双葉ほたる

「お兄ちゃん、今、行くからね」

初出作品:餓狼MOW
格闘スタイル:中国拳法 柔系(太極拳、八卦掌など)
出身地:日本
誕生日:5月11日
身長:156cm
体重:42kg
スリーサイズ:B78 W54 H80
血液型:A型
好きなもの:吊り下げ式リニアコースター
趣味:かわいいリボンのコレクション
大切なもの:テンのイトカツ
好きな食べ物:アイスチョコバナナクレープ
嫌いなもの:地震
特技:どんな動物でも雪で作ることが出来る
得意スポーツ:高跳び、走り高跳び
年齢:16歳
苦手なもの:きつめの炭酸飲料
好きな音楽:ポップス
関連キャラクター:牙刀

餓狼 MARK OF THE WOLVES』(以下『MOW』)の登場人物。担当声優は堀江ゆき氏。
友達であるテンのイトカツと共に旅を続ける拳法家の少女。あとアホ毛。
母の死と同時に行方不明となった父と兄を捜している。
兄は牙刀ではないか、と言われているが、確たる証拠がないので明言されておらず、牙刀本人も否定している。
とはいえ、ほたる自身の勘と、ほたると兄にしか懐かなかったはずのイトカツが牙刀に対して好意的な態度を示していたりするので、
恐らくは彼がほたるの兄で間違いないだろう。牙刀本人も時折それらしき態度を見せたりするし。まあ牙刀はツンデレだから仕方ない。

NBC』では兄に似た男を見たとの噂を聞き、大会に出場。
また『KOFXI』でも餓狼MOWチームのエンディングにさりげなく登場しているが、兄に出会うことはできなかった。
なお『2003』のときも兄を探していたようである(アウトローチームのストーリー内でそのことが語られている)。
また、PS2版『XI』では特定の条件を満たすことで使用可能な隠しキャラクターとしても登場している。
『2002UM』でも背景キャラとして出演し兄を探している。
……実は牙刀も同じステージの背景にいるのだが、ほたるが背景にいる間は彼は居なくなっている。逃げたのか。
『KOFXIII』では女性格闘家チームのエンディングに登場している。
この他、今は亡きネオジオフリークに掲載された設定資料集によれば、『ノーブラ』とのこと。
『16歳でそれはマズイだろう』と思うか『だがそれがいい』と思うかは人それぞれ……かもしれない。

+ 公式ギャルゲー『Days Of Memories』シリーズでは…


キャラクター性能

『MOW』では、地上では波動昇竜、浮かせ蹴り、コマンド投げ、削りが強い連撃技と一通り揃ったスタンダードな性能。
攻めやすさ、守りやすさは悪いものではないし、意外と基本コンボの火力が高かったりする。
具体的に言うとJD→2C→発気掌の超簡単3HITコンボで2割減る、TOPだと3割。
またGC虎尾脚ブレーキング→覚醒天翔乱姫で7割ぶっ飛ぶ。
これも214でジャストディフェンスしてジャスト確認D→AB同時→236236ディレイDという操作量の少なさ、しかも始動場所は画面端に限らない。ブレーキング猶予も他の技に比べると相当長い。

空中では、下方向に異様に判定が強い特殊技「高蹴打(通称:踏んづけ)」と、
空中でほたるが向いている方向を変えることが出来る特殊技、
さらに暴力的な判定を持つグラントのJDを余裕で吸える空中投げ、空中必殺技と意外とトリッキーな性能を持つ。
地上での牽制合戦、空中からの攪乱、どちらでも戦える、結構オールマイティなキャラである。

そして、彼女を一躍有名にした技といえばやっぱり「天翔乱姫」ではなかろうか。通称「 騎乗位 」。
エロい 技は大好きだ、ということですね。わかります。

みんな大好き天翔乱姫も対空としては頼りになるので、うかつに飛び込んできた相手にバンバン決めまくってやろう。ただし相手が高いとムーンサルトの部分だけ当たって、問題な騎乗位に突入しないという哀しみを背負う事があるのがネック。
個人的にはお兄ちゃんに決めると どこか背徳感があって非常によろしい。 あえてジェニーに決めるという手もある。
MUGENでは多くのキャラが存在するので、色んなキャラをどんどん乱姫していくという楽しみ方も出来る。
ちなみにもうひとつの超必である双掌天蓮華も、字面こそ違えど兄のモチーフとされる烈海王の技、転蓮華と読みは同じ。
そして転蓮華がモチーフとなった技があの零牙である。ほたるが使っていたらロックあたりが大変なことになっていたであろう。
実際は至って健全な技なのだが、確定状況の問題などから目にすることは少ない。
ロマン云々ではなく性能的な意味で目にすることが少ない。大事なことなので二度言いました。
乱姫より若干リーチが長いのを生かし、2C先端や上段避け先端からキャンセルや、最後の削りなど確定状況も一応はある。

話が逸れたが、MOWほたるの弱点として、リーチが短く判定が弱めな技が多く、崩しもコマ投げこそ持ってはいるが、2Bが通常キャンセル不可なので、下段からの連続技に2B空キャンを利用した疑似キャンが必要とやや難しい。
超必2つも使いどころを選び、カインのガークラ連携やお兄ちゃんの零牙のような決定的な武器も無い。
火力がないわけではないのだが、防御力が低くダメージレースで負けやすいのも痛い。
要するに痒い所に手が届かない、いわゆる器用貧乏な性能。
昇竜技BRから一発を狙うならマルコが居る、飛び道具で相手を制したいならカインが居る、下段からダメージを取りたいなら牙刀が居ると、何かしらの下位互換キャラとされたため、キャラランクは中の下から下の上くらいとなっている。
プレイヤーとしてはごんちゃん氏が全国大会・日月星辰弐で並み居る強キャラを抑えて優勝する快挙を達成。決してポテンシャルは低くないことを証明した。

『NBC』では2つの特殊構えおよびその派生技を新たに会得し、『MOW』の頃とは打って変わってスタンダードかつテクニカルな性能を持つキャラクターとなった。

MUGENにおける双葉ほたる

MUGENでは改変含め数体確認されている。
+ あだむすきー氏:MOW仕様
+ GM氏製作:MOW仕様
+ 如月銃駆氏:NBC仕様
+ M3氏:XI仕様
+ 2氏:MOW+CVS2アレンジ仕様
+ 悪咲3号氏:MOW+CVS2アレンジ仕様
+ ピータン氏:KOFXIIIアレンジ仕様
+ 水影氏:ZEROほたる
+ Ainotenshi氏:マスターほたる
+ Sang Kalaza氏:Futaba
+ みるきー氏:おとなのほたる


あと、あなろぐ餅米氏がお覇王を改変して製作したほた王なんてのも…。

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ ...