カイン・R・ハインライン

ただ、ひもじいだけでは、真に餓えているとはいえない。
餓えない為に戦い、そして求め続けることで、初めてその意味を為すのである。







流派:暗黒真空拳
国籍:アメリカ
誕生日:2月16日
年齢:26歳
身長:183cm
体重:76kg
血液型:B型
趣味:読書
特技:目から相手の感情がわかる
大切なもの:自分を取り巻く人々
好きな食べ物:アップルパイ
好きな音楽:クラシック
好きなもの:満天の星空
嫌いなもの:惰性
苦手なもの:情
得意スポーツ:とくになし(やれば何でもできる)





「恐れ慄け、我が炎の前に」

餓狼MOWラスボスにして劇中のKOF主催者。
ギースの妻メアリーの弟なので、ロックにとっては叔父さんに当たる。
しかしロックとの年齢差が9歳と非常に小さいので、メアリーとは年が離れているかと思われる。
血縁関係なだけあってカインとロックは目元などが似ており、容姿に関しては彼は母方と思われる。
名の由来は当然、旧約聖書の登場人物「カイン」だろう。

声優は橋本潤(現:橋本じゅん)氏。MOWではこのカインともう一人キム・ドンファンに声を提供。
他作品では餓狼伝説2などでアンディ・ボガードチン・シンザン月華の剣士御名方守矢李烈火を担当していた声優さんである。
中の人が同じだったために、一部のプレイヤーにアンディと間違えられたことも。

白いロングコートを羽織った、貴公子然とした金髪ロンゲのイケメンキャラ。
…なのだが、暗黒真空拳なる怪しげな拳法を使う。
盟友の暗黒空手もワケが解らんが、カインの場合は技名がドイツ語というのが不可解さを一層助長している。
ハインラインというのはドイツ系の姓なのでドイツ語であるのは仕方ないのだが…。
しかも真空と名づけられてる割に扱う技はその大半が炎であり、超必は気を使う。
ますます訳分からん。
これについては我流の闘い方に適当な名を付けたのでは?という説もあったりなかったり。
同じ会社の作品とはいえ別に暗黒パワーを持っているわけではない(筈)。
ともあれ万が一、否、億が一続編が出たとしても暗黒空手と暗黒真空拳を掘り下げはしないだろう。
後発作品の某メイドも暗黒拳を使うが、多分関係はない。

ちなみに執事はアーノルド・セバスチャンと伝統的な執事ネーミングである。
建物崩壊後は執事ともども行方不明と言う事になっているが、
  • ロックのEDでは(姉の事を餌にして)彼を連れて、どこかへ行く。
  • 牙刀のEDでは彼の父に救われる。
  • グラントと彼のEDでは、カイン曰く「世話になった」と言う組織を潰す。
と一部のキャラでは異なる。
姉の生存については、ロック使用時はロックEDに、カイン使用時はロック戦勝利後にぶっちゃけている。
前者ではついてしまうロックであるが、後者はついていったか否かは不明。

ロックの登場セリフで「血が…疼くのか」と言うセリフがあるが元々は対カインであり、対ギースのセリフではない。
カインが紫の炎を出したりする事もあり、ロックの言う「暗黒の血」とは母方の血筋ではないか?とする考え方もある。

見た目や生い立ち等、どことなく小説『銀河英雄伝説』(田中芳樹著:徳間書店)のラインハルトに通じるものがある。

「…そのような目をするな…誰かを思い出すではないか…」


ストーリーと背景

ギース・ハワードが第一回KOFを開催した翌年の1980年、スラム街にて生を受ける。
両親は既に亡く、肉親は姉・メアリーただ1人であった。
やがて自分と同じく孤児のアベルと出会い、程なくして二人は親友となった。

カインの生まれ育った地区は貧民街でも最も酷い場所で、生き抜く為に幼い頃からストリートファイトに身を投じていた。
僅かながらもチップを稼いでいた7歳のあくる日の事、彼とアベルにとっての転機が訪れる。
貧民街では有名なチンピラ集団から同年代の少年がリンチを受けていたのを目撃した。
少年は反撃しようとせず、ただ只管に耐えた。
下手に反撃をすればもっと殴られる事を知っていたからだ。

肉の軋む音が何十回も街にこだました後、漸くチンピラが去った時には既に少年は息絶えていた。

数時間後、二人は海の見える丘に少年を手厚く葬った。
そしてカインは力を、自由を渇望する。

「力が欲しい・・・全てを手に入れる力が…。それにはアベル、お前の助けが必要だ!」
「…判ったよ、カイン。おまえを助けよう。お前が表となるなら、俺は裏となって…」

1年後、ストリートファイトで腕を鳴らしたカインはファミリィ(マフィア組織)の幹部、ドン・パパスに力を買われ、組織の一員となる。
前後してメアリーがギースの妻になり、カインが9歳の頃、甥に当たるロックが生まれた。
それから6年後、メアリーが逝去。
甥のロックは孤児として教会へと預けられたが、母を見捨てたギースを恨んで抜け出し、テリーに引き取られたのであった。
このロックの言う「見捨てた」と言う事についてカインは特には言及していない。
それどころかMOWのエンディングで「生きている」と発言したが…真相は未だ闇の中。

1996年(RB餓狼)、ギースは宿敵テリーに討たれ、生涯の最期を迎える。
ギース死亡から2年、恵まれた才能を武器に組織内で独自勢力を作り出したカインはドン・パパスを追い落とし、
齢18歳にしてファミリィのボスにまで登り詰めた。
その頃サウスタウンはマインドコントロールを得意とする武器商人に乗っ取られていた。
この支配からテリーを始めとする格闘家達が再びサウスタウンを救ったとも、ある若者が活躍したとも言われている。


カインには幼い頃より抱いている考えがあった。

保護されている人間とそうでない人間。
自ら闘って道を切り開いていく人間と、システムに組みこまれ流されていく人間。
この世の中で「生きる」ということに対し、真摯に立ち向かっているのはどちらか?
真の意味での自由とは闘い、求めることにある。
血で血を洗い、争い合うことの中にこそ人間の真実がある。
生とは日々戦いの中で勝ち取るもの、惰性をむさぼる輩に今日を生きる資格はない

金と力だけの街を戦い抜いた男の考えは、いつしか野望を実現する為の行動理念となった。


ギースの死後、支配者を失ったサウスタウンは自由の街、セカンドサウスを生み出していた。
しかし、弱者に寛容な社会は人々を腐敗させてしまった。
それを嫌ったカインは、何の目的も持たず、惰性に過ごす無力な人間を駆逐するべく、
セカンドサウス独立の戦いの為、そしてギースの覇業を継ぐべく動き始める。
その手始めとしてギースの死後10年ぶりにKOFを開催するのだった。


因みにテリーのEDでは温もりが大切である事は理解している為、完全に無慈悲と言う訳でもない様子。
苦手なものに「情」とあるが、人を動かす為には不可欠と考えている節がある。
しかし必要以上の馴れ合いは嫌っている。

「馴れ合いは好まぬが…全てを否定し、排除するだけでは人も力も動かぬのだよ」


性能

ラスボスとしては珍しく必殺技は全てタメ技であり、飛び道具、突進、対空と使い勝手のいい物が揃っている。
バックステップしながら放つ飛び道具のシュワルツフレイム(対地、対空)と、
ガードされて11F有利、空中JDされてもドンファン以外には問題ない対空技のシュワルツランツェ(BR)、
さらに発生保証のある2つの超必殺技により、守りの能力がかなり高い。
更に超必のヒムリッシュ・ゼーレを用いて、全キャラに対して触った瞬間ガードクラッシュを確定させることが出来る。TOPだとなお簡単。
2ゲージの状態でこの連携を喰らうと上段避け→追加C→超必ヒムリッシュ・アーテムで5割、この連携に持ち込む前の攻撃とゼーレの削りを含めると6割は軽く吹っ飛ぶ計算。
ゼーレに対し起き上がり超必で相打ちにし、1ゲージ犠牲にしてゼーレから喰らい逃げしたほうがいいまである…がフリーマンのように超必に無敵の無いキャラだと完全に詰む。
しかもこの連携、他のキャラの6割オーバーの連携が画面端限定が多いのに対し、別に始動位置を問わないというのが大きな利点。
画面端でのランツェBRをばらまくラッシュはかなり強烈で、暴れようにもランツェで固められ、固まっているようならゼーレからガークラ、
もしくは発生1Fの通常投げから追い打ちで大ダメージなど、キャラによっては詰みゲーになる。

画面端への追い込みやラッシュをゼーレに頼るため、ゲージがないとカインからは攻めづらいが、
守りが強力なため相手が攻めあぐねることが多く、その間にランツェ(BR)とフレイムをガンガン振ってゲージを溜めればいいため、あまり気にならない。

更に、MOWはバグなのか仕様なのかよく分からない現象が沢山あるのだが、その恩恵を最も受けているのはこのカインである。
  • 2Bは通常キャンセル不可だが連打キャンセルと呼ばれるテクニックによりキャンセル必殺技が出せる。
  • 1人だけ通常投げから(画面端限定で)追い打ちが入る。
  • 1人だけバックステップが地上扱いのため、各種必殺技でバックステップをキャンセル出来る。
  • 全キャラに「体力が0ドットの時にジャストディフェンス出来なくなる必殺技」が最低1つは備わっているのだが、カインはTOPアタック以外の全ての必殺技がJD不能となる。
  • 受身可能F中に超必の暗転を出すと受身入力がリセットされ、実質的に受身不能になる(他のキャラでも出来るがゼーレが画面に残り続けるカインのみが実戦に使用出来る)
  • ゼーレをJD後、通常ガードに移行した後にTOPアタックを当てるとTOPアタックが多段ガードになる→速い段階でガークラし、TOPが多段で当たる→8割ゲット。潜在ゼーレで1段目ジャスト2段目以降通常ガード移行してしまった場合、2段目にジャストでTOPアタックが重なると8割どころか10割ぶっ飛ぶ。
特に最後の2つは2008年に入って見つかったものである。
これにより、MOWは4強から5強の時代へと移ったのであった。稼働から実に9年後のことである。

そして、稼動から11年後、2011年に新しいバグが発見された。詳しくはフリーマンの頁を参照。
キャラ限定で、非常にシビアなのでネタとしか言いようがないが、空から無限にアーテムが降り注ぐのはすごく奇妙・・・あれ?どこかで見たような?



「勝利あっての真実…
          君には理解できぬ様だ」

MUGENにおけるカイン


  • ブッチ氏製作 MOW仕様
原作を再現している。
DOS時代のキャラなのか、デフォでは色化けしているほか、
現在は公開停止されているため、動画で見る機会はまずないと思われる。

  • ブッチ氏製作 MOW+アレンジ仕様
上記の同氏の原作再現とは違い、必殺技がコマンド式になっており2段ジャンプが可能。
完成度は94%。アレンジ超必殺技も追加されている。
対人戦用の簡易AIもデフォで入っている。こちらもDOS時代のキャラなので、大ポートレートが色化けしている。
現在は公開停止となっているが、かつては幾つかの大会で見ることが出来た。

  • 虻蜂氏製作 MOW仕様
基本的には原作再現だがゲージの本数が3本になっている。
またコマンドについても、2Bのキャンセルに特殊なテクニックを必要とせず、
原作では溜めた後にレバーを真上に入れないと出ないランツェが2溜め7または9でも出る点が異なる。
AIも8段階設定できるものが付属しており、8は攻撃力補正効果がつく。ランツェブレーキングを鬼の様にかましてくる…のだが、
ブレーキング精度以前に本来2溜めが必要なランツェを立ちから容赦なく連発してくることの方がはるかに恐ろしい。
いわゆるイカサマーにあたるのだが、まあAIだからしょうがない
相手をガードクラッシュさせることも出来るのでゼーレやTOPアタックを絡めた固めがなかなかエグい。
ゲージ本数が変更されていることもあり、超必ゼーレぶっぱ→打撃を重ねて潜在ゼーレと凄まじいガークラ連携を組んでくることもある。
ボスモードも付いており、一部の技の性能が向上する他、1ラウンド取られると常時TOP状態になる。
設定すれば最初から常時TOPにもできるためチーム戦などでも問題なく動作可能であり、作品別をはじめ様々な大会で猛威を振るった。

