世紀末MUGEN伝説

リメイク前。現在は非表示
リメイク後
ケンシロウさんは、もういないわ
もう…いないのよ…

あらすじ

199X年に核の炎に包まれた後の地球。
荒野で行き倒れていた少年ブリジットは医者をしているという男トキとその助手レイムに出会う。
それが、彼らとの長きに渡る戦いの始まりであったとも知らずに……
+ ストーリーネタバレ

解説

ケンシロウとユリアが核戦争で死亡、結果的にトキは死の灰を浴びなかったというifから始まったストーリー動画。
主人公はトキ・レイム・ブリジットの三人であり、ストーリー動画では数少ないほぼシリアスなストーリーを展開している。
なおケースによりトキはうp主操作の場合がある。また、ブリジットもうp主操作が多い。
また話によっては敵キャラも操作しており、うp主がある程度試合の演出を意識している事がうかがえる。
ストーリーは最初こそ原作北斗の拳準拠だったが、聖帝編辺りから徐々に他のゲームのキャラが関わるMUGEN的要素も含まれてきた。だが北斗の拳の世界観がベースになっているためそれほど違和感が無い。
なおこの動画が始まった頃のタグには「綺麗なトキ」「有情なトキ」などのタグが付くことが多かった。
元々トキは北斗の拳の中で1、2を争う人格者なのだがみんなトキを何だと思ってたのだろうか。
そして2008年12月30日、全24話をもって遂に完結。
世紀末を救おうとした男たちの戦いはここに終わったのだった。
一時期は非公開状態だったが、現在は新世紀末MUGEN伝説としてリメイク版が公開中!

世紀末を生きる人々(ネタバレあり)

レイムと共に旅医者を営んでいる。
この作品のトキは病気ではなく、死の灰も浴びていない。そのため作中最強クラスの実力を有している。
ただそれゆえの矛盾もあり、「病気じゃないんならトキが伝承者なのではないか?」「病気じゃないのになんで髪の色が銀色なの?」などの疑問があったりするがその辺は気にしたら負けである。
トキと共に旅をする少女。幼き頃よりトキたちと生活してきたため、一部ではあるが北斗神拳を使うことが出来る。
弾幕要素が無い上に元の霊夢の性格とも違うため、実質レイムと言う名のオリキャラである。
+ ネタバレ
世紀末の中、芸人を目指して生きている少年。
彼は原作通りの性格である。男であると分かる人が原作より多いが。
+ ネタバレ


+ 登場人物のネタバレ注意

コメント

+ ネタバレ注意

マイリスト

※リメイク前のリストは現在非表示
リメイク後