白レン


「それではごきげんよう、紳士淑女の皆様方。
次の舞踏会は、まどろみの後に行いましょう」

プロフィール

性別:雌
身長:132cm
体重:33kg
スリーサイズ:63・48・61
誕生日:9月9日
種族:夢魔
クラス:雪原の妖精
主武装:夢への干渉、魔術

MELTY BLOOD』シリーズ(Re・ACT以降)に登場するキャラクター。
CVレンと同じ水橋かおり氏が担当。
ツンデレ。エロ担当。ツンデレ。幼女。ツンデレ。ロリ。ツンデレ。ぬこ。ツンデレ。カオリーヌ。ツンデレ。

レンの普段使われていない側面である“能動的な人格”が蒼崎青子に方向性を与えられて埋め込まれたタタリの残滓により、
レンと分かれて具現化したレンの影のような存在。
黒猫かつ黒を主体とした服装に無口で無表情なレンに対し、白猫かつ白を主体とした服装に人を小ばかにしたような話しぶりと顔つきが特徴。
画像のポーズとか雪とかがイリヤスフィールと被っているというのは禁句。
レンでありながらタタリでもあり、人の夢を操る夢魔であるレンとしての知識と力と、人の心を具現化させるタタリとしての知識と力も有している。

『Re・ACT』アーケードモードではその力を持って七夜志貴暴走アルクェイドネロ・カオスワラキアの夜などを具現化させ、
自身の心象世界である『真夏の雪原』に多くのキャラクターたちを招き寄せた。
一応騒動の原因なのだが、自分と同じ「普段使われていない側面」の具現化であるため同類と思ってた七夜やワルクに
「とりあえずお前ぶっ殺しにきた(意訳)」と言われてショックを受けたり、
ネコアルクメカヒスイなど第三者の出現を予測していなかったり、ギャグ担当にさせられかけたり、
ツンデレたり、勇気がなかったり、ツンデレたりとツメが甘い。
本人はツンデレだがエロいわけではない。でも声がエロイ。見た目も(ry
でも本当は黒い方がエロい。

『Re・ACT』アーケードモードの結末ではレン(その他プレイヤーが選択したキャラ)と壮絶な殺し合いの末、
レンに吸収され消滅するが、『Act Cadenza』ではレンと和解。
『ver.B』以降ではアルクェイド・ブリュンスタッドの誓約を破り、七夜志貴をマスターにした使い魔となって(ついでにツンデレ属性も獲得して)現在に至る。
路地裏同盟に入っている事も明らかになった。
AC以降はネコアルクに付きまとわれる事で急激にイロモノ度が上昇しており、この同様ラスボス(笑)の座を獲得しつつある。

ちなみに『ver.B』以降からは七夜と共にTYPE-MOONキャラクターの中で人気が非常に高くなっており、
公式ランキングではTOP10までは行かないものの多くのランキングで上位に上り詰めている(七夜は男性ランキングでTOP3だが)。
マイBESTキャラランキングでは主人公の志貴(25位)より24位と人気が上だった(七夜18位)。
また、2010年に開かれたマイBESTコンビランキングでは七夜&白レンのコンビで見事8位を取得した。
ちなみに6位に翡翠&琥珀、5位に志貴&アルクェイドとなっており、一応MELTY BLOODのキャラクター限定というならば、一番人気があるコンビという事になる。
「ええ!この私に相応しい、高貴で秀麗な操り人形(マスター)
それが貴方と私の、決定的な差だったのよ!」

+MBAAネタバレ
MBAAでは相方が黒幕と対峙したり過去の因縁に決着をつけたりする中、
一人だけイロモノ道まっしぐら……その地位の下落振りには落涙を禁じ得ない。
彼女ほどには「持ちつ持たれつ」の関係に執着していない七夜の方があっさり白レンを捨てて余所に出かけてしまい、
自身のストーリーではMBAAの黒幕に雇い主を代え、その後黒幕を背後からついザックリやっちゃって消えかける七夜を回収しに、
七夜側のストーリーでは消滅することを知りながら軋間紅摩の元へ向かおうとする七夜を力ずくで止めようと対峙することになる。

