アンナ


「機械と人間は平等な友達なのです
  アシモフは糞して寝ろということです!!」
*1


ニトロプラスのPCゲーム『月光のカルネヴァーレ』のヒロイン。
元北斗神拳伝承者候補の初恋の人とか愛の伝道師が栽培してる野菜ではない。
名前の一文字違いでアンリと間違われることもしばしば。
同じメーカーのキャラクターだから仕方ない気もするが、英語表記するとこっちはAnnaで向こうはHenriとスペルははっきりと違う。

瞳は宝石、血は水銀、心は円筒(シリンダ)の自動機械人形(オートマタ)が人と共に暮らすベルモントの町の
ゴミ捨て場に捨てられていた、紫水晶の瞳を持つ記憶喪失の機械人形。
主人公のロメオ(声:杉田智和)に拾われ、それ以来彼と共に暮らし、自動人形では調律できないはずのオルゴールを作製しようと
ジェルマーノの工房で見習いをしている。
音痴で物覚えが悪いが、命令に従うがままの他の人形と違い、前向きで自由な意思を持っている。
アンナさんの歌を聞けぇぇぇ!!!


担当声優は雅姫乃氏(名義は違うけど沙耶も演じている)。
全年齢版のドラマCDでは高野直子氏が担当となっている。 同じ声に聞こえる?多分気のせい。

「狼を殺すのが、私の存在意義…」

正体は最も初期に創られた五体のオートマタのうちの一体、アメティスタ。
背中から銀の翼を生やし、対人狼兵器のヴェーニア(銀器)を射出し、人狼を殲滅する。
原作宣伝動画


『ニトロ+ロワイヤル』での性能

クリックで拡大
ニトロ+ロワイヤル』では溜めキャラとして登場。
遠距離よりヴェーニアを発射し、相手の頭上に落とすことも可能。
当身技も持っており、「護る<レメディウム>」は飛び道具も取れる。
リーブアタックも当身技で出が早い。成功すると狼男となったロメオの旦那が登場。


MUGENにおけるアンナ

MUGENではkayui uma氏が製作。
2017年2月のJ:COMのWebSpace終了によるサイト消滅で現在入手不可。

SPカラーにより性能を変化させることが可能。

  • アメティスタ
声が変わり、各技が強化され、人狼と系の相手にヴェーニアを使った技のダメージが増加する。
  • ルナリア
髪が緑になり、声がヒロインの一人のオートマタ、ルナリアになる。
  • アルジェント
常時ゲージMAXに。
  • アウルム
常時ゲージMAXに加え、アメティスタ性能が追加。

戦闘前にメカヒスイティセ・ロンブローゾといった機械人形キャラとの特殊イントロもある。
外部AIはTIZONA氏のものが公開され、リドミによるとL11は超反応、「小パン見てからロメオの旦那余裕でした」との事。
特徴としては特殊カラー性能へも対応している事が挙げられ、むしろ通常モードに比べ良く動くように見える。
他にも2009年2月の終わりにはちぃたま氏からもAIがリリースされていた(現在公開停止)。
また、2011年12月には蓬莱氏によってAIパッチが作成された。

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー





*1
一応書いておくと、ロボット三原則は成立以前のロボット物が大抵反逆児による作り手殺害エンドだった事を受け
「人間が作ったのに安全装置がないのはおかしいだろjk」(「ナイフに柄が付いている」=怪我を防止する、ように)
という発想から生まれたもの。逆に言うとロボットとは反逆するもの也、というのがそれ以前のデフォであった。

またアシモフの描くロボットに外見や内面が人間的であるものは少なく、大抵は機械的で人間とは思考的に相容れない「産業製品」である。
現代日本のように欠陥や愛嬌を持つ人間臭さの強いロボット環境はそもそも余り想定していないと思われる。
アンチ・オールドロボットSFから始まった三原則をロボットの友愛が否定する、というのは多分歴史の流れなどの影響なのだろう。