アイ

  1. アイ(NBC)
  2. アイ(ジョイメカファイト)
  3. 未分類大会情報

アイ(NBC)



「ごめーん、わざとじゃないんだよ?」

 格闘スタイル:新日本格闘術
 誕生日:4月17日
 年齢:17歳
 身長:162cm
 体重:48kg
 血液型:B型
 好きなもの:同人格ゲー・ゲーセン
 嫌いなもの: お芋 ・発売延期
 大切なもの:レアロム
 好きな食べ物:お刺身(とろサーモン)
 得意スポーツ:ボウリング
 趣味:アーケードゲーム・基板収集
 装備:改造ネオポケ
 キャッチコピー:「ウルトラコアゲーマー・アイ」

ユウキと並ぶ『NEOGEO BATTLE COLISEUM』の主人公二人の片割れ。
ジョイメカのアイについては、こちらで。
声優は『ときめきメモリアル』の朝日奈夕子や『闘神伝』のエリスを演じた鉄炮塚葉子氏。
余談だが上記の台詞は『 ときめきメモリアル対戦ぱずるだま 』の朝日奈夕子の台詞と同じだったりする。

連邦政府のエージェントで、大のゲーム好き。首から特注のネオジオポケットを下げている。
勝利メッセージや使用する必殺技などは、相方のユウキと同じくSNKの過去作品を元ネタとしたものが多い。
アクションゲームネタ一本槍の相方に対し、アイの方はパズルゲーム『ジョイジョイキッド』や
スポーツゲーム『ベースボールスターズ』などなど、バラエティ豊富。
更に『ゲームセンターあらし』の技(この時だけ出っ歯になったりする)までも使うゲーマーっぷりである。
キャッチコピー的に『アーケードゲーマーふぶき』を意識したものと思われる。
それにしても見た目からしてとても17歳とは思えない。いいぞもっとやれ!

キャラの特徴としては、通常技や特殊技、必殺技などを含め、全体的に癖が強い。
超必殺技を絡めた永久コンボがあるものの難易度が高すぎて完走しきれるものではない。
それ故に、ユウキとは対照的に上級者向けのキャラである。元ネタ的な意味でも

+年齢不詳婦警
SNK公式ギャルゲー『Days of Memories』では、第5作『恋はグッジョブ!』に登場。
今作のヒロインはほとんどが以前の作品に登場したキャラで固められており、
オリジナルキャラを除けば彼女が今作で唯一の新規ヒロインである。
たまに存在を忘れられて「全員が既存ヒロイン」とか言われちゃったりもするが。

今作では婦人警官という設定で、カメラマンの卵である主人公を盗撮犯呼ばわりして追い回したり、
怪盗SHIRANUIを捕まえようと警官を256人配備したのにあっさり逃げられたりしている。
また、ゲーオタ設定も残っているというかむしろ丸出しで、非番の日は常にネオポケをぶら下げつつゲームセンターに入り浸ったりしている。

ちなみに年齢は不明。……まぁ、17歳じゃ警官にはなれないしね。

また、香港で出版された『NEOGEO BATTLE COLISEUM』の漫画版(ゲーム版の前日談的な内容)では
表紙イラストに描かれただけで本人は登場しないが、アイの兄と言う設定の「ジャスティン」が登場している。 某有名格ゲープレイヤーは無関係…だよな
ユウキの師匠として単独でアトミックガイに変身する(ユウキ&アイと異なり緑色)などして活躍するも、NEO-DIOに敗れて死亡。
今際の際にユウキに妹であるアイを託して息を引き取った。


必殺技
画面上に一つだけ出せる、真上から落ちてくる飛び道具の「ジョイジョイブロック
空中でも出せる上、四種類の派生技もある「ジョイジョイバルーン」
バットを振って飛び道具を跳ね返す事のできる「ベースボールスターズ」
分身を飛ばしたりする移動技の「分身拳」
グローブで相手の飛び道具を受け止める「2020スーパーキャッチ」
など。前述の通りネオジオのゲームが元ネタのが多い(分身拳もユウキの爆裂拳とかと同じく「ミューテイションネイション」から)。

超必殺技(1ゲージ消費)
ジョイジョイブロックの強化版で、ブロックを立て続けに7個落とす「ジョイジョイパーティ」
前方にオプションを生成し、そのオプションが一定のパターンで飛び道具を発射する「ラストリゾート」の二つ。
また、「ラストリゾート」には追加技として、オプションを水平に飛ばす飛び道具技の「ためろパワー!とばせユニット!」が存在する。


