アスラ

該当しそうな項目が2件あります。

  1. アスラ(サムライスピリッツ)
  2. アスラ(アスラズラース)
  3. 未分類大会情報


アスラ(サムライスピリッツ)









 「俺の敵はお前ではない」

  身長:5尺9寸(約177cm)
  体重:17貫目(約63kg)
  嫌いなもの:壊帝ユガに関するものすべて
  武器銘:7つの古代武器

キャラ設定

SNKの対戦格闘ゲーム、サムライスピリッツシリーズのハイパーネオジオ64版「ポリサム2」こと「アスラ斬魔伝」に登場する主人公。
後に「NEOGEO BATTLE COLISEUM」にも登場した。本家サムスピの2Dシリーズには未登場(一応ネオポケの「サムスピ!2」には参戦)。
声はジョン・フーン役の一条和矢氏。

Asurasとは、神を裏切るものという意味である。
魔手と呼ばれる手から七つの古代武器を召喚し、天賦の才をもって敵を薙ぎ払う。魔界の頂点"壊帝ユガ"に闘いを挑むが、秘術の前に敗れ、逆に幽閉されてしまう。
しかし、ユガが何者かに倒されたことによる呪縛の弱体化を千載一遇とみた彼は、封印の鎖を断ち切り、何処へかと消えていった。

7つの古代武器の名はアスラに仕える七つの魔神の名であり、それらは右から読むと聖書における七つの大罪の悪魔の名になる。
長刀:レフィシュル(REFICUL:驕慢の座)  → LUCIFER  ルシファー(ルシフェル)
矢:シェドムーサ(SUEDOMSA:欲情の座)   → ASMODEUS  アスモデウス
鎌:ナハイベル(NAHTAIVEL:嫉妬の座)   → LEVIATHAN レヴィアタン(リヴァイアサン)
槍:ロジェレク(ROGEHPLEB:怠惰の座)   → BELPHEGOR ベルフェゴール
戦斧:ブベズリーブ(BUBEZLEEB:暴食の座) → BEELZEBUB ベルゼブブ
盾:ノマム(NOMMAM:強欲の座)       → MAMMON   マモン
杖:サナタス(SNATAS:憤怒の座)      → SATANS   サタン
(なお、「サタン」は正しくは「SATAN」であり、最後の「S」は不要である)

また、同作には彼の羅刹版の姿として「反面のアスラ」も登場(覇王丸羅刹丸のようなもの)。
こちらは壊帝ユガが秘術「二子反面」によりアスラを基にして生み出した人造生命体で、
ユガの配下として作られた存在だったが、慈悲深い性格をしていたため、結果的にユガを裏切ることになる。

EDでアスラはユガとの死闘の末に勝利したものの、肉体は消滅し魂だけの存在となってしまうが、
自身の分身である反面のアスラから肉体を還して貰うことにより復活、次元の狭間を乗り越え姿を消した。
彼はその後記憶を失いPS版『甦りし蒼紅の刃』にて幽堕(ユダ)として登場するが、詳細は割愛。

尚、アスラ斬魔伝はその名の通りアスラ(修羅)が主人公の作品だが、
一方で彼と対になる反面のアスラ(羅刹)とが互いに惹かれ合い、やがて結ばれる恋物語の作品でもある。
よって、アスラ(修羅&羅刹)が主人公、色がヒロインという見方が妥当といえる。

マイナーであまり知られていないが、ポリサムのOVAにも登場している。
+ OVAのワンシーン(ソフトなリョナ表現注意)


NBCでの性能

中~遠距離で牽制などに優秀な技を多く持ち、近距離では発生の早い各種近Aや各種特殊技、ガード崩しの超必コマンド投げ、飛び道具をはね返せる当身技も持つ。
特殊空中判定(やられ判定無しでも拾える)にダウン追撃判定のある技も多くあり、立ち回りを徹底すれば理論上は強い上級者向けテクニカルキャラ
………なのだが相手に接近され固められるとキツイ。
アニメーションがやたらなめらかでぬるぬる動く。同作品主人公と比較してはいけない。

+ 技解説

参考動画


MUGENにおけるアスラ

  • アフロン氏製作
NBC性能で所々技性能が違う所(ロジェレフでダウン追撃ができない、ノマムで飛び道具をはね返せない、レグナ・クラアで相手をKOできない、など)はあるものの完成度は高い。
海外製のAIも存在しているようだが、大会での活躍はまだまだ少なめ。
暫く公開停止していたが08年11月17日より再公開され、それと同時にMage氏によるAIも公開された。しかし現在はまたも本体が公開停止となっている。
中距離ではしゃがみ中斬りを主軸に、アスラの攻撃判定の強さとリーチを生かした立ち回りをし、
しばしば跳び込みからの高威力のコンボや、レグナ・クラアでの崩しも使ってくる、クレバーな戦い方をするAI。どのくらい強いかと言うと、星影の空蝉をはぎ取るほど。今後の活躍に期待がかかる。
ボイスだけはのおかげで有名?

  • Flowrallia氏制作
MUGEN1.0専用。
Xbox Live Arcadeのドットを使用している。
性能が大幅に変わっておりロジェレフABCが繋がりロジェレフ、シェドムーサを大量に出すアレンジ技がある。
また7Pカラーで常時ロジェフを召喚するモードが搭載されている。
デフォルトでAIが付いている。

  • しもつき氏制作
ドットがXIII風になり、キャンセルステップが搭載され、その他いろいろ技が大幅にアレンジされている。
1P~4Pで強前後、5P~6Pで凶前後7P~8Pで狂中位前後、9P~10Pで狂上位前後、11Pで論外、12Pで狂最上位前後。
現在は公開停止。

 「お前が悪いのだ…」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
  • 作品別トナメ fighting festival
凍結
非表示


出演ストーリー




アスラ(アスラズラース)

どちらのアスラをお探しですか?
  1. アスラ(アスラズラース) → 本項で解説
  2. アスラ(サムライスピリッツ)


「復讐するは我にあり!!」

プロフィール

性別:男
外見年齢:28歳
体格:身長186㎝
   体重74㎞
出身:神国トラストリム 最下層
適合マントラ:怒
CV:安元洋貴

サイバーコネクトツー制作、カプコン発売のゲーム「ASURA'S WRATH」(ジャンル:逆境粉砕アクション怒羅漫(ドラマ))の主人公。
「怒」のマントラに適合した神国軍八神将の一人。(彼が抜けた後は残りのメンバーが「七星天」を名乗っている)
荒っぽく不器用な性格だが、妻のドゥルガ(CV:井上喜久子)と一人娘のミスラ(CV:釘宮理恵)を心から愛し、地上の人々にも慈しみの心を持っている。
モデルはインド神話の戦神アスラ、及びそれの仏教に吸収された姿である仏敵と戦う仏の阿修羅観音菩薩か。

他の七人の神々の謀略により、神皇殺害の濡れ衣を着せられる。
さらに妻を殺され、娘を奪われ、自身の命も絶たれてしまった。
だが、死すとも尽きぬ怒りに導かれ、一万二千年の時を経て復活。
全てを奪った神々に復讐するため、そして娘を取り戻すため、神国にたった一人で戦いを挑むのだった。

ただし『アスラズラース』における「神」とは超常的な存在ではなく、「神人類」という生物種を指す。
人類より遥かに強靭な体、億年単位の長大な寿命、そして人の祈りと死から生まれるエネルギー「マントラ」を操る能力を持つが、あくまで生物。
殴られれば怪我をするし、致命傷を受ければ普通に死ぬ。
マントラの力を得た代償か、死後の体はマントラに還元されて跡形も残さず消滅する。

マントラの力で腕が金属質に変化しており、その腕力で立ちふさがる逆境を粉砕する。
さらに怒りが極限に達した時、背中から二対の腕が生え「六天金剛アスラ」となる。その姿はまさに阿修羅
本編終盤ではミスラから届けられた力を受け、6本の腕から無数の腕を2本の豪腕として集束させた「光臨 アスラエル」の姿に変化。
また、作中のライバル・ヤシャ(CV:諏訪部順一)から受け取った因果要塞の八極炉に真のラスボス・転輪王が地球へ向けて放った一撃を吸収、力を取り込んでアスラの最終形態「輪壊者 アスラ・マズダ」の形態になると惑星級の大きさにまで進化。
しかしその転輪王は 体の周囲に銀河が漂ってる ほどの大きさなので、アスラマズダでも相変わらず絶体絶命の大逆境であった。

極度のダメージを負うと腕が もげる し、もげても また生えてくる
マントラと怒の力は偉大である。
なお開発中には胴体の切断も考えられていたらしい。実際、漫画版では縦に両断された。

趣味はバイク弄りだとか。意外と手先は器用な模様。
物語終盤で宇宙戦艦に仁王立ちして真のラスボスとの戦いに赴くシーンがあるが、この時神国はアスラ・ラスボス・真のラスボスと立て続けの襲撃で壊滅状態。
神人類の協力を得られる状況ではないので、アスラ一人で戦艦を整備し発進したと思われる。

ちなみに原作ゲームではDLCによりストリートファイターシリーズリュウ豪鬼と戦うことができる。
また、途中から当たり前の様に 月面でのバトルと化す。お前ら人間じゃねえ!
前半はストⅣのシステムの2D格闘アクション、後半はアスラズラースのシステムの3Dアクションで戦う。
このことから「ウルトラストリートファイターIVの新キャラはアスラではない」という報道がなされたことがある。

途中から月面バトルへ http://www.nicovideo.jp/watch/sm17867943 本家より大暴れな鬼 http://www.nicovideo.jp/watch/sm17866426
作中世界を彩る主題歌 http://www.nicovideo.jp/watch/sm17126165

+ 影響を受けた作品について

+ アスラ、君は世の評価に怒っているのかい…?


MUGENにおけるアスラ

kenn氏制作のものが存在する。ただしその姿はファミコン時代のロックマンのボスキャラ風の二頭身ドット絵である。
ドットは手描きで、AIは入っていない。
音声スマイルのものが使用されている。
制作動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm29656408
性能は原作再現で、アタック、シュート、アンリミテッドモードなど原作のシステムが一通り積まれている。
トルネードアタックサマーソルトキック、投げなど原作にない、もしくは演出の一つだった技も搭載されている。
常にガードができないが、原作再現なので仕方ない

「怒ゲージ」が搭載されている。
戦闘と共に怒が溜まっていき、最大まで溜まると最大最強の技「バースト」が使用可能になる。
バーストはうまくいけば相手を 即死 させられるので大逆転を狙える。

ver1.5で一定の条件を満たせば六天金剛化できるようになった。
腕が六本になったことでヒット数もダメージも格段に上昇。ついでに演出も派手派手になる。
さらにハイパーアーマーが発動し怯まなくなるので、普段以上にゴリゴリ攻められる。
ただし時間経過、または攻撃を喰らう度にパワーゲージが減少し、0になると通常状態に戻ってしまう。
ヒット数が多い攻撃に突っ込むとあっという間に解除されてしまうので、発動すれば勝ち確と言うほど強くはない。

同じくver1.5では新たに独自システム「憤炎」が追加された。
攻撃を当てたり当てられたりで増え、増加するほど「怒ゲージ」が溜まりやすくなる。
ただし、一定以上溜まると体力が減少し、最終的に自爆してしまう。
減少する速度は割と速いので、なるべく溜まりすぎないように気を付けよう。

ちゃんこ氏による外部AIが存在する。最新版のver2.0にも対応。
攻撃の属性変更、バグ修正などの変更が加えられている。
遠距離ではシュート、近距離では投げやサマソなどを駆使して怒涛の攻めを展開する。
レベルを三段階に調整可能で、強さは強上位前後。しかしキャラサイズの小ささとガード不能という点から相性と運の影響も大きい。
バーストの成功率はあまり高くない。

「世界の話は聞き飽きた!」

出場大会




未分類大会情報