白レンルートでは七夜を力ずくで止め、今までの関係を維持することに成功。さらに自分が死ぬまで生き続ける事を了承させる。

「そう。じゃあ、貴方が一番されたくない事をしてあげる。
貴方は私のマスターになって、私が消えるまで生き続けるのよ。
そう簡単に消えられると思わないコトね」

え、何この逆プロポーズ……
なお、この後白レンはご主人様を横取りした黒幕をとっちめに意気揚々と出かけるのだが、出てきたのは…。
まぁ、レンに「すごく後悔するからやめとけ」と忠告されたり、七夜が「つい面白くなって後ろから刺した」と言ってるのをちゃんと覚えとけば、
こんな事にはならなかったので自業自得と言えなくもない。
+どうでもいい余談
このルート、七夜は白レンに出会い頭に「早く帰らないと、怖い怪物に頭から食べられてしまうからね」と言っているのだが、
後年、白レン役の水橋かおり女史演じる某魔法少女が本当に怪物に頭から食べられた。
しかも、その脚本は「Fate/Zero」の作者である虚淵玄。
これは一体どういう因果なのだろうか…。

七夜ルートでは力及ばず敗北、そのまま殺害される。いちおう「義理」と「未練」ではあったらしい。
また、ここで七夜が敗北(つまり、白レンが勝利)した場合は、白レンの方が七夜を手にかける事になる。なんという殺し愛。

「……言う事を聞かないから……こうなるのよ。さよなら、馬鹿な殺人貴。
キザで、飽きっぽくて、酷薄で、悪趣味で……それと、ほんの少しだけ優しかったわ。
それだけは、ちゃんと覚えていてあげる」

軋間ルートでは軋間を呼び寄せて具現化させ、自分を守るナイトに仕立てようとする。

「貴方は素敵な殿方だもの、一度でも会っていたら、
決して手放さなかったでしょうし」

これが 浮気の現場(ry
しかし、護衛役を断られた上に、返り討ちにあって消滅してしまう上、
その後七夜から白レンとの関係は 遊び であったことまで明かされてしまう。哀れ。
まぁ、このルート、明らかに白レン及び七夜ルートと白レンと七夜の言動が違うので別の可能性と考えるべきだろう。
ちなみに白レン・軋間紅摩・七夜と、歌月十夜で因縁があった三人のメルブラ仕様版
(正確には全員歌月の時とは在り様が異なる別人であるし、時系列的にも繋がりは無いが)
は今回ストーリーでの絡みが多く、歌月十夜での絡みを思い出させる演出も一部存在する。
しかし、平行世界の歌月十夜で自分(黒レン)を殺そうとしたり消滅させようとした存在の二人に惹かれる白レンはドジっ子なのか破滅願望があるのか、
それとも危ないタイプが好みなのか…謎である。

ネコアルクルートではコタツで蟹鍋食べようとして、いつの間にか全部ネコアルクに食べられてしまった。
ちなみにちゃんと七夜用の夫婦茶碗と箸が用意されていたところを見ると、二人で食べる予定だっただろうか…。
雪原のシリウスとツンデレラが雪の中、コタツで二人で箸をつつきながら蟹鍋というのは異常な光景だが…。
他にも制服秋葉など多数のルートで登場していて、イロモノ街道まっしぐらである。
ってか、彼女に引きずられるかのように七夜もイロモノ街道を突き進んでいるような気がする。パンダ師匠とか。


ゲーム中の性能

『Re・ACT』ではボスキャラ、『Act Cadenza Ver.A』でもCPU専用キャラとして登場したのだが、
CPU専用ということを差し引いても非情に理不尽な性能を備えており、
「見た目の可愛いジェネラル」と言ってもいいような強さを見せる。
通常食らい状態が異様に小さく、通常技の動作からして無敵時間がついていた模様。
氷を設置する技「フルールフリーズ・ムシュワーフ」は発生保証が存在する上、
EX版は空中ガード不能、ダメージ2,5割、ガード時大幅有利と非の打ち所が無い性能。
さらにこのボス版白レンの象徴とも言える技、分身を出しながら突進してくる「ワルツ・ワーズ・ワイト」は、
フルヒットするとダメージ3割、動作中完全無敵、ガードさせてなお白レンが先に行動可能というぶっ壊れ性能の通常必殺技
これほどの性能でありながらゲージ消費がなく、暗転も無しに飛び出してくる上、CPUの気まぐれ次第では2回3回と連発してくる。
完全無敵+ガードさせて有利という性質上、連発中にこちらにできることは皆無。運が悪いと思って泣き寝入りするしか手がないという極悪技。
メルティブラッドのCPU自体は格ゲーの中でもかなり易しい部類に位置するが、このキャラ相手にゲームオーバーした人は少なくないだろう。
見た目・性格・狂った性能で数々のプレイヤーに色々な意味で覚えられているキャラである。
また、CPUは使用しないが空中でのEX版「フルールフリーズ・クルール」は、ヒットすると体力5~8割を一瞬で奪われ、ヒット数も多く削り値も凄まじい。
開発陣が補正設定をし忘れているとしか思えない程の威力。

『Act Cadenza Ver.B』で遂にプレイヤーキャラクターとして登場。
大半の技が変更され、以前とはまったく違うキャラクターになった。もちろん、ボスであった頃の異常な強さは無い。あの人とは違うんです。
ダッシュとバックステップが数体の分身を生み出す特殊なものになり、レバー入力によって進む距離を調節できるほか、無敵時間もつく。
これにコマンド投げの「ナーサリー・ライム」を絡めた起き攻めが強力。
またレンよりも防御力が高く(総合4位)、火力も高い部類に入る。
反面、空中ダッシュの遅さとダッシュの仕様のために機動力は低く、ジャンプも遅く
しゃがんでも猫に変化しなくなったため座高も高い(ネロとほぼ同等)と立ち回りは厳しい。
ネコアルク、ネコアルク・カオスに次ぐ最弱候補の一人とされる。
この2匹(?)は意図的に弱く作られたネタキャラのため、それに並ぶほどとなると…。
とはいえ最近では研究が進み、大会でも結果を残せるようになった。これもキャラ愛がなせる業か。
あと、クリスマスや正月に起動してみよう。彼女の可愛い姿が見られるぞ!!

『Actress Again』では「ボスラッシュ」モードで『Re ACT』の白レンが登場。CPU専用である。
当時よりは自重した動きになっておりあまり分身をばら撒かないようになっている。
しかし、『Re ACT』と一緒でダッシュが非常に速く、分身も伴いなかなか捉えにくい。
「ワルツ・ワーズ・ワイト」の鬱陶しさも健在で、これを警戒してガードしてる間に懐に潜り込まれてペースをつかまれてしまいやすい。
分身には発生保障が付いているため、割り込みに成功したとしてもその時に一体でも分身が出ていれば逆にカウンターヒットをもらい最悪そこから4割コン。
技の内容自体は『Actress Again』クレセントムーンの白レンと一緒。
しゃがみでネコになるのと空中EX版「フルールフリーズ・クルール」の威力の再現はされていないが、そのEXフルールをやたら超反応で当ててくる。
間合い内でうかつにジャンプすると確実に割り込んで2~3割を持っていかれるので注意が必要。

「さあ、一緒に楽しみましょう?
ここは鏡の国、永遠に歳をとらない楽園ですもの。
もう、時間の兎に追われることもありませんわ」

MUGENにおける白レン

2010年以前は⑨氏製作のものと如月銃駆氏製作のもの、そしてM3氏のアレンジ白レンの3体がいたが、
2010年以降何故かレン及び白レン改変キャラの製作が流行し、多くの改変キャラが生み出されている。
それらの改変キャラについてはレン(白レン)改変キャラのページを、黒レンと一緒に戦うKn氏製作の「レン&レン」についてはレンのページを参照。

  • 再現系
+⑨氏製作 CPU仕様
⑨氏お馴染み原作再現タイプの白レン。再現したのは「ActCadenza Ver.B2」以前のボス時代のもの。通称「ボスレン」。
優秀なAIも搭載されており、ボス性能だけあって攻めさせるとすごい。しかし体力などは通常キャラと同じなので防御面はさほどでもない。
先述の空中EXフルールの威力もちゃんと再現されていて、AIもそれを使用してくる。
いくつかの動画でもこの技によって並み居る強キャラ達を秒殺する様が見られている。
また、ワルツ・ワーズ・ワイトもかなりの頻度で使用してくるのでかなり手強い。
ただし、これらの技は完全に原作性能を再現するとお手軽永久が出来てしまうらしく、
無敵時間の短縮や連発不可能時間の設定などの弱体化が施されている。
逆に、ボスとしては余りに貧弱な性能だったアークドライブ「コチョウノユメ」などは無敵時間設定、空中ガード不可など強化されている。

MBAA仕様に移行してから公開停止しており、
2011年12月1日以降の動画使用が禁止されている(12月1日より前に開かれた大会での継続使用は許可されている)。

○おすすめコンボ
レシピ 備考
2A×2→2B→立C→空B→空C→JC空C→空中投げ 基本コンボ。技がほぼ共通なだけあって、レンと同じ感覚でつなげられる。

+大会ネタバレ
捕食サバイバル【沙耶杯】では氷チームの大将として出場。
しかし、開幕からチームは3連敗でポイントはゼロ。白レン自身も目を見張る活躍はなく、このまま脱落だと視聴者の誰もが考えた。
ところがここからこのチームは驚異的な粘りを見せ、白レンは怒涛の12連勝。見事誰も予想しえなかった優勝を達成。
自身の名を冠した前大会の雪辱を果たした。

晩夏のチームトーナメントではロリータチームの副将で出場。
21勝9敗という、副将はおろか全出場者でもトップクラス(勝利数だけならダントツ)の成績を残し、チームを優勝に導いた。
この大会の完結は2011年11月で、すぐ後に動画使用が禁止された。有終の美を飾ったといえるだろう。

+⑨氏・YoungKirei氏・Take.K氏製作 MBAC仕様
⑨氏製作でも間違ってはいないが、正確には3人の製作者による合作である。
こちらは「ActCadenza Ver.B2」時代のプレイヤーキャラとして登場した白レン。
原作の技は全て搭載されており、それに加えてレンの特殊技や必殺技も一部使えるというアレンジ要素がある。
調節可能なAIが最初から搭載されている。かつてフツノ氏による外部AIが制作されていたが、公開を終了している。
⑨氏が製作した他のMBACキャラと同時に公開停止となったものの、動画使用は禁止されていない。

○おすすめコンボ
レシピ 備考
2A×2→2B→2C→4B→空B→空C→JC空C→空中投げ 基本コンボ。2Cと空Cがブローバックエッジにならないように注意。
EXナーサリー・ライム→空B→空C→JC空B→空C→空中投げ コマンド投げからの追撃例。
+⑨氏製作 MBAA仕様
PS2版『Actress Again』の原作再現タイプの白レン。
各スタイルの性能再現はもちろん、同氏お馴染みのシステム・基本行動・必殺技のそれぞれのスタイルも選択できる。
2012年3月13日の更新でmugen1.0専用になった。
デフォルトのAIはない。アムギス氏によるAIパッチが制作されていたが、ブログ凍結で入手困難。
また、今は亡き無限ろだでCYAMON氏による音声改善パッチが公開されていた。
現在はサイト移転とともに全てのメルブラキャラ共々公開停止。
+シオン好きの名無し氏製作 Re.Act+α仕様
上記のCPU仕様を参考に製作された白レン。そのためか技構成は「Re.Act」というより「Act Cadenza」に近い。
まだ一部の技が未実装だが、⑨氏が弱体化させていた性能がほぼ再現されている。
特に出掛かりから終わりまで完全無敵のワルツ・ワーズ・ワイト、超威力のEXフルールは強力。

デフォルトのAIは未搭載だがyanagi氏による外部AIが公開されている。
AIレベルを3段階で調整できるが、レべル1でも完全無敵のワルツ・ワーズ・ワイトを容赦なく使用するのでランクとしては完全に狂。
+シオン好きの名無し氏製作 Re.Act+α仕様リメイク版
上記のCPU仕様のリメイク版、こちらは判定がAA準拠になり技の発生や無敵時間の変更、シールドカウンター、ラストアークが追加されている。

こちらもyanagi氏による外部AIが公開されている。
AIレベルとEXフルールスイッチ、切り替えしワルツ頻度スイッチ、ぶっぱワルツ頻度スイッチが追加されており、凶中位~狂中位まで幅広く対応できる。


  • アレンジ系
+如月銃駆氏製作 銃駆アレンジ
⑨氏製作のものや原作ボス版に比べると、当たり判定や火力の面で弱体化がなされている。
基本的には独自のアレンジ仕様だが、7P~11Pカラーを選択すると原作(Re-Act)モードに、12Pカラーでボスモードとなる。
手描きによってミッドナイトブリスに対応しているのも特徴。
ボスモードは常にゲージがMAXになっているが、どのモードにもAIがないためAI戦が主体のニコmugenでは活躍の機会は少ない。
+M3氏製作 アレンジ白レン
白レン(アレンジ)の名の通り色々と原作とは違い、その特徴的なものとして幻影がある。
幻影は所謂分身を作り出し相手を幻惑させる類のもので、
幻影自体に当たり判定・プレイヤー判定があるので対人はもとより敵AIも惑わせることができるとのこと。

システムとしてはシールドやブラッドヒートといった特有のものはなくなっており、代わりにブロッキングとMAX開放が搭載されている。
全体的な性能は低めに設定しており、火力も抑えめ。

ラストアークは元ゲームと似たような発動条件となっていて、MAX開放中にゲージが1以上ある状態で地上ブロッキングを成功させると発動する。
飛び道具に対してもブロッキングで発動し、成功後は全画面に対しての当て身を取るので、
弾速の遅い飛び道具なら人操作でも見てからLAを狙っていける。
AIも搭載されており、性能よりも魅力を生かす方向で設定しているようであるので、動画では魅せる戦いをしてくれることだろう。
とはいえ製作者氏はプレイヤーが使用してくれることを望んでいる様子。頑張って使用してみよう。
7~12Pカラーにボスモードが搭載され、技の一部の性能と超必の演出が変化している。
さらにAIを最高レベルにした状態でボスモードから1本ラウンドを奪うと、「本気モード」が発動し、技性能などがさらに強くなる。

最新版に当たる「第3期」ではボスモードが撤廃されたことを始め、バーストモード搭載など大幅な更新が行われた。

「第2期」までと違い、AIは搭載されていない。

+マニュアルからの幻影の説明(一部改変)
幻影技の特徴

  • 各必殺技をCで出すことにより幻影出現(一部の技を除く)
    • 幻影対応技
      • フルール・フリーズ・クルールー(地上)
      • スワン・レイク
      • スノウ・バレット(地上)
      • ナッツ・クラッカー

