百鬼運送業


絵: ニコニコMUGEN絵掲示板保管庫 から せるぉ氏 画


あらすじ

ある日、ルガール運送の社長ルガールは、ボーダー商事のマガキに八雲紫社長を働かせる方法はないものか相談を受ける。
そこで、ルガールは不肖の息子アーデルハイドをボーダー商事に派遣するのだが……

+ 第一章『人形劇』
+ 第二章『告別式』

解説

原作崩壊系ということで、よくあるカオスなギャグ満載の物語が展開される。
藍様はかつてないほどの過労に苦しみ、マガキさんは臭いを気にし、
社長は昔女性関係で揉めたとか揉めないとか。

……かと思いきや、ストーリー進行に伴い、徐々に シリアス な本性を現す動画である (うp主曰くギャグは苦手。バットカオス)。
複雑な人間関係、苦しみの記憶、存在の証……
しかし、そうしたオリジナル設定は少しづつ展開される丁寧な作りであるため、
視聴者が話を見失う心配は杞憂であると思われる。
シリアスだからと言ってそれほど身構えることはない。
ただ、MUGEN動画としては戦闘は少なめなので、その点に注意。
読ませるテキストを楽しもう。

というより、 カッコいいロボカイ が見られるのは百鬼運送業だけ!
頼りなさに定評のある、成長を続ける主人公のことも見逃すな!

余談だが、とあるコメ以来うp主は「肉じゃがの人」と呼ばれるようになった。

また、徐々に画質や編集が向上しており、現在はかなりのレベルである。
時々、新作投稿までに時間が空くことがあるが、納得のいく作品を作るために準備しているようである。
解説動画にてうp主がMUGENを触ったの初めてであり、このストーリー動画を作るためにダウンロードしたことを明かしているが、
ストーリーに合わせて秀逸なセンスの特殊イントロをそれも複数用意することから始まり、
都合のいい動きをするAIがないことを理由に 自分でAIを組んだり 、演出やストーリーに合わせて キャラを改変 したり、
(一応追記しておくが自作動画内なので問題ない)
登場させたいキャラクターがMUGENに存在しないからと 自分でキャラを作ったり と、妥協せずとても手間暇がかけられている。
繰り返すがうp主がMUGENを触ったのは 初めてである
物語作りにとても真摯な方のようである。

うp主の事情により、2009年5月から更新できない状態が続いている。
(2009年?)12月の投稿者コメント追記によれば、投げ出す気は無いとのこと。

『生キテイルカラコソ、盾ニナレルノダ。』  


登場人物

+ ...

コメント

+ ...


マイリスト


添付ファイル