MUGENにおけるアイ


Fervicante氏が製作したものが存在。
氏のサイトは消滅してしまったが、現在はBrazil Mugen Teamにて代理公開されている。
デフォでAIも搭載されており、本来はユウキとチームを組んだ際に使用できる
アナザーダブルアサルトの「ASO2 ラストガーディアン」も条件なしで発動できる。
それでも相方ラスボスに比べると出番は少なく、「誰?」とコメントされたり、
チーム戦ではポーション扱いされることも…。

cafe氏のAIが公開されていたが、Fervicante氏の許可を得ていなかったから?なのか
現在はDL不可能。とにかくソバットを多用するAIだった。

他にLuis2345氏によるAIパッチも存在する。2008年に作られたかなり古いもので、
その後長い間公開停止されていたが、氏の他のAIいくつかとまとめて2013年7月に再公開された。
パッチと書かれているが、本体も同梱されているのでそのまま使用可能となっている。
また、こちらは無敵の追加など性能改変もされている。
Fervicante氏の許可は得ている、とりどみには書いているが…
ま、まぁブラジル人同士だし大丈夫なんじゃね?きっと多分。
「ジョイジョイブロック」や「ジョイジョイバルーン」を多用し魅せプレイを意識したデフォAIに対し、
隙あらば小足からダブルラリアットへ絶妙に繋ぎまくり10割コンボを狙ってくる凶悪なAIとなっている。
勝率は一気に跳ね上がるかもしれないが、やや単調で見栄えはあんまりよろしくない。
どこ見てんの、エッチィ!」

勝利ポーズの一つにネオポケ君(ネオジオポケットのマスコット)がスカートの中を覗こうとしてるのを諌めるものがあり、
それに対してサーセンwとコメントされることがよくある。が、どうもアンスコを履いている様である。実に無念…

出場大会

削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー


「未来は自分の手で切り拓かなきゃ・・・ね?」




アイ(ジョイメカファイト)


「かくらんせんぽうをとくいとするロボじゃ。ジャンプのはやさはいちばんじゃ。」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』の登場人物。
NBC女主人公ではない。こんなのがヒロインだったら怖すぎる
最初はワルロボとしてステージ1の8体の敵キャラクターの
うちの1体として登場し、倒せばリョウシンカイロを組み込まれて仲間に戻る。
目玉(eye)が印象的で、手足に爪がついた昆虫のようなデザイン。
撹乱戦法が得意らしく、見えないところから第3の爪を出して攻撃することができる。移動速度も速い部類に入る。

性能は遠距離からの攻撃(奇襲)が得意で、後述のカッターキックからの固めが強力。
通常技で非常に使えるのがキョウパンチ(→A)。
仕様により発生は1F、リーチに優れ判定もそこそこ、持続が短いのでガードされても隙がない上に爪にやられ判定が無いと非ッ常に高性能。
ダウンは奪えないもののヒットバックが大きいので相手との距離が離れ、カッターキックが出しやすい距離になる。


「アイ アストロン」は体力を消費して一定時間無敵になり攻撃判定が発生する技。
瀕死時には出せない、途中でキャンセルできない等デメリットもあるが、ガードされても無敵時間がなくなるわけではない、復帰硬直がほぼないので出せさえすれば安定。
モーションはブランカのエレクトリックサンダーに似ている。

「アイ コプター」は身体を回転させて浮遊する技。
足に攻撃判定があり、空中制御が出来るのでめくることが可能。出している間に↑Bでもう一度滞空できる。

「カッターキック」は片足を突き出し高速で突進する技。
ジョー東のスラッシュキックを思い浮かべると分かりやすい。
無敵時間はないがガードされると近距離でジャンプし、そこから空中技(アイコプター含む)を出すことが出来る。
ここからの固めが強力で、例としては「カッターキック」→ジャンプ攻撃(AorB)→着地でキョウパンチorカッターキックなどなど。
無敵技を持たないキャラでは脱出が困難で、修羅の心を持つプレイヤーとの対戦ではこれだけで削り殺される可能性がある
対策としてはカッターキックのコマンドミスを待つくらいである。
ガード後にアイコプターで後方に逃げるという選択肢に反撃できるキャラは非常に少ない。

「アイ スープレックス」はモーションは短いが普通の投げ技。


MUGENにおけるアイ

yamabe氏が製作したものが存在している。


出場大会





未分類大会情報

  • 「[大会] [アイ]」をタグに含むページは1つもありません。