待ち人

正式名称は 街中出逢って即バトル~狂気のブランドー一家~ であり、名前の由来は
「街中出逢って即バトル」→「街バト」→語呂が宜しくないので→「待ち人」となった。
本項ではこれを応用した試合形式についても説明する。

経緯

もともとブランドー一家のトムが第十話partJにて発表したランダムセレクトを用いた全く新しい試合形式である。

詳しい中身まで書くと動画のネタバレになるので省略するが、大まかに言うと
  • 事前に出場キャラを登録したアドオンを用意して、キャラをランダムセレクトで選出。
  • 勝者はそのままセレクトに残り、敗者はセレクトから除外する。
  • 最終的に生き残った者がラスボスの元に辿り着く。
というシステムである。

初出のブランドー一家の場合、この時点での登場キャラが複数の勢力に分かれていたので、セレクトされた際、
味方同士だった場合はタッグ固定として、さらに残りのタッグを選出する。この場合相手側のタッグが敵同士で
あっても一時的に協定を結ぶ事になる。タッグ戦の場合はたとえ勝ったとしてもライフが0になった時点で
セレクトから除外される。このような選出を繰り返し人数を絞り、最終的に生き残ったキャラないし勢力だけが
ラスボスの元に辿り着く、ということである。

特徴など

時にはうp主自体が予想だにしてなかった事態、組み合わせが起こるので視聴者にもうp主にも
予想がつかないという点。これに尽きるだろう。
しかし、ランダムであるということは一度も選択されずに空気になるキャラや初戦敗退で
即空気化するキャラが発生すると言う問題点も持つ。でもランダムセレクトだから仕方が無い
が、街中出逢って誰お前グランプリではそれを逆手に取った仕様も付けた。詳細は関連項目にて。

応用編

前述の通りの待ち人システムだと負けたキャラが即退場となるための空気化が問題となる。
そこで無限交差ではその弊害をなくすため、
  • 負け抜けは無し
  • 2勝すれば本戦出場権獲得
  • 本戦枠は8つ
という視聴者にも動画製作者にも楽しい企画になるような形式になった。
この辺の経緯については無限交差の本編、うp主解説を参照。

また、このシステムを勝ち抜け方式に転ずると、勝者がどんどん抜けて行き
最終的に残った者にペナルティと言うような企画にすることもできる。

基本的にランダムの要素を持つため、運も重要なファクターとなる。

この試合形式を採用・応用した動画

ブランドー一家(元祖)
ストーリー動画対抗戦・無限交差(待ち人システム応用)
MRSバトル(ランダムセレクト勝ち抜け方式)
魔王の策略(待ち人システム採用)
街中出逢って誰お前グランプリ(発展系)