KAITO

「ん~? アイス食ってた」


初音ミクの発売元であるクリプトン・フューチャー・メディア製のDTMソフトウェア、および同ソフトのイメージキャラクターの名称。
ミク以前に発売されたもので、こちらは男声キャラクターであり、VOCALOID1エンジンを使用している。
素直で伸びのある声質を持ち、童謡や歌謡曲を得意としているとされる( 公式サイト より)

発売当初は500本しか売れず、不良在庫の山を築いてしまった。
公募で決まった名付けの親にはダメ出しされて捨てられ、脱力ボイスで使いづらいとDTMerたちには酷評された。
KAITOの前に発売されたMEIKOはDTMソフトとしては十分なヒットと呼べる3000本以上を売り上げており*1
発売元の社長に「男じゃダメなんだと思った」と失敗作扱いをされる結果となってしまっていた。
出番があっても小ネタ程度でしか使われないと、かつては暗黒の時代を歩んできた。

かつて妹に心配された兄

後の初音ミクブームの到来によってMEIKOと共に先輩ボーカロイドとしてその存在が知られるようになり始める。
当初こそ「 何この青いの 」などとコメントを付けられるような扱いだったが、
当時としてはただ一人の日本語男性ボーカロイドとしてミクとは別方向に活躍の場を広げていった。
(一応男声ボーカロイドとしてはボカロ初の存在として英国ZERO-G社販売の「LEON」が居たのだが、当然ながら英語ボイスであった。)
主にネタ曲の多さに定評があり『仕事を選べないKAITO』とタグが付くほど本当に何でもやる(やらされてる)ボーカロイドである。
一方ガチな曲も少なくはなく、気合の入った名曲を発表している製作者も多い。
現在ではニコニコ市場からの購入者だけでも1800人を越えており、他のボーカロイド達同様高い人気を得ている。
暗黒の時代を過去のものとしたと言えるだろう。

そのかいあってか『初音ミク -Project DIVA-』にも
MEIKO、鏡音リン、レン、巡音ルカ、弱音ハク、亞北ネルと共にゲスト出演した(表記はメイコ、カイトとカタカナ)。
+ したのだ、が…

何やってんの兄さん
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7593229 巻き添えにされた弟分 http://www.nicovideo.jp/watch/sm7785048

兄さんの本気
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2352095 http://www.nicovideo.jp/watch/sm3122624

KAITOには元々のキャラ設定という物は存在せず、強いて挙げるなら公式のパッケージイラストと音声のみである。
現在のKAITOのキャラクターはファンによって築き上げられたイメージが集合して作り上げられたものである。
しいて言えばソーシャルアプリ『三国志パズル大戦』の初音ミクコラボでゲスト出演した際、一人称が「俺」になっていたことくらいだろうか。
これに関しては同シリーズのMEIKOも同様であり、
ミク以降のキャラクター・ボーカル・シリーズの面々も身長・体重・年齢の設定が追加されたのみである。
そのためキャラクター付けに関してはそのソフトを使う人間次第であり、
KAITOは時にアイス狂だったり、ヘタレだったり、卑怯だったり、女の子になっていたりするが
ボーカロイドはそれら全てを内包する、いわばカオスともいえる存在である。
良く見られる設定としてはミクを初めとしたクリプトン社のボーカロイド達を兄弟と見なし、その長兄として扱われることが多い。

音声モデルは歌手の 風雅なおと 氏。
『電磁戦隊メガレンジャー』のOP・EDや『仮面ライダーアギト』のEDを歌った人として知られる。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6711011 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1595394
最近はKAITOの曲のカバーを行っており、「卑怯戦隊うろたんだー」や「千年の独奏歌」といった曲がカバーされ発売された。
またうろたんだーに収録されていた「虚空戦士マジスパイダー」は元ネタのスープカレー店「マジックスパイス」にて
KAITOが歌った時点で「公認」となり、風雅なおと氏が歌った事で晴れて「公式」ソングとして採用された。
+ 余談だが

そして、2013年2月にはリニューアル版の「KAITO V3」が発売された。
7年ぶりとなる新バージョンはKAITOをベースに最新のボイスを加え、エンジンもVOCALOID3に。「初代から成長したクリアでスムーズな発声。低音から高音まで流暢に歌い上げます」という。
日本語×3・英語×1の4つの音声データベースを収録しており、「STRAIGHT」(ストレート)は「ハキハキとした、張りのある自然な声」、「SOFT」(ソフト)は「やすらぎを感じさせる、柔らかな声」と、曲調やジャンルに合わせて使い分けることができる。英語での歌唱にも対応可能だ。特設サイトではデモソング4曲を公開している。
主要DAWに対応したボーカルエディタ「Piapro Studio」が付属するほか、音楽制作ソフト「Studio One 2.5 Artist / Piapro Edition」、200種類以上の楽器を収録した「PreSonusソフト音源」が付属。DTM入門用パッケージにもなっている。


MUGENにおけるKAITO

MUGENではカーネル・サンダースの作者であるpeg氏作の手書きキャラが存在する。
基本的にアイスを設置したり持ち歌を元にした技を駆使して戦う、攪乱タイプ。
また、ストライカーとしてミク、鏡音リン・レン、MEIKOを呼びながら戦う人間弾幕キャラでもある。
一般的なKAITO像よりもやや卑怯なイメージが強い、所謂「うろたんだー」なKAITOである。
ストライカーの各人も同様であり、キャラ崩壊に耐性がない人は要注意。
なお、ボイスは当然ながらKAITOの声をそのまま使用している。カーネルと同じくブリス対応。
iswebライトが終了し、キャラ公開サイトが削除され入手不可!!

参考動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4842416 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2129043

出場大会

削除済み

出演ストーリー



*1
初期ロット1000本が1週間で完売するなど一大ムーブメントと化した初音ミク、
及びそれに続く鏡音リン・レンや巡音ルカの売り上げには流石に敵わない。
……というか、MEIKOが発売された2004年当時、仮想楽器ソフトは1000本売れれば大ヒットとされており、
リリース初年度だけで3000本を売りさばいたMEIKOは、その当時としては奇跡的なセールスと言えた。