ジェロニモン

怪獣酋長の眠り


ウルトラマン』第37話「小さな英雄」に登場した怪獣で「怪獣酋長」*1という肩書きを持つ。身長は40m、体重3万t。
怪獣達のボスのような存在であり、名前の由来も有名なアメリカインディアンの酋長の名前から来ている
(実は、白人の侵略と戦った英雄ではあっても酋長の地位はなかったそうだが)。
頭部から尻尾にかけて豊かで色とりどりな羽を持ち、まさに酋長に相応しい派手な外見である。
その羽はジェロニモンの念力により自由自在に飛び回り、相手に襲い掛かる。
他にも口から相手を浮かばせてしまう無重力光線を吐く。
しかしその最大の特徴は死んだ怪獣を復活させる能力を持つ事であり、実際に劇中でも死亡していた怪獣を3体復活させている。
最終的には60体の怪獣を復活させて総攻撃を仕掛ける計画を企てており、怪獣酋長の別名が示す通り、
怪獣達のボスと言える強力な怪獣である。

+原作ネタバレ
劇中ではウルトラマンらに倒された怪獣達60匹を復活させて総攻撃を仕掛けるという大規模な計画を企てていたが
この能力はかなり時間がかかるようで、復活したのはドラコテレスドン*2ピグモンの三体のみだった。
しかも、ピグモンが科学特捜隊に計画を知らせてしまったので復活させた二体も倒され、自らが岩山から出現した。
「まだ37話なのに60匹も怪獣居たっけ?」というのは言わないお約束。*3
そして、後の世に同じようにピグモンを蘇らせたせいで失敗したやつがいたりする。歴史は繰り返すということか。

フェザーショットによる遠隔攻撃でウルトラマンを苦しめるが、その全てを撃墜され、頭部の羽を毟り取られてしまい
無重力光線で反撃するものの、バリヤーで跳ね返されて自分が持ち上がってしまった。
その後、ピグモンの仇討ちをさせるためにとウルトラマンに頭上へ持ち上げられたところへ、
イデ隊員が開発した科特隊の新兵器「スパーク8」を撃ち込まれ、止めを刺された。

SFC版ゲーム『ウルトラマン』ではSTAGE9(ゼットンの前)に登場。
ハイジャンプ攻撃を繰り返すだけで割とあっさり勝ててしまったり、
その前のステージのメフィラス星人の強さが強烈だったりで印象が薄いが、
アーケード版ではラスボス一つ前の敵として相応しい凶悪な攻撃力を持つ。
ちなみに本作で有効な防御技であるバリヤーだが、原作ではジェロニモンの無重力光線の反射に使った一回のみ。
そして何故か本作で無重力光線は反射できない。再現するのが面倒くさかったのだろうか…。

ゲーム『Fighting Evolution Rebirth』においては上記の37話の後日談という世界観を背景に再登場。
他の怪獣と共に氷付けになりながら自らも復活させるという荒業を行おうとしたが、ウルトラマンに氷を砕かれて戦う事になった。
しかし、復活が完全ではなかったので次第に苦しみ始め、全力モードという状態になって死ぬ気で挑むものの、力尽きた。
この全力モードのジェロニモンはかなり手強い。ゲーム中最大の難関とも言われることも。
映像作品とは違って目の上辺りに2本の角のような突起が生えている他、復活が不完全なためか、傷だらけの痛々しい姿をしている。
なおジェロニモンとの対戦前のミニゲームの「ジェロニモンの氷柱」はノーミスでのクリアがミッション項目となっており、
パターンを掴むまではかなりの難易度を誇るためミッションコンプリート及び隠しキャラのメフィラス星人の解放を目指す場合はこちらも大きな壁となる。

また、漫画『ウルトラマンSTORY 0』にも登場。太古の石版より過去に誘われたウルトラセブンが対峙した。
近隣の村落の住人を誘拐し生体エネルギーを吸収した後に、死者となった村人を操り村落を脅かしていた。
この時点ではまだ人間と同程度のサイズでトレードマークの羽毛もあまり生えていなかったが、
極めて高度な知恵を持った怪獣であり、人間の言葉も理解していた。
反重力ガスや羽毛ミサイルなどの多彩な特殊能力でセブンを追い詰めるが、セブンの仲間が仕掛けた爆薬によって王宮が崩壊、その下敷きとなった。
ただし死亡したわけではなく、現在(石版で過去に飛ばされる前の時代)においてセブンの力を感じ、復讐を果たすため復活する。
原作と同様に配下として多くの怪獣を蘇らせ、セブンとゾフィーを苦しめるが、最後は「星の声」の力を得て
パワーアップしたゾフィーの岩山両斬波渾身のチョップを受け、今度こそ本当に倒された。

ちなみにこのジェロニモン、「怪獣達のボス」「死んだ怪獣を蘇らせるものを筆頭に様々な超能力を持つ」ということ以外は作中ではさっぱり語られず、
その出自や目的などは一切不明。
何気に謎が多い怪獣でもある。

