白レン


「それではごきげんよう、紳士淑女の皆様方。
次の舞踏会は、まどろみの後に行いましょう」

プロフィール

性別:雌
身長:132cm
体重:33kg
スリーサイズ:63・48・61
誕生日:9月9日
種族:夢魔
クラス:雪原の妖精
主武装:夢への干渉、魔術

MELTY BLOOD』シリーズ(Re・ACT以降)に登場するキャラクター。
CVレンと同じ水橋かおり氏が担当。
ツンデレ。エロ担当。ツンデレ。幼女。ツンデレ。ロリ。ツンデレ。ぬこ。ツンデレ。カオリーヌ。ツンデレ。

レンの普段使われていない側面である“能動的な人格”が蒼崎青子に方向性を与えられて埋め込まれたタタリの残滓により、
レンと分かれて具現化したレンの影のような存在。
黒猫かつ黒を主体とした服装に無口で無表情なレンに対し、白猫かつ白を主体とした服装に人を小ばかにしたような話しぶりと顔つきが特徴。
画像のポーズとか雪とかがイリヤスフィールと被っているというのは禁句。
レンでありながらタタリでもあり、人の夢を操る夢魔であるレンとしての知識と力と、人の心を具現化させるタタリとしての知識と力も有している。

『Re・ACT』アーケードモードではその力を持って七夜志貴暴走アルクェイドネロ・カオスワラキアの夜などを具現化させ、
自身の心象世界である『真夏の雪原』に多くのキャラクターたちを招き寄せた。
一応騒動の原因なのだが、自分と同じ「普段使われていない側面」の具現化であるため同類と思ってた七夜やワルクに
「とりあえずお前ぶっ殺しにきた(意訳)」と言われてショックを受けたり、
ネコアルクメカヒスイなど第三者の出現を予測していなかったり、ギャグ担当にさせられかけたり、
ツンデレたり、勇気がなかったり、ツンデレたりとツメが甘い。
本人はツンデレだがエロいわけではない。でも声がエロイ。見た目も(ry
でも本当は黒い方がエロい。

『Re・ACT』アーケードモードの結末ではレン(その他プレイヤーが選択したキャラ)と壮絶な殺し合いの末、
レンに吸収され消滅するが、『Act Cadenza』ではレンと和解。
『ver.B』以降ではアルクェイド・ブリュンスタッドの誓約を破り、七夜志貴をマスターにした使い魔となって(ついでにツンデレ属性も獲得して)現在に至る。
路地裏同盟に入っている事も明らかになった。
AC以降はネコアルクに付きまとわれる事で急激にイロモノ度が上昇しており、この同様ラスボス(笑)の座を獲得しつつある。

ちなみに『ver.B』以降からは七夜と共にTYPE-MOONキャラクターの中で人気が非常に高くなっており、
公式ランキングではTOP10までは行かないものの多くのランキングで上位に上り詰めている(七夜は男性ランキングでTOP3だが)。
マイBESTキャラランキングでは主人公の志貴(25位)より24位と人気が上だった(七夜18位)。
また、2010年に開かれたマイBESTコンビランキングでは七夜&白レンのコンビで見事8位を取得した。
ちなみに6位に翡翠&琥珀、5位に志貴&アルクェイドとなっており、一応MELTY BLOODのキャラクター限定というならば、一番人気があるコンビという事になる。
「ええ!この私に相応しい、高貴で秀麗な操り人形(マスター)
それが貴方と私の、決定的な差だったのよ!」

+ MBAAネタバレ


ゲーム中の性能

『Re・ACT』ではボスキャラ、『Act Cadenza Ver.A』でもCPU専用キャラとして登場したのだが、
CPU専用ということを差し引いても非情に理不尽な性能を備えており、
「見た目の可愛いジェネラル」と言ってもいいような強さを見せる。
通常食らい状態が異様に小さく、通常技の動作からして無敵時間がついていた模様。
氷を設置する技「フルールフリーズ・ムシュワーフ」は発生保証が存在する上、
EX版は空中ガード不能、ダメージ2,5割、ガード時大幅有利と非の打ち所が無い性能。
さらにこのボス版白レンの象徴とも言える技、分身を出しながら突進してくる「ワルツ・ワーズ・ワイト」は、
フルヒットするとダメージ3割、動作中完全無敵、ガードさせてなお白レンが先に行動可能というぶっ壊れ性能の通常必殺技
これほどの性能でありながらゲージ消費がなく、暗転も無しに飛び出してくる上、CPUの気まぐれ次第では2回3回と連発してくる。
完全無敵+ガードさせて有利という性質上、連発中にこちらにできることは皆無。運が悪いと思って泣き寝入りするしか手がないという極悪技。
メルティブラッドのCPU自体は格ゲーの中でもかなり易しい部類に位置するが、このキャラ相手にゲームオーバーした人は少なくないだろう。
見た目・性格・狂った性能で数々のプレイヤーに色々な意味で覚えられているキャラである。
また、CPUは使用しないが空中でのEX版「フルールフリーズ・クルール」は、ヒットすると体力5~8割を一瞬で奪われ、ヒット数も多く削り値も凄まじい。
開発陣が補正設定をし忘れているとしか思えない程の威力。

『Act Cadenza Ver.B』で遂にプレイヤーキャラクターとして登場。
大半の技が変更され、以前とはまったく違うキャラクターになった。もちろん、ボスであった頃の異常な強さは無い。あの人とは違うんです。
ダッシュとバックステップが数体の分身を生み出す特殊なものになり、レバー入力によって進む距離を調節できるほか、無敵時間もつく。
これにコマンド投げの「ナーサリー・ライム」を絡めた起き攻めが強力。
またレンよりも防御力が高く(総合4位)、火力も高い部類に入る。
反面、空中ダッシュの遅さとダッシュの仕様のために機動力は低く、ジャンプも遅く
しゃがんでも猫に変化しなくなったため座高も高い(ネロとほぼ同等)と立ち回りは厳しい。
ネコアルク、ネコアルク・カオスに次ぐ最弱候補の一人とされる。
この2匹(?)は意図的に弱く作られたネタキャラのため、それに並ぶほどとなると…。
とはいえ最近では研究が進み、大会でも結果を残せるようになった。これもキャラ愛がなせる業か。
あと、クリスマスや正月に起動してみよう。彼女の可愛い姿が見られるぞ!!

『Actress Again』では「ボスラッシュ」モードで『Re ACT』の白レンが登場。CPU専用である。
当時よりは自重した動きになっておりあまり分身をばら撒かないようになっている。
しかし、『Re ACT』と一緒でダッシュが非常に速く、分身も伴いなかなか捉えにくい。
「ワルツ・ワーズ・ワイト」の鬱陶しさも健在で、これを警戒してガードしてる間に懐に潜り込まれてペースをつかまれてしまいやすい。
分身には発生保障が付いているため、割り込みに成功したとしてもその時に一体でも分身が出ていれば逆にカウンターヒットをもらい最悪そこから4割コン。
技の内容自体は『Actress Again』クレセントムーンの白レンと一緒。
しゃがみでネコになるのと空中EX版「フルールフリーズ・クルール」の威力の再現はされていないが、そのEXフルールをやたら超反応で当ててくる。
間合い内でうかつにジャンプすると確実に割り込んで2~3割を持っていかれるので注意が必要。

「さあ、一緒に楽しみましょう?
ここは鏡の国、永遠に歳をとらない楽園ですもの。
もう、時間の兎に追われることもありませんわ」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8037174

MUGENにおける白レン

2010年以前は⑨氏製作のものと如月銃駆氏製作のもの、そしてM3氏のアレンジ白レンの3体がいたが、
2010年以降何故かレン及び白レン改変キャラの製作が流行し、多くの改変キャラが生み出されている。
それらの改変キャラについてはレン(白レン)改変キャラのページを、黒レンと一緒に戦うKn氏製作の「レン&レン」についてはレンのページを参照。

  • 再現系
+ ⑨氏製作 CPU仕様
+ ⑨氏・YoungKirei氏・Take.K氏製作 MBAC仕様
+ ⑨氏製作 MBAA仕様
+ シオン好きの名無し氏製作 Re.Act+α仕様
+ シオン好きの名無し氏製作 Re.Act+α仕様リメイク版


  • アレンジ系
+ 如月銃駆氏製作 銃駆アレンジ
+ M3氏製作 アレンジ白レン
+ M3氏製作 白レン・フォース
+ kohaku氏製作 WLen_K
+ 如月竜人氏製作 アブソリュート白レン
+ みかえる氏製作 白レンMA

  • 『BMW銀』ドット
+ humi氏製作 デカレン

「私の勝ちね七夜。これで貴方は私のご主人様よ―――って、なんかおかしいけど、ま、いっか。
後は他人(ひと)の主人を横取りした元凶をこらしめるだけ。どれほどの相手か確かめてあげるわ」


性能・AI共に強力な上、わかりやすい属性持ちとあって大会・ストーリー問わず出番は多い。
え?最近の出演ストーリーに白レンのツン成分が少ない? 気にするな!

出場大会

+ 白レン
+ アブソリュート白レン
+ デカレン

出演ストーリー

+ ...