一休




「お茶の子さいさい」

㈱金子製作所(現在は㈱カネコ)発売の 病んだ 格闘ゲーム『大江戸ファイト』の登場人物。
名前の由来は修行坊主時代はとんち話(主にアニメ作品)、後年は世直しのため破戒僧となった実在の僧侶「一休宗純」からか。
……尤も、接点は「仏教」以外には毛ほども無いが。

余談だが、『大江戸ファイト』が稼働開始した1994年夏頃には、
“奇ゲー”として知られる『ずんずん教の野望』も稼働開始したり、
同じくカプコン渾身の新作だった初代『ヴァンパイア』でもビシャモンステージ背景における
地蔵の不気味さが一部で話題になったりと、この時期のゲーセンでは何故かやたらと地蔵が持て囃された。
誰もが予期だにしなかった同時多発 地蔵 テロ、アーケード業界に一体何があったのか。
(ちなみに前年の1993年夏頃には、同時歌舞伎テロ、翌年の1995年には同時多発ジャッキーテロが勃発していたり)


キャラクター概要

地蔵なのに血や内臓がある。しかも、実写取り込みっぽいためかなりシュール。
ステージ背景に色違いのそっくりさん達も複数いる。
ラスプーチンのように体の一部を巨大化させたりお経で攻撃する。
技は「説教球」と「念仏アタック」のたった2つ。
また、この作品共通の仕様ではあるが、「念仏アタック」はレバー入力のみで出る
(ボタンを押さないので強弱はない)格闘ゲーム史上でも珍しい技である。


MUGENにおける一休

きら様で有名な、原作再現に定評のある日本破壊結社NHK氏が製作。
音声の抽出が出来ずボイスは一部のみで、フィニッシュは強制発動でKO時のボタンで分岐となっている。
現在はフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可。

原作同様ライフバーと同じ長さの怒りゲージが用意されており、ダメージを受けると同じ量の怒りゲージが増える。
ガード時の増加量は、MUGENの仕様上の問題で大江戸における弱と強ダメージの中間程度の量固定になっている。
怒り状態は怒、激怒、大激怒の三段階があり、段階に応じて投げ以外の攻撃力が上がり、
激怒、大激怒時は強攻撃にダウン属性が付加される。
また、立ち・しゃがみポーズのテンションもだんだん上がっていく。

火力上昇率はそれぞれ
  • 怒…1.2倍
  • 激怒…1.4倍
  • 大激怒…1.6倍
ただし攻撃を当てるとそのたびに怒りゲージが下がってしまうので火力は微妙。
実は激怒以上だと強攻撃に吹き飛ばし属性が付き、コンボがむしろ安くなったりするが。

某トナメでは登場するたびにテーマソングが流れた
また、同トナメでAIが配布されているほか、J・J氏とIX氏のAIも公開されている。


出場大会

更新停止中

出演ストーリー

サウザーの拳(非戦闘)
ウドン13(番外編)

その他