脱衣KO

KOされたキャラの衣装が破れる現象のこと。 男のロマン。異論は認める。
条件は作品によって様々だが、「必殺技でKOする」というのが基本。一種のサービス要素。
元祖は『龍虎の拳』で、メジャーなシステムとは言い難いが他にも幾つかの作品で搭載されている。
格闘ゲームではないが『クイズマジックアカデミー』でも2015年版には導入された(旧作では服が破れることはなかった)。
極端な話、「美少女鎧物」と言うジャンル(『龍虎の拳』より歴史が古い)なんて脱衣KO(鎧を砕いて引ん剥く)の為に存在するようなものである。

初代『龍虎の拳』では、男の振りをしていたキング必殺技でKOすると服が破れて実は女だと判明する、というちょっとした隠し要素だった。
続編の『龍虎の拳2』では、女性キャラ2名は言うまでもないとして、何故か一部の男も脱げる誰が喜ぶんだ、それで。
ちなみに、脱げないキャラも通常とは違ったKO演出になる。
また、某兄その妹はパーフェクト勝ちの際自ら脱ぐ。おまけに二人の父に至っては最初から脱いでいる。何だこの脱衣一族
念のため書いておくと、某妹は乱れた服を直そうとしたら逆に脱げてしまったのであって、自ら脱いだわけではない。
毎回やってると狙っているようにしか見えないが。
次の『龍虎の拳 外伝』では男女問わず全員に標準装備(ラスボスの アミバ ワイラーは除く)。
ただし難易度が上がり、相手の残り体力が僅かの時に超必殺技を当てて倒す「アルティメットKO」を決めないと脱衣しない。
そのくせ、一番肝心な人はせっかく脱がせても下着にすら届かないという。くそっ、なんて時代だ!
なおワイラーのみ無いのは、戦闘開始のイントロですでに脱いでおり、これ以上脱ぐところが無いからである。

ちなみに、同じく半裸の不破刃の場合はもう脱げるところが下しか…!?
…なんてウホッ!すごい漢…なことはなく、代わりに(?)頭巾が脱げるので安心していただきたい。あと袴がちょっと。

KOF』シリーズでは、『94』『95』のユリキングのみ。
彼女彼女脱げないくそっ、なんて時代だ!!
……いや、まぁ、後者に関してはこれ以上脱げたら発売出来なくなるってのは分かる。分かるけどな。
『96』以降はキングとユリも脱がなくなった。
……が、『XIII』でキングとユリにまさかの脱衣復活。良いのか!? いや、嬉しいけど!
この調子で彼女彼女彼女も頼む!!

また、『風雲黙示録』でも採用された。……ただし男性のみ。唯一の女性キャラ何をやっても脱げない。
馬鹿野郎ーッ!! SNK何をやってる!? ふざけるなーッ!!……という苦情が実際多かったのだろう。
続編の『風雲スーパータッグバトル』ではしっかり女性キャラも脱げるようになった。
特定の条件を満たせば普通より多目に脱げるというおまけ付きで。
ありがとう、SNKありがとう。 風雲自体は黒歴史になったけど。

SNK以外では、アーケード『北斗の拳』で、義星の男マミヤ一撃KOすると全身の服が破け飛び、パンツだけの姿になる
その過激さは格闘ゲーム史でもトップクラスだが、これはあくまで原作再現であるため、別に脱衣KOの流行にのった訳ではないと思われる。
(「女を捨てた」と言う彼女の服を剥ぎ、胸等を隠したことに対し「女を捨て切れていない」と指摘して戦いから身を引かせようとしたもの。
 なので本当に一撃KO(=殺害)しちゃったら意味が無くなると言うわけである)

+原作再現だからしょうがない
ちなみにこの義星の男、これでも足りないのか、戦闘中にマミヤの胸元を覗き込み、女であることを再確認したりする。
そしてその後しっかり膝蹴りをかます。義星の名が泣くぞ。
というか当のその男は、自分から上着をはだいて「俺の名を言ってみろ!」とか言っている。なんなんだアンタら
他にも、妖星の男は勝利時に意味もなく自ら脱いで一丁になるし、
愛に生きる殉星の男に至っては開始時に全裸で登場してイントロでようやく服を着る。
南斗の帝王将星の男はOPの天翔十字鳳時に上半身裸。
原作再現もいいがもうすこしTPOをわきまえるべきである。

なお、拳法殺しの豚は一見半裸に見えるが、皮下脂肪が服であり鎧であるため変態には当たらない。
つかみ投げ時に抱きしめてきたりするが気にするな。 おら おら おらぁ~

残る北斗の人間においては、北斗神拳伝承者一撃必殺の時、自分の服を破き上半身裸になる。
また、1人プレイ時のラスボスである拳王様も敗れた後、自ら天に還られる際に服を裂かれる。
だが、この2人は変態扱いされていない。流石である。
なお柔の男は、原作では秘孔・刹活孔によって剛の力を引き出したときに上半身裸になるシーンがあるものの、
ゲームでは再現されていない。あれか、ストロングな柔の拳に剛拳は不要ってことか。

