磯野波平


「はい磯野です」

ご存知国民的長寿アニメ『サザエさん』の登場人物。磯野家の大黒柱。
サザエ、カツオ、ワカメの父であり、タラオの祖父にしてマスオの義父である。フネは長年連れ添った愛妻。
実は九州出身で、転勤を期に上京してきた(というより、原作最初期は福岡が舞台になっている)。
ちなみに色々特徴的な顔をしているが、この容姿ネタのエピソードも多い。
  • 頭髪:髪の毛が僅かしかないのを何度もネタにされるが、若い頃は髪がふさふさで今とはだいぶ容姿が違っていた。(後述)
  • 眼鏡:老眼と思われやすいが実は近視。
  • 口ひげ:一度これを剃ってみたことがあったが不評でやめた。
身内として兄と妹が最低1人づつおり、双子の兄・海平との違いは頭頂部の髪の毛の数で向こうはややストレートの髪が2本ある。
妹のなぎえはノリスケの母親で顔は波平とあまり似ていないが息子にはそっくりな容姿である。
公式プロフィールによると1895年(明治28年)9月14日生の永遠の54歳で、身長は178cmと当時の日本人としては結構大柄。
(ただし原作漫画だと小柄扱いされている描写が何度かある)
アニメ版の初代声優はご存知、永井一郎氏。2014年に氏が急逝されてからの後任は茶風林氏が務めている。

一部でフネの台詞を根拠に結婚時期を設定年代から逆算するとサザエの生年より後になることなどから
「原作と現在のアニメの設定では一部設定が異なっているところがあり、原作ではフネは離婚歴があり、サザエは連れ子である」
とする説(サザエとカツオたちの年齢が離れているのはこの為だとする説)があるが、
原作連載当初(戦後間もなく)は歳の離れた兄弟は割と一般的であり、連れ子であるとする明確な根拠は存在しない。
(逆に昔の髪の毛のある波平の写真を見たワカメがそれを波平と認識できず、「お父さんは後夫」だと誤解するネタはあったりする)
イクラちゃんやタラちゃんの性別が変わったような話があったり(ノリスケがイクラにつけようとした名前が「ナミエ」だった等)する等、
そもそも原作者の長谷川町子氏は整合性をあまり意識していないところがあり、
苗字からして九州が舞台だったころには何度か「いそべ」と名乗っていたり、
タラちゃんのねんねこ(おんぶする為の上着的な物)が柄違いで26枚もあったり、墓の表記がコロコロ変わったり、
表札の表記がコロコロ変わったり(これに至っては、読者から指摘があって逆に面白がってしたのではないか、とも言われている)している。
なので、恐らくそういった描写の差異から混乱が生じたのであろう。
長谷川氏は「私は細かい部分にこだわらない」と言う趣旨の発言をしており、深く考えないのが正解に近いのかもしれない。
長く続く連載で、設定が色々変わったりもしているのだし。

ニコニコ動画では2007年5月27日に放映された“全自動卵割り機”の回、「父さん発明の母」がそのカオスな話の内容から一躍人気を博した。
とりわけ波平の暴走っぷりは今なお語り継がれており、箇条書きにすると、
  • 家事事情に詳しくないがゆえに、街頭販売のインチキまがいの商品を買ってしまう。
  • 全自動卵割り機を使いたくてしょうがないのか、カツオの「明日はすき焼き」という提案に易易と乗ってしまう。
  • 正しいはずのノリスケの指摘(波平が卵割り機を買ったことを知らずに、その機械とそれを買う客層の批判をした)にまるで子供のように憤慨し、ノリスケの出入りを禁止する。
  • その後家族に卵割り機の話を持ち出されても「その話はするな!」とスネる。
  • ノリスケのある種「うまい話」にまんまと乗せられる。
最早ニコニコで波平といえば全自動卵割り機は外せないワードである。
尤も、原作でも後半からは、いつも「おい」とか「母さん」としか呼ばないためか、愛妻であるフネの名前を忘れる、
喧嘩したことを忘れてフネに「わしは薬は飲んだかな?」と聞く、などボケが始まっている節もあるが。

また、2010年2月7日に放送された回「父さんマンガの星」では少女漫画の美少女キャラに熱を上げたりもしていた。
この件はその衝撃からか当時のネットニュースでも取り上げられたので、知ってる人も少なくないと思われる。


MUGENにおける磯野波平

MUGENではにゃん☆鬼龍氏が製作したものと、それをEn氏が改変したものの2種類が存在していたが、どちらも現在入手不可。
+ にゃん☆鬼龍氏製作
+ En氏製作「Death Isono」

出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー