ザ・シング


「さぁ、ぶっ潰してやるぜ!!」


プロフィール

Height 6ft(182cm)
weight 500libs(227kg)
F-ighting(格闘力) INcredible(信じ難い)
A-gility(敏捷力) GooD(良い)
S-trength(筋力) MoNstrous(化物じみた)
E-ndurance(体力) MoNstrous(化物じみた)
R-eason(思考力) GooD(良い)
I-ntuition(直感力) GooD(良い)
P-syche(精神力) ReMarkble(非凡)

マーベル社のコミック『ファンタスティック・フォー』に登場した超人。THE THINGとは「物体」を意味する。
見た目的にヴィラン(悪役)っぽいが、れっきとしたヒーローである。 

本名はベンジャミン・ジェイコブ・グリム。通称ベン
元空軍のテストパイロットで、その腕を買われて宇宙船の操縦を任される。
だが、その宇宙飛行中の事故により宇宙線を大量に浴びて、岩のような皮膚を持つ身体になってしまう
宇宙船に乗っていた友人のジョニーリードスーも同じ様に特殊な能力を持った。
4人は自分たちの能力を社会への貢献に活かそうと「FF(ファンタスティック・フォー)」を結成する。
そのせいかX-MENが(設定上)アメリカ市民に嫌われてるのに対し、FFはかなり人気がある。
なお、彼は実際の人気も高く、FFのメンバーでは唯一個人誌が出たことがある。
現在はFFに加え、ニューアベンジャーズにも参加している。
このニューアベンジャーズはッグ3を除いたスパイダーマンウルヴァリンといった人気キャラクターを
露骨に集めたチームであり、そのチームにFFで唯一参加している辺りその人気がうかがいしれるだろう。

無類の頑丈さと怪力を持ち、ハルクと殴り合いが出来るほど。
とは言え流石に全力ブチ切れ状態のハルクには一撃で倒されてしまったが。
高温や衝撃にも強く、人が近づけないような劣悪な環境でも活動できる。
また、外観に耳は存在しないが内耳器官によって彼は音を聞き取っている。
そのため、音波系のを無効化することができる。

頭もかなり良く、宇宙船を筆頭にあらゆる輸送機器の操縦ができる。
また、軍隊式の格闘術とレスリングの達人。非常に多才である。
性格は無口でぶっきらぼうだが心優しい。他の友人3人とは違い人間の姿に戻ることは出来ず、
自分の醜い風貌に深く悩んでいたが、アリシア(盲目の恋人)との出会いから、その悩みを克服した。

劇場版ではその容姿のせいで妻から決別され、喝采される他のメンバーとの軋轢も生じ
Dr.ドゥームの甘言に乗って能力を吸い取る装置の実験台となり元に戻ることに成功したが、
ドゥームに苦戦する仲間を救うために能力を戻し岩の姿に戻った。

大昔に日本で放送された『宇宙忍者ゴームズ』ではガンロックの名で登場。
この作品では単純で短期な性格の脳みそ筋肉になっている。あと火に弱い。
中の人の持ちネタである「ムッシュムラムラ!」が当時の視聴者の記憶に今も焼きついているという。
ちなみにこの部分、原語版では「It's clobberin' time!!」となっていて、コミックの日本語版などではページ上の台詞のように訳されている。
一度「マーヴルクロス」での邦訳の時にムッシュムラムラだったが
大学でゴームズ(リード)と友人になり、彼が困ったときは無条件で力を貸すなど出会って間もないうちから謎の信頼を得ている。
しばし、作画ミスで穿いてないことがあった。

また、東映版『スパイダーマン』に登場する怪人・岩石男サムソンは彼がモデルである。
他にも同作第1話の怪人・暴君竜は『スパイダーマン』の原作に出たヴィランを基としている。

それ以上に際どいものに、カプコン製作の3D対戦格闘ゲーム『パワーストーン』シリーズには
「ガンロック」という巨漢の登場人物がいて、変身後は全身岩石の鎧を纏ったような姿になる。
明らかにわかっててやっているレベルである。
同作品にはカブトムシの角が生えたシルバーサムライのようなキャラクターも登場する。

これだけかと思いきや、カプコンは2010年に発売された『モンスターハンターポータブル3rd』にて
決め台詞の「クローベリング・タイム!」をクエスト名に採用しており
そこで出るのが、これまた岩石や鉱石を全身に纏ったモンスター「ウラガンキン亜種」となっている。
数少ない横文字だけのクエスト名の上に、日本での認知度がそこまで高くないネタを採用する辺り、社内にはよっぽどのファンが居るようだ。
更に余談だが『ロックマン6~史上最大の戦い』にはファイヤーボーイという雑魚キャラが登場する。
あとついでにラッキー・コルトの海外名もガンロックだが、関係はわしにも分からん…


MUGENにおけるザ・シング

MUGENではWarner氏が製作。動きをみるとザンギエフハルクが元の様だ。完成度はかなり高い。
AIも中々強いものを搭載しており、スーパーアーマーを活かした豪快な戦い方をする。
ニコニコ動画ではほとんど見ないが、Youtubeではよくハルクジャガーノートと殴りあっている。
これからの活躍に期待。

出場大会

削除済み

出演ストーリー




添付ファイル