+再現しきれなかった部位
まあぶっちゃけこのシーンは孤独な天才が、抵抗する木偶に対して引導を渡す為にパワーアップしたシーンを
焼き増しただけうわなにをするやめちにゃ(ry

中野TRFでの貴重な脱衣KOがこちら。
ただやりたかっただけ。(試合は10分程から) 別カラー版の脱衣KO、通称勝負パンツ(5分20秒から)

………このように、格ゲーで服が脱げる(脱ぐ)キャラは龍虎以外にも探せば結構いる。
ちなみに『アルカナハート』では服がはだけたり靴が脱げたりストッキングが破れたり
武器がボッキリ逝ったり相手から丸見えだったりとそもそも脱衣とかそういう次元じゃなかったりする。
『2』になってとうとう全裸になってしまうキャラ(こちらは特殊KOではないが)まで現れ、
更には特殊KOがどう見ても…な有様のキャラまでいる。

GUILTY GEAR』でも彼女なんかはただでさえ際どい服装なのに勝利ポーズで一枚しか着ていない上着を自ら脱ぐ。
しかも当然ながら ノーブラ 手で隠したりもせず堂々と横を向いており かなりギリギリである。
一応「ヌーブラ付けてます」という話もあるがそれでいいのか(実は肉眼での視認はほぼ不可能だがギターを振り上げるときに 見えてる )。
また闇医者の一撃必殺技を決めると全キャラ服が破れたりもするが漏れなく全員 アフロ になるためあまりありがたみは無い。


似て非なる例としては、『ヴァリアブル・ジオ』シリーズ(PC版)のような「負けたら脱ぐ」という脱衣麻雀ルールがある。
(「戦いの余波で服が破れた」のではなく、「負けた後の罰ゲーム」として脱がされる。つまり 設定上においても エロが目的である)
アーケードゲーム『仁義ストーム』では、ロケテ段階では「売りとして」存在した脱衣システムが、実際に稼動してみたら消えていた事もあった。


MUGENにおける脱衣KO

MUGENでは、元ゲー問わず割と色んなキャラに搭載されている。
特にCCI氏製作の女性キャラには標準装備で、しかも無条件だったりする。
また、サクラカ氏も多くのキャラクターに搭載している。
ただ、キャラというか製作者によっては、下着を通り越して 全裸 にまで至ってしまったりするので、
もし該当するキャラを 動画で使う場合はOFFにするのを忘れずに これ、重要
実際のところ、MUGENの裏ジャンルとしてそっち方面に頑張ってる文化もあったりするので興味がある人は調べてみるといいだろう。
ただし、大人になってから。おじさんとの約束だぞ。
当然ながら表現的に倫理規定でアウトになるため、ニコニコ他一般向け動画サイトではお目にかかれない。

さらにそれすら通り越して骨や内臓が見えちゃったりするようなキャラも居たりする。
まぁ、それはまた別のカテゴリーだろうが。

また、MUGENならではの要素として、KOされた際に脱衣カットインが挿入されるキャラクターも存在する。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18960645
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18363914 http://www.nicovideo.jp/watch/sm19002091
サムネホイホイとしてよく使われ、それに伴って目にする機会も多い。
その場もズバリ、脱衣KO増々トーナメントにはこれを搭載した(+新たに搭載させた)キャラクターのみが出場している。

+せっかくKOしても…
相手が画面端まで吹っ飛んでしまい、脱衣していても上半身が見切れてしまって見えんぞ!…と言う方の為に
[State -2]
type = Width
trigger1 = !alive
edge = 0,20 ; ←右側の数字はキャラ毎に微調整しよう
この文を脱衣KO持ちキャラの-2ステート内にセットする事で、KOされた時にキャラの画面端に対する接触判定が大きくなり
画面端に追いやられても見切れにくくなる。

また、ステージ前方のオブジェに隠れて肝心な部分が見えないという場合は
[State -2]
type = AssertSpecial
trigger1 = !alive
flag = NoFG
これを脱衣KO持ちキャラの-2ステートにセットすると良いだろう。
ただし、こちらはステージの景観を損ねる恐れがあるのでご利用は計画的に。

さらに対戦相手の陰に隠れてしまって見えないという場合は
type = SprPriority
trigger1 = !alive
value = 2
これを追加すればKOされた後に相手より手前に表示される。
value = 2の数字を大きくすればより優先順位が上がるが、キャラによっては常にエフェクト表示をしていて不自然な位置関係になったり
タッグモードの時に倒れたキャラが手前に見えていて邪魔という場合もあるかもしれない。
……など、実際にいろいろ試していくと上手く行かない場合が分かってくるだろうから、細かい条件付けをしていくとより見栄えが良くなるだろう。


