天涯孤独という言葉は彼のためにあるのだろうか。
親の顔も知らず、誰が鴉と名づけたのかも知らない。何度人に裏切られてきただろうか。
七つで初めて人を斬った時にはすでに他人を信じてはならぬと悟っていた。
盗みと流浪の日々のなか、生きるために我流で剣の腕を磨き、用心棒や暗殺など、いくつもの修羅場をくぐり抜けてきた。
 彼の回りには常に(鳥の)カラスの群れがいた。それは鴉が心を許す唯一の存在である。
カラスは裏切ることはない、人間のように…。
互いに言葉が通じるわけではなく、鴉が話しかけるわけでもない。
だが、群れの中の年老いた悲しそうな眼の1羽は…彼が幼少の時から見守ってきた1羽ではなかっただろうか。
なぜついてくるのかは彼にはわかるはずもなかったし、遠い昔にそれを疑問に思うこともなくなっていた。
 いつしか彼には漆黒のカラスの群れと陰惨な死の気配がついてまわると噂されるようになっていた。鴉は何も気にしない。
 西国の高利貸しの用心棒に雇われた時のこと。屋敷を襲った町民のうち5、6人を痛めつけてやったが、結局彼を雇った高利貸しは数十本の刀やら鍬やら鎌やらを全身に突き立てられて死んだ。儲けは手付け金だけとなったが、別に構わない。
 いつも一仕事終えた時に…。あるいは何も考えてない時にそうするように、鴉は夕暮れを見つめていた。次はどこへ向かうかと思っていたところ、いつもの老カラスが導くように東へ向けて飛び立った。
(奴から誘うか…珍しいこともあるものだ。どうせどこへいっても血がついてまわる)
 鴉は何も考えることなくその後についていくことにした。


存在自体が忍んでいる ADK最後の格闘ゲーム『ニンジャマスターズ 覇王忍法帖』に登場するキャラクター。
ただし上記のストーリーを読めばお分かりのように、鴉は忍者ではない。
また、技は癖が強く、性能も難のあるものばかりで上級者向け。
このため最弱キャラと位置づけられている。
しかしそのストーリーや技のカッコよさからか同作でも特に人気がある。闇鴉で服を脱ぐのはどうかと思うが
特に妖刀が宙を舞い相手を切り刻む「狂い刃」は他にダメージやゲージ効率のいい技があり
一種のロマン技だが闇コンボで1、2を争うカッコよさ。鴉を象徴する技といえる。

参考動画

EDでは滅界覇王信長を倒した後、刀と羽織を残し、いずこかへと姿を消している。

黄金城の脅威は去った
この後、彼の姿を見た者はいない
人々は彼のことを神が送りし救世主とも、時代の終わりが生んだ悪魔ともいう。

彼はどこにいったのか 彼は何者なのか それは誰にもわからなかった。

カラスは死や不吉の象徴と忌み嫌われる一方、八咫烏等のように太陽と関連付けて神の使いや化身として崇拝する神話や伝承も多い。
が送りし救世主」というのもあながち間違いではないのかもしれない。

MUGENにおける涅槃無天鴉


  • あだむすきー氏作
現在は公開停止。
闇コンボ以外のコンボは無いものの、必殺技は全て搭載している。
もちろん狂い刃も搭載しており、フィニッシュでは原作の勝利デモの一枚絵がカットインとして表示される。
が、元ゲーが忍びに忍んでいることもあって、ニコニコではほとんど出番が無いに等しい。
一応MUGEN∞動画戯作トーナメントにてサクラカ氏がAIを作成・配布しているが、あまり出回っていないようである。

  • T.D久保田氏作
上記のあだむすきー氏のものを改変したもの。必殺技、超必殺技の性能がアレンジされ新技も追加され大幅に強化されている。。
当初狂い刃は搭載されていなかったが、更新で狂い刃を含む原作の超必殺技、NINJAコンボ(名前は連ね刃に変わっている)は一通り搭載された。

更新によりデフォルトAIが搭載された他、ペパーミント氏によるAIが公開された。

+ T.D久保田氏鴉用のコンボレシピ

「血だ…血のにおいが 我を呼んでいる…」


出場大会