  • 幻影出現中は本体の姿が見えなくなり、その間本体は移動のみしかできない。
    • 本体ができる行動:歩行、前ダッシュ、ジャンプ、ナッツ・クラッカー

  • 幻影には当たり判定があり、敵の攻撃を相殺することができる。
    幻影を攻撃した相手には一瞬硬直を与えることができる。
    また幻影にはプレイヤー判定があるので、敵AIをも惑わすことができる。

+M3氏製作 白レン・フォース
同氏製作アレンジ白レンの「第4期」にあたるキャラだが、1から作り直した完全な新キャラとなっている。
服のリボンが赤くなっているのが特徴。ニュートラルポーズも変化した。

幻影技にプレイヤー判定と相殺判定があるのは前期までと同じ。
原作のCとHとFを混ぜ性能を良くした感じの構成となっている。

設置技や本体と分身が時間差で攻撃を行う「ファントゥーム・デュオ」などの癖の強い必殺技を持つ…と言うより、
素直な性能の技が少ないので、使いこなすにはかなりの修練が必要。
ラストアークは「3ゲージかつ相手の体力が30%以下」が使用条件。
+kohaku氏製作 WLen_K
自らのHNを「kohaku」とするほど琥珀さんを愛してやまない氏が、その 琥珀さんを差し置いて最初に公開した メルブラキャラ。
mugen1.0とwinmugenそれぞれに対応した物が公開されていたが、2012年1月28日の更新でmugen1.0版のみの公開となった。
メルブラのシステムは殆ど取っ払われておりCVS風のシステムになっている。
搭載システムは弱中強6ボタン式にチェーンコンボ、EX必殺技や避け、ブロッキング、パワー溜め、スパキャン、
そして綺麗なカットインなどPots氏キャラのような構成となっている。
しかしKO時のSF4のような演出や、3ゲージ消費で発動でき、
攻撃力が25%アップやコスト無しでEX必殺が使えるなどの効果が得られるオーバーリミットなどの独自のシステムも搭載している。
本来ラストアークであるムゲンホウヨウは3ゲージ技になっておりコンボにも組み込める。

AIは未搭載。
かつてNS氏がAIパッチを制作していたが、更新に対応できず公開停止。
2013年12月8日に凱氏のAIが氏のSkyDriveで公開された。11段階にレベル調節が可能。

あと大ポトレが非常にユニーク。

カッ昏倒氏によるプレイヤー操作での挑戦動画。NS氏AI特集回の二戦目に登場。
動画後半にキャラ・AIの解説あり。
+如月竜人氏製作 アブソリュート白レン
⑨氏製作のボスレンのCNSを元に製作されたキャラ。
性能や挙動はほぼ同一だが、若干異なる部分やファイナルアークという超必殺技が追加されている。
ファイナルアークである「アブソリュートゼロ」にOTHキラーの能力は当初なかったが、
現在はOTHキラーも付与されているため、即死能力は旧版よりも上の技になっている。
更新により、一部技の性能が強化されるEXモードが追加された。そこまで劇的に強くなるわけではないが、強さの幅が広がったといえる。
さらに次の更新で、「ワルツ頻度強化スイッチ」が追加された。上記の壊れ技「ワルツ・ワーズ・ワイト」を撃つ頻度を10段階で上昇できる。
1/10でも見違えるほどワルツで突っ込んでくるようになり、10/10は完全にワルツしかしなくなる。
高い数字なら1Pパッチなしでも立派な狂キャラとなるが、その分動きのバリエーションが無くなるので、使用時はくれぐれも注意を。
12Pはサキスパと一撃使用制限がなくなる特殊カラーであり狂クラス。
ちなみに如月竜人氏のメルブラキャラはほとんどがコノメニウー対応であり、アブソリュート白レンも例外ではない。
それどころかファイナルアーク成功の場合はコノメニウーがなぜか「智代アフター」のOP曲「Light colors」になり、
同氏製作の復讐貴絶死・虚空を受けた場合はこの曲をBGMに互いのラストアークを打ち合い、
志貴の反撃でKOされるという演出付き。まさに一見の価値あり。

また、復讐貴と同様にこのキャラの狂化パッチが製作されていたが、現在は公開終了。
+みかえる氏製作 白レンMA
どの格ゲーの仕様にも属さない正統派アレンジ。
エフェクトはほとんどが氏のもの。3ゲージの超必殺技は派手であるので必見。

  • 『BMW銀』ドット
+humi氏製作 デカレン
Werk製作のスパロボ風同人シミュレーションゲーム『BattleMoonWars銀』のドットを使用した、SDだけどサイズのデカい白レン。
プレイヤー操作は出来ず、その場から動かない凶悪キャラ。
超必殺技のカットインが非常にエロい。

みかえる氏が改変した「デカレンと素晴らしい奴隷達」も公開されている。

「私の勝ちね七夜。これで貴方は私のご主人様よ―――って、なんかおかしいけど、ま、いっか。
後は他人(ひと)の主人を横取りした元凶をこらしめるだけ。どれほどの相手か確かめてあげるわ」


性能・AI共に強力な上、わかりやすい属性持ちとあって大会・ストーリー問わず出番は多い。
え?最近の出演ストーリーに白レンのツン成分が少ない?気にするな!

出場大会

+白レン
【白レン】
シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
凍結
削除済み
非表示
+アブソリュート白レン
【アブソリュート白レン】
削除済み
凍結
+デカレン
【デカレン】

出演ストーリー

+...
A・B・C(ヒロイン?)
F.K.B. ~炎とナイフとバーグマンの事情~
FromLR
Infinite Drift ~荒野を渡る疾風(ヒロイン)
K'の社会復帰(ぬこー!)
La Jodaso Stiana
Monochrome(ヒロイン)
MUGEN LIFE
MUGEN STORIES INFINITY
MUGEN街の夜雀亭 2nd
MUGEN学園カラス部
MUGENサーカス ジョースター一座(黒赤と共に出演)
MUGEN ショートストーリー
Nの日常(叔父がネロ・カオス)
R&Yの①日(黒と共に出演。主につっこみ役。純情)
Revelations
Reverse Night
S.I.X.-志貴とイングリッドの無限奇譚-
SOS団と3人の姫君
Tea Party of Witches
your name is my name!
あるくような速さで
炎邪じゃー!!
黄金の世界
狼は安らかに眠れない!
火艶連聖アッシュナイン
影気ままなストーリー
紙決定戦 おまけ(不憫)
クロス・イン・ワンダーランド~夢幻武闘劇~(Infinite Drift枠)
クロス・ゼロ
幻想の郷より愛を込めて
この世界の片隅で(毒舌)
サオトメが行く!(外伝:ヒロイン)
さつきとDIO(黒カラー)
The world library ~Erehwon nowhere~
志貴と無限市物語
紳士と少女
人造生物03RIA-紅
スターダスト美鈴
セルハラ訴訟勝訴争奪男女対抗団体戦
大闘領 -Sengoku Legend of the Gainers-(MRSバトル枠、非戦闘)
中華にゃん
天使と咎人
特別課外活動部事件簿(黒を含めすべての改変レンに変身。黒が主人格)
突撃!中華姉妹
ドラコ!!
ナイトメア・ハンターズ
なこるる茶屋
七夜君とレンさんの生活(ヒロイン)
ななやものがたり
覇亜斗の拳 ∞聖女伝説(ハクレン)
はらわせるもの(中身はウルトラさん
百鬼運送業
ファンタジックフェアリー
楓流メイフィールド(ツンデレ、ヒロイン)
変態早苗さんの性活(被害者)
便利屋のリーゼさん
宝石少女とツギハギのカミサマ
まったりCafe「鬼神」(黒→白)
魔法少女リリカルあきは
~ミハエル喫茶店にようこそ~
女神異聞録アルカナ(???)
妄想式家族計画(黒レンと共に出演)
リュウが咲く!
ロック・ボガードの憂鬱