ギルガメス

「そのまま笑っているがいい、ドルアーガ」

「…僕の剣が、お前の体に食い込むまで」

『ドルアーガの塔』の主人公であり、黄金の騎士(ゴールドナイト)。作中では「ギル」と呼ばれる。

謙虚な性格のまさに主人公と言った熱血漢。
『ドルアーガの塔』では女神イシターとその巫女でギルの恋人でもあるカイを救うために60階建ての塔の最上階を目指すべく戦い、
続編『イシターの復活』ではその塔から脱出するべくカイと共に戦うことになる。

…のだが、イシターでのギルは完全に カイの盾
特攻を命じられてボロボロにやられたり、あろうことかカイの魔法で発火させられたりしながらも、
文句ひとつ言わない、のちのピクミンにも引けを取らないギルの尽くしっぷりに泣いたファンも多いとか。
ついでに初期能力も雑魚と互角までに落とされている。まぁRPGでは良くあることだが。

『ドルアーガの塔』とその作品群は『バビロニアンキャッスルサーガ』と呼ばれ、名前の通りバビロニア神話がモデルになっている。
ただし登場人物の名前を拝借している程度で、性格や設定は神話とは異なっている点が多い。
ギルガメスの名前は『ギルガメッシュ叙事詩』の主人公ギルガメッシュから取られており、
カイとイシターも地母神キと愛と戦いの女神イシュタルから取られている。
3名ともスペルはそのままで読み方を変えただけで、ギルガメスについては初期の頃はそのままギルガメッシュ表記だった。

中の人はメディア展開する度にコロコロ変わるが、MUGENキャラの原型となった『NAMCOxCAPCOM』ではギルが石田彰氏、カイが田中理恵女史。
ア○ランとラ○スじゃん」とか言ってはいけない。
ちなみにアニメ版ともなるとなんと声が関智一…つまりFateのギルになってしまう。ネタか?ネタなのか?
(なおFateの作者はFateギルの黄金鎧は本作がモチーフだとぶっちゃけている。「数々の宝具も60階建ての塔を登って集めた」なんて言い出すし)
ちなみにアニメ版でもナムカプでギルを演じてた石田彰が登場してたりする。
こちらではとあるパーティーの一員だったけど。

+ 『ドルアーガオンラインTHE STORY OF AON』での活躍

+ ナムカプでの活躍

+ 女神イシターに関する余談



MUGENにおけるギルガメス

めむぅ氏のギル&カイ

ナムカプの画像を用いた物。恐らく動画で最も出番が多いのがこれ。
機動力は低いが、強い攻撃判定と実用レベルの体力回復技を持つなどなかなかあなどれない。
現在はサイトが削除されており入手不可。

白髪の騎士氏のギルガメス

こちらもナムカプの画像を用いているが、ギルガメス単体。
弱攻撃、強攻撃、シールドの3ボタン式で、飛び道具の類はない。

白髪の騎士氏のギル(コスチューム)

テイルズオブザワールドなりきりダンジョン3の画像を用いたちびキャラ
ストライカーとしてカイを呼び、魔法(飛び道具)で攻撃してくれる。


3種全てに蓬莱氏のAIが公開されていたが、現在は入手不可。

出場大会


出演ストーリー