DHQ氏によって、性能改変パッチが作成された。
2Bのキャンセルやランツェのコマンドを原作の挙動に近づけるスイッチが搭載されている。
グラントのパッチと同じく投げ無敵付加も再現。
付属のAIは虻蜂氏のAIの中間レベルに当たる強さに設定されており、インフレ化したAIの中に投入するには少々力不足かもしれない。
溜め動作や崩しをしっかり使ってくるので、プレイヤー操作の相手として楽しめるAIになっている。
なおシングル戦かつガークラありの状況を想定しており、それ以外の状況では挙動が不自然になる可能性があるとのこと。

  • DHQ氏製作 独自アレンジ
こちらはパッチでなく、虻蜂氏のものを改変したもの。
コマンドが変更され、タメキャラでは無くなっている。
4ボタン制でシンプルな作りながら、受け身不能時間や判定面の調整に力が入っている。
システム周りで特殊なものはジャストディフェンス程度。
デフォルトのAIは存在しない。

  • 無限ロダ産 強化改変
無限ロダup2773にて、グラントと同梱されて公開された制作者不明の改変。
上記の虻蜂氏の原作仕様のものの改変で、AIやボスモードもそのまま搭載されている。
技構成や演出などは変わらないものの、ほぼすべての技が強化されており、ライフも2000となっている。
通常モードで台パンレベル、ボスモードでは完全に狂キャラになる。
このキャラの名前は「カイン」だが、同梱のグラントが「ナイトメアグラント」なのでナイトメアカインと呼ばれることも。
現在は凶悪ロダで公開されている。ファイル名に拡張子が無いのでそのままでは解凍できないが、保存する際に「.zip」とつければ問題なく可能。

  • infinite氏製作 アレンジ仕様
海外のinfinite氏が製作。 MUGEN1.0専用 。公開は2013年7月19日。
CPUボスモードをイメージして製作されたカイン。CVS…というよりはPots氏風のアレンジになっている。
デフォで作者によるAIも搭載されており、性能もアッパー調整されているため、並の格ゲーキャラで相手するのは難しい。DLは氏のサイトから。
2013年10月16日に凱氏のAIが公開された。infinite氏へ公開許可を願い出たが、返事が無いとのことなので使用は自己責任で。
ブロッキングや高性能な必殺技を使いこなし、完全な凶キャラと化す。飛び道具を乱射しながら空を飛ぶシュールでちょっとかっこいいオリコンは一見の価値あり。

  • A,c,c氏製作 Aカイン
「ぼくのかんがえたさいきょうでかっこういいカイン」といういわゆる凶悪改変を施されたカイン。
防御力120、最大ゲージ数7本、長い無敵時間、常時ジャストガードなどのかなりのアッパー性能を誇る。
なおMOW本来のシステムであるガードクラッシュやT.O.Pシステムは廃止されている。
5段階のAILvと付属のスイッチにより細かく強さを設定でき、幅広く狂ランクで活躍している。
AILv1で狂中位、2〜3で狂上位〜最上位、4からは一部準神と渡り合えるレベルになる。
アレンジ技が数多く搭載されており、一部の超必殺技では即死攻撃も行うことがある。
また12Pカラーではアーマーを展開し、オプションとしてグラントを呼び出すようになる。また非常に
硬くなり、神キャラでも撃破はかなり難しくなる。
現在skydriveにて公開中。

  • Powerless氏製作 カサイン

虻蜂氏のものを改変した、一言で言うと名前通りの(色んな意味で)狂化したカイン。
全体的に高速化している上常にカサカサしており、更にカサり中は無敵かつAI起動時はゲージが溜まり続ける。
あとゼーレもカサって超多段ヒット。
そしてゲージ技以外の何かが当たると勝手にキャンセルしてランツェを繰り返し、
ランツェを出し切った際にゲージがあると地上にワープしてゲージが無くなるまでアーテムする。
このためプレイヤー操作は可能だが実質無意味。
更新で空中や攻撃中も(ついでに勝っても負けても)カサるようになったため動作の大半が無敵だが、
ランツェ中やゼーレの発射直後に食らい判定があるので無敵やアーマーで対処可能。ランク的には狂中~上位レベル。
この他6Pを選択するとゲジマユ化するほか、オプションでゼーレを増やせる。

なお、海外にはEvilSlayerX5氏制作の赤いロングコートで銀髪のカインが存在する。

+ 大会ネタバレ

「負け犬に用は無い」


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ ...