朝比奈みくる

「禁則事項です」


概要

角川スニーカー文庫刊ライトノベル「涼宮ハルヒシリーズ」に登場するキャラクター。「あさひな-」。
県立北高校二年(原作9巻『分裂』より三年)の女子生徒。SOS団書記(後に副々団長を兼ねる)。
アニメ版の声優は 後藤邑子 氏。

元は書道部員だったのだが、涼宮ハルヒに半ば強引に退部させられ、現在はSOS団でメイドマスコットをやらされている。
引き抜きの理由は、「こういう団体にはフィクションでは萌え担当が一人はいるもの」という単純かつ理不尽なもの。事実童顔巨乳、性格もおしとやかで守ってあげたくなるという万人の男性に好かれそうな萌えの塊。
校内ではアイドル的存在であり、「朝比奈さんより可愛い生物はいない」(キョン)、
「朝比奈さんを泣かせることは学園の半分(男子全員)を敵にする」(谷口)と言われるほどの美少女。
バレンタインデー翌日に実施したイベントでに扮し、団の活動費を男子から大量にせしめた功績により、ハルヒから副々団長を任命される。

気が弱く、特に長門有希には恐縮し遠慮がちな態度を取る。
ハルヒに玩具扱いされており、毎回様々なコスプレ(メイド服やバニーガールやナースetc.)をさせられているが、流石に18禁な描写にまでは至らない。ちなみに反抗しようものなら世界の存亡にすら関わるため健気に耐えている。
しかし最近は強制されたはずのメイドや御茶酌みについて作法等を独力で学んできたりと、現在の立場をそれなりに楽しんでいる。
運動神経は壊滅的。左胸の谷間付近に星形のホクロがある。
一応、ハルヒ達より1学年上。

+ 以下詳細なプロフィール(含ネタバレ)

スピンオフ作品の「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」では弄られ度が増しており、
ハルヒだけでなく時と場合によっては鶴屋さんやキョンの妹にまでも弄られたりしている。
またテレビショッピングではほとんど無意味かつ高価な商品を簡単に購入してしまったり、
ハルヒなどが適当に作った話を真面目に信じてしまうなどやや頭が弱い一面がある。
また、メイドに関してかなりの拘りがある。どれくらいかというと森さんをメイドとして尊敬していたり、
ハルヒと接点がないはずの消失世界ですら書初めに素で「未来(みくる)」「メイド」と書くほど(そのため鶴屋さんに将来を心配されていた)。
因みにキョンがハルヒと意気投合したりテンションが低い時は基本的に助けてくれる人がいなくなる。
さらにタイムトラベルに関しても「みくるスリーパーホールド」なる技を発動中に可能になるらしく
(但しこの回はあらすじ自体が適当であり、みくる本人も「みくるスリーパーホールドってなんですかぁ!?」と言っている)、
その後登場した朝比奈さん(大)からは正体がばれないように(と自身の登場インパクトを上げるために)
昏倒するほどの攻撃(通算三回気絶させられた)をくらうなど谷口なみに不幸属性がついている。
ただ、本質的には朝比奈さん(大)と同一人物ということから、上司スキルを持っており、
長門がメイド漫画を描いた際に発揮された。
なお、原作では長門の事が苦手だが、「ハルヒちゃんの憂鬱」ではキョンと古泉ほど顕著ではないが、
特に苦手としている描写はなく、仲良く行動を共にしている事が多い。
また一時期コスプレキャラとしてのライバル心も持っていたが、早々に完全敗北したせいか最近では対抗していない。
忘れられた設定かと思われていたが、5巻で朝比奈さん(大)の主役話で朝比奈さん(大)が長門を苦手としている事が描写された。
この話で、朝比奈さん(大)は過去のみくるが「何も出来なかった自分が嫌だったから変わった」と
過去の自分(メイドとかドジっ子とか)を全否定したが、長門の「私は萌えていた」「ドジっ子は素晴らしい」の言葉で墜ちた。


MUGENにおける朝比奈みくる

CCI氏が製作したものと、minoo氏が製作したものの二種類がある。
そのうちCCI氏のものはゴットゥーザ様と呼ばれ、出番も多い。
「ガンガン行進曲」(ADK)のキサラ・ウェストフィールド(NBC時代ではない)を素体としてドットが打たれており、
他のハルヒシリーズのキャラと比べると、とても味のある姿をしている。
目からどう形容しても 殺人光線 としか言えないレーザーを通常・対空とで出したり(屈まれるとロクにあたらない)
既に目からとか言う問題ではない程太い(NBCタン・フー・ルーに習ったのかという程)「スーパーみくるビーム」を出したり
どこからともなく カラシニコフ を出して「人に向けてはいけませ~ん!」と言いつつ射殺する気で撃ってきたり
レッグトマホークしたり、ストライカーメンバーの古泉が「ふんもっふ」したり、通常投げで画面外からハルヒがドロップキックで飛んできたり
駆け寄って相手を掴んだと思いきや画面外からハルヒが登場し暗転後ボコる 瞬ハルヒ殺 (KOしなくても背景に「SOS」の字が浮かぶ)など
様々な技を持っている。
通称「GODゥーザ様」「中の人」「あのみくる」「むきる(由来は「ムキムキ」だから)」等。

余談だが、特定カラー時限定でパワーための際に巨大なエフェクトが発せられ、ゲージ上昇速度が飛躍的にアップする。
さらにそのカラーの場合、瞬ハルヒ殺の際に出てくるキョンの姿が「 くたびれたサラリーマン 」にしか見えない。

minoo氏のものはMELTY BLOOD弓塚さつきやその周辺キャラを元に作られており、
そのおどおどした動作やみくるビームはなかなか再現率が高いが、こちらもゴットゥーザ様とよばれてしまう。
ネタに走る 気が無いなら前述のゴットゥーザ様よりもこっちを使った方が無難と思われる。


+ ゴットゥーザ様とは…

出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー




添付ファイル