ちせ


「ごめんね、シュウちゃん…… 私…こんな体になっちゃった……」

2000年1月から2001年10月に亘って連載された高橋しんの漫画、『最終兵器彼女』のメインヒロイン。
自衛隊によって最終兵器に改造され、生身でビームを放ち、ミサイルをばらまく体にされてしまった人間の少女。
アニメ版での声優は『真月譚月姫』のシエルや『ストIV』の春麗等を担当した折笠富美子氏。

本来は心優しい少女だが、戦場では兵器として圧倒的な力で敵を殲滅する。
しかし時には自分の力を制御しきれずに暴走し、味方や周囲の街も消し飛ばしてしまう事もあり、
敵どころか味方の兵士にすら『死神・悪魔・化け物』呼ばわりされ、上層部からも厄介物扱いされている。

高校3年生ながら身長147cmの小さ目の女の子。ドジでとろくて気が弱い(自他共に認めている)。
成績は中の下だが世界史は得意。英語は苦手。
北海道なまりが目立ち口癖は「ごめんなさい」。座右の銘は「強くなりたい」。
子供の頃はとても病弱で東京の病院に通っていたが、後にこのことが最終兵器に選ばれる切っ掛けになる。
ちなみに彼女が選ばれた理由は、「たまたま埋め込んだ兵器が肉体に適応したから」。

物語の主人公にして語り手であるシュウジとは地元の高校からの同級生で、
彼女からの告白とぎこちない交換日記の末付き合う事になる。
しかしある日、戦闘機に地元が襲撃され、その場に居合わせたシュウジにその戦闘機と戦っていた兵器化した自身の姿を見せてしまい、
そこから物語は急激に始まっていく……。

作中では成長する兵器であると説明されており、その説明通り兵器としての力を行使する度、
また何もしなくてもより強力な兵器として成長していく。
しかし、初期の能力でも兵器としての戦闘能力は十分以上であり不必要な破壊を招いてしまう。
また、強力になるにつれ人間性(記憶や感情など)が失われ人間より兵器に近付いてしまう。
これは成長と言うより侵食に近く見え、ちせは必死に成長に抗おうとする。
MUGENキャラとしてのちせの姿はこれでもかなり初期のものである。

日本がどこと戦っていたのかなどは作中で語られてはいないが、
これは「平凡な日常の陰で知らないうちに戦争が起こっていた」ということこそが重要で、
「どこと」戦っていたか、ということは全く意味のないことであるため、
単純な憎むべき敵を作ってしまわないための配慮だと思われる。
つまりは、街に多大な被害が出るまで戦争中であることさえ秘匿されていたので民間人はしばらく知らなかった可能性があるが、
政府や自衛隊は勿論どこと戦っていたかは知っていただろう。

戦争はいつしか世界規模に拡大し、地球の環境すら危うくなっていく。

「チセ」はアイヌ語で「家」という意味を持ち、作中でも終盤に言及されているが、
作者はそれを意識して名前をつけたようではないと言う。
なお、北海道地方では女性の名として比較的よく使われている名前である。

「同じでしょや? あたしが行けば、もっと死ぬよ」
「…お願い……この街では殺したくないです……」


MUGENにおけるちせ

2種類のちせが存在する。いずれも手描き。
+ minoo氏製作
+ 三頭身のちせEX

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー




添付ファイル