兇國日輪守我旺



益荒男( ますらお )よ、

  我が下に集え!!」


 武器銘: 鬼十字・四法印
 流派: 兇國院日輪神道流
 生年月日: 寛延元年(1748年)8月15日
 年齢: 38歳
 出身地: 日輪国
 血液型: A型
 身長: 五尺九寸
 体重: 十九貫目
 好きなもの: 忠國の志を抱いたますらお
 嫌いなもの: 国賊徳川とそれに与する下衆
 コンプレックス: 頑固
 剣の道について: 國を護る術
 尊敬する人: 師
 特技: 古今東西のあらゆる兵法に精通している
 平和だと思うとき: 戦に勝利した瞬間
 好みのタイプ: 志を同じく、覇道を共に邁進できる者
零SPの絵は こちら

サムライスピリッツ』 のキャラクター。零で初登場し、ラスボスを務めた。
読み方は 「きょうごくひのわのかみがおう」。勿論苗字は本名ではなく、幕府の(架空の)役職名である。
日輪國の領主であり、参戦した戦には必ず手柄を上げ、負け戦を勝ち戦に導く男。
その圧倒的強さから「鬼神」、「鬼十字のますらお」と呼ばれ、徳川慶寅の憧れでもある。
CVはラオウやディシディアファイナルファンタジーでガーランドを担当している内海賢二氏。
剣サムでは天野漂ソリッド・スネークなどを担当している大塚明夫氏。 後のサウザーである。
キャラクターデザインは慶寅や劉雲飛と同じく和月伸宏氏。

天明の飢饉の際の被害に対して何もしない徳川幕府に反旗を翻し、黄泉ヶ原の乱を起こした張本人。
徳川幕府を国を腐らせる諸悪の根源とみなし、兇國幕府を作って国を変えるために宣戦布告した。
腹心の部下の黒河内夢路に、自分の下に集う強き剣豪達を集めさせている。

しかしその為に「闇キ皇」(くらきすめらぎ)に憑依されてしまい、魔界を現世に呼び出す手助けをしてしまう。
最後には自らの罪を悔い、炎邪水邪の元師匠、劉雲飛の助勢を得て、闇キ皇を魔界に返し、魔界の門を封じた。
その後は魔界で現世を守るために戦い続け、遂には魔界を統一した。
アスラと壊帝ユガ?知らん。

『天下一剣客伝』では中ボス4人衆の一人として登場。
中ボス時は御前試合を國を疲弊させる愚かな祭事と見なし、御前試合の優勝者に襲い掛かる。その前に幕府を襲わないのかとツッコんではいけない
また、我旺とは別にラスボスとして前述の魔界を統一した「 魔界を統べし我旺 」も登場した。
+ 魔界を統べし我旺
+ エンディング


原作における性能


武器の十文字槍の長いリーチ、突進技の「忌神楽」などを活かした中距離戦を得意とする。
性能はあまり良くないがコマ投げ(打撃投げ)の「鉄砕」や頭上で槍を振り回す「兜独楽」などで接近戦も補え、
また飛び道具反射技の「燻雅」や忌神楽があるので遠距離戦もある程度戦えるが、
武器の振りが大きく、小回りもあまり利かないのでやはり中距離で戦うことになる。
なおミナの矢さえもはじき返す燻雅は、反射技にしてはやや不思議なモーションである。

零サムではCPU専用ラスボスキャラで登場。アーケード・家庭用移植版ともにプレイヤー使用不可。
武器を落とすことが無く、怒りゲージがMAXになると闇キ皇が憑依し鎧姿に変化する。
憑依中はなんと全身ガードポイント&削り無視でダメージを与えることができないというトンデモ性能。
最初のラウンドは怒りゲージが溜まらないが、1本目を取ると怒りMAXになり次のラウンド開始時にいきなり変身、
怒りが収まると元の姿に戻るが、以降すぐに怒りゲージがMAXになるという途端に厄介なキャラと化す。
そして変身中は多段ガードでものすごく削られる突進技と、コマンド投げを多用…というかそれしかしてこないため、
ガードを固めていてはいずれ殺され、かといって反撃もできないので必死こいて逃げなければならない。

そしてこの闇キ皇モードの時に使うコマ投げ(零SPでの絶命奥義)「黄泉社」の使用時には
内海ボイス天破活殺!と叫ぶ。…まあ多くは語るまい。
ちなみにこの憑依状態の突進&コマ投げオンリーのパターンは実はバグであり、
本来は普通に戦う(実際にROM内には通常動作のドットはしっかり入っている)予定だったらしい。
また密かに全ての攻撃が当て身不可(心眼刀で取ろうとするとそのまま斬られる)なのだが、
実はこれは「当て身で取られると色違いの覇王丸に化けるバグ」を誤魔化す苦肉の策だったらしく、
ある意味バグのため思いがけない性能・特徴のあるキャラになったと言えるかもしれない。

零SPでは使用可能キャラとなったが、ラスボスの座は羅将神ミヅキに奪われた。
怒り憑依の闇キ皇モードも無くなり、アルゴリズムもラスボス中最弱なのだが、なぜか絶命奥義を確実にガードしてくるため、
絶命奥義や一閃をきっちり決める必要があり、結果としてボス集4人の中では一番手強くなっている。
(零SPでは天草斬紅郎→我旺→ミヅキのボスラッシュを「絶命奥義」で倒すか試合中に「一閃」をヒットさせて勝たないと
倒してもその時点でバッドエンドとなるが、天草・斬紅郎含む殆どのCPUは絶命奥義をガードせず、ミヅキは最後なのでその制約がない)


剣サムでは調整された結果、ボス集4人の中で最弱になってしまった。
ただし先述通り「魔界を統べし我旺」がCPU専用ラスボスキャラとして登場。
AC・家庭用移植版ともにプレイヤー使用不可なため、「魔界を統べし我旺」が使える移植版は未だ存在しない。
魔界我旺固有の性能として、通常の移動速度がダッシュ並に速く、攻撃の隙もほぼ無い。
さらに『魔』スピリッツという特有の強力なスピリッツを持っている。
ヒットすると武器破壊技が確定する幟火縄(炎の壁)や、近づくとコマンド投げで掴んでくるなど技も強力。
サムスピのボス恒例、武器が飛ばされない・破壊されないなど凄まじいまでのラスボスっぷりである。

しかしミナは ワンボタンでハメ殺せる ──我が哭いておるわ。


MUGENにおける我旺

MUGENでは3体ほど確認されているが、動画ではあまり見かけない。

死門氏製作

零サムベースで、剣気・怒りゲージ共に搭載されているが、怒りゲージが満タンになっても鎧武者姿には変身せず、
キャラセレクト時にSを押しながら決定で選択できるようになっている。
その鎧武者姿も怒りゲージと関連付けられていない為、いつまで経っても変身解除せず一方的にボコれる壊れた仕様である。
死門氏のサイト閉鎖時に公開停止。氏の復活後も公開されなかったので入手は困難。
BBSにて氏本人が『公開する気はありません』と答えた為、再公開は無いものと思われる。
色々曰く付きで公開停止されたのも大分前である為、存在自体を知らない人も多い。

モンタナ氏製作 魔界を統べし我旺

天下一剣客伝の魔界我旺で、剣気ゲージ、『魔』スピリッツ共に搭載されており、原作には無い攻撃時の血飛沫まで付いている。
対人AIが入っており、アリ氏の我旺が公開される前はちょくちょく動画には出ていた為、割と有名。
1年ほど公開されていたが現在は公開停止で、氏曰く調整中で再公開の予定はあるそうだが、
氏のサイトがダウンロードの出来ない状態で放置されて1年以上経っている為、今後公開されるかは未定。

アリ氏製作

唯一普通に入手が可能な我旺。
零SPベースで、剣気・怒りゲージ、絶命奥義も搭載されており原作再現度は高い。
またスタートボタンを押しながら決定する事でボスモードになることが可能。
このモードは基本性能は変わらないが、怒りゲージが溜まり易くなり、鉄砕の性能が打撃投げからコマンド投げに変更される。
1ラウンド目は怒りゲージが溜まらないが、2ラウンド目以降になると溜まるようになり、
怒り状態になった場合は闇キ皇が憑依し鎧武者に変化する。
原作では残念ながら使わなかった通常技も使用可能になっており、不意打ちや大斬りは凄まじい攻撃範囲を誇る。
この他、12Pカラーでは常時鎧武者モードになる。
当然一切の攻撃が通らないので、ラウンド開始前の通常形態の時にフライングしない限り、通常の攻撃でダメージを与える事は不可能。
こうなってしまうとマスターギースエルクゥに余裕で勝ってしまうので狂クラスである。
一回発動すればほぼ無敵と変わらないので、倒すには特殊な処理をしていることが多い狂上位レベルでないと倒せない。
しかし、発動時に隙があるので開幕でそこを潰したりフライングで反撃を許さなければ倒せるので狂中位と思われる。
黒子ミヅキなどのAIでお馴染みのコケココ氏によるAIと、SC氏によるAIが製作されていた。
前者は2012年4月のHP閉鎖による公開停止の予定。後者は今は亡きニコロダで公開されていた。
しかしコケココ氏のAIはアーカイブの日付にもよるがダウンロード出来るようだ。
2015年4月1日に氏の引退と共に公開停止されたが、転載・改変自体は自由であり、現在はfoxy氏のonedriveにて代理公開されている。



出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結
非表示

出演ストーリー








「我、忠國の大儀の為に死を以て

 斬奸の槍を振い、三途を逝こうぞ」