ドッペルゲンガートーナメント【俺がお前でお前が俺で】

「ああ咲夜さん可愛いよ咲夜さんハァハァ」

「全力で応援してるよ咲夜さんモフモフ」


解説

あるキャラの改変キャラ、別作品、そっくりさんでチームを組むということをコンセプトにしたトーナメント。
16チーム64名が出場。それぞれA~Dの4グループに分かれ総当たり戦を行い、それぞれでの上位2チームが決勝トーナメントへ進出する。
過去にも同一人物でチームを組んだ大会は存在したが、出場する全てのチームが同一キャラで構成されているのは今大会が初。
ただ、一部のキャラにAIが搭載されていない、初期のバランス調整が甘い、それゆえに予選中にキャラの性能調節をするなどの問題も見られる。

単なるトーナメントで終わるかと思われていたが、「男は度胸、何でも試してみるものさ」と予選終了時に小話を挟み、そこで今大会を開催した理由も語られた。
上の台詞はその時のうp主の叫びである。
本来こういう発言を主催者がするのはタブーのはずなのだが、それよりもうざさが目立つのか助手のフォローが功をなしたのか、
はたまたOPの曲や一枚絵で既に贔屓しているのがバレバレだったためか特にどうということもなかった。


出場キャラクター

+ 全16チーム(ブロック別)

+ 特別審査員

+ スタッフ

コメント

名前:
コメント:



マイリスト