また、『ウルトラマン』に登場した怪獣の中でもファンの間ではバルタン星人やレッドキングやゼットンなどと並んで記憶に残る怪獣ではあるのだが、
それらが後年に再登場を果たしているのに対し、ジェロニモンは一度も映像作品で再登場したことがない。
平成作品にも「一度に多くの怪獣達が復活させられる」というシチュエーションは登場しているが、
そこでもジェロニモンではなく別の新たなキャラクターの活躍によるものとなってしまっている。
スーツの作成及びその後の扱いが大変そうだからとか、別名の関係で面倒なことになりかねないからとか色々考えられているもののはっきりとした理由は不明。
後者に関しては(別件とは言え)遊星の悪魔のような実例もあるため、あり得ない話ではないとも言える。

MUGENにおけるジェロニモン

MUGENではウルトラ怪獣でおなじみの這い寄る混沌氏によって製作された。
製作されてから約半年間、更新もされずに放置されていたが、思い出されたかのように突然更新がされ、AIも搭載された。
主な必殺技として、予備動作がなく発生が速い為回避が殆ど不可能な“フェザーショット”
相手のパワーゲージにダメージを与えて自らのパワーゲージを増幅させる“念力弾”
間合いの広い“念力投げ”、その他にも念力で地震を起こすなど、意外と多彩な攻撃を持つ。
ちなみにこの地震は何気にアーマー殺しであり、AIがこれを多用するためアーマーキャラにはかなり有利である。
更にフェザーショット以外の技モーション中はジェロニモン自身も無敵状態である。
2013年6月17日の更新で新技「フェザーレイン」が搭載された。
かなりの広範囲に羽の雨を降らせるという強力な技である。

超必殺技では距離が開いていると劇中も使用してきた地を這う“無重力光線”
近づいていると前後に向かって広い攻撃範囲の“エネルギーウェーブ”を用いる。
特に、前者の無重力光線は本体がガード不能であるため、近づいていれば大ダメージは必至。
また、ガードが優れており、殆どの削りダメージが無効化される能力が搭載されている。

ライフが半分以下になると“怪獣酋長の理力”という技が常時発動する。
全身が赤く点滅し、攻撃力と防御力が増加。さらに、ライフとパワーゲージも自動で回復するようになり
ブロリーのようなスーパーアーマーまで付加される。連続ダメージを無効化しコンボやロック技から脱出できる為
マスターギースのデッドリーレイヴから抜け出したりや、B-styleの鷲塚の弾きラッシュの食らい途中から
平然と反撃したりなどやりたい放題できる。
この際に飛び道具の無効まで発生する為、弾幕合戦になった際、ジェロニモンのライフが半減した途端に
撃ち負ける事がなくなり、敵に一方的にダメージを与える展開が見られる。
その為ジェロニモンを倒すには有無を言わさぬ単発高火力で押し切る決定力が必要とされることが多い。
火力が並のコンボキャラでは苦戦必至であろう。

MUGENウルトラ怪獣の中では邪神宇宙恐竜伝説宇宙怪獣合体ロボットなどと同様の上位グループに
分類される強豪であり、登場するのは必然的に凶・狂キャラだらけの大会である。

基本戦法は遠距離から次々と飛び道具を連発してくるのが主体である。
前述の様に撃ち合いに強いので、タッグでは砲台を担当してくれる頼もしいパートナーとなるだろう。

ちなみに、このMUGENのジェロニモンはSFC版からの流用なのだが、SFC版とは体色が異なり原作に近いものとなっている。

+大会ネタバレ

出場大会

出演ストーリー


プレイヤー操作



*1
初期の怪獣図鑑などでは「酋長怪獣」という肩書きで記載される事もあったが、現在は「怪獣酋長」で統一されている。
なお主に1990年代からは「酋長」という言葉は差別用語という見方が強まっており、
先述したようにジェロニモンが後のシリーズに登場できない要因の1つになっているのではないか、と推測されている。

*2
本来はレッドキングゴモラが蘇るそうだったが、アトラクションの関係でスーツが出払っていたらしく、
ピンチヒッターとして登場。レッドキングはドラコに、ゴモラがテレスドンになったそうな。
金城哲夫氏による『小説 ウルトラマン』では、当初のシナリオ通りにレッドキングとゴモラが復活している。

*3
尤もこちらに記載されてる様に、
科学特捜隊はウルトラマンが来訪する(本編開始)より20年以上も前から怪獣と戦っている他
裏設定ではあるが『ウルトラQ』に登場した博士も創設者の一人とされているので、『Q』に登場した怪獣も数に含まれるのだろう。
逆に殺された訳でもない奴をウルトラマン達に恨みを持つ怨霊扱いしているタイラントベリュドラの方が…


添付ファイル