余談:KO時以外の脱衣

防具破壊システム

KO時ではなくダメージを受けると服(鎧)が取れていくというシステムのゲームもある。
アクションゲーム『黄金の城』(1986年)が有名で、その続編の格ゲー『ブランディア』(1992年製)にも搭載されている。
この二作品に登場するのは殆ど男性キャラで、脱衣と言うよりは「装甲破壊による弱点の発生」が主眼だが、
黄金の城では女剣士を 全部脱がす事でクリアできるという特殊勝利がある
格ゲーとなった『ブランディア』にはない。…が、ゲームを進めていくとCPU専用キャラで 上半身裸のつるぺたロリ少女
ハイレグ魔法使い が登場するのはここだけのヒミツである。服装が服装なだけに残念ながら脱げないが。

その二作品以外では『ザ・ランブルフィッシュ』や『ガンダム・ザ・バトルマスター』があるぐらいで、ドット絵中心の2D格闘ではあまりお目にかかれないが、
3Dのほうでは比較的作りやすいこともあって結構見受けられる。『ファイティングバイパーズ』(セガ・1995)とか。
上手く攻撃を当てれば狙ったところだけ服を剥ぐことが出来、よりマニアックな楽しみ方を可能。
果ては3Dエロゲの雄、イリ○ージョンまでがy以下略
いや、本当は取れた部分の防御力が下がって弱点になるっていうメリットもあるんだよ。決してやましい気持ちは(ry
最近は『ソウルキャリバーIV』でもこのシステムが採用されちゃったから困る。流行に乗ろうとするとは感心しませんな。
プレイステーションで発売された3D格闘ゲームの『ZERO DIVIDE2』では、攻撃を当て続けるとその部位の装甲が外れ、
スケルトンが見えるというシステムがある。男も女も、やサソリですらも共通して骨になるという……誰が喜ぶんだ、誰が。
というか蟹やサソリには内骨格はないのだが…何、気にすることはない
(尤もZERO DIVIDEのキャラクターは所謂視覚化されたコンピュータープログラムでしかないので、本物のカニとは関係ない)
逆に、自分から脱いでしまうケースとしてはスマブラXでは、サムスが最後の切り札「ゼロレーザー」使用(もしくは隠しコマンド入力)後、
彼女の着ていたパワードスーツが脱げ、全身タイツ姿の「ゼロスーツサムス」に変身するという仕様がある。
この状態の方が一応吹っ飛びやすくはなっているが、運動性が向上しているので特に問題はない。

脱衣とは違うが、『ストリートファイターII』のバルログの爪が折れたり
サムライスピリッツ』の武器落とし・武器破壊も、装備を失って戦力低下という意味では同じシステムである。
類似の例では『ファイターズヒストリー』シリーズに弱点システムが搭載されており、
弱点部位がダメージを受けすぎると気絶し、その際に装飾などが外れる演出が入る。
この時に一応女性キャラの露出度が上がる……が、鎧の下に服を着てるのであんまり嬉しくない。

燃焼ダウン

ヴァンパイア』シリーズや『Eternal Fighter Zero』において、炎系の技を食らって吹っ飛ぶとき一瞬服がボロボロになっており、
しかもキャラによっては全裸に近くなる。しかし大切な部分は一切見えない。 くそっ!

イントロ時

ラスボスはイントロ時に脱ぐキャラも多く、特にSNKのゲームのラスボスに多い。
ある者は本編では途中から上着を脱いだ状態で戦うようになり
その異母弟は鎧を脱ぎ捨て
ある者は本気を出すかのごとく上着を脱ぎ
次の年でもストーリーデモでオロチの力を全開にすると同時に脱ぎ(ついでに昨年着ていたボディスーツまで脱いで露出度アップ)、
更にその7年後もネスツを乗っ取って手に入れた力を見せ付けるかのごとくコートを脱ぎ、
またある者は蝶が蛹を破るかのごとく脱ぎ
またある者はコートを着たまま燃やして、その下が黒光りするどうみてもアレな格好だったり、
またあるものは最初から半裸だったり、
酷い者はよく見ると下まで脱いでいる様子
そいつですら垂れ幕のようなもので大事なところはかろうじて覆い隠せているものの、
もっと酷い奴だと 上も下も何も着てない全裸だったり (勿論モザイクもない)。
またカプコンでも、こいつはラスボスではないが着物を脱いで上半身を晒したり
赤と青の体をしたストIIIのラスボスは自身の着ている服を消滅させたり
その弟もスーツ姿でビシッと決めているのだが、いざ戦闘となるとそのスーツを筋肉で破き飛ばしたり(兄弟共に褌一丁)、
更にストIIIの主人公(笑)着ている服を破く等。
もちろん全員男なんなんだアンタ等