ルビィ・ハート





  「ちゃんと見ておくんだよ」

マーヴルとカプコンのクロスオーバーシリーズ『マーヴルVSカプコン2』の主人公。
空飛ぶ海賊船で大洋にその名を馳せる隻眼の女海賊。
父の後を継ぎ、海賊一味を率いることとなった。
世界に災厄をもたらす波蝕の鎧を確保しようとする海賊組織の作戦に加担したことから
一連の騒動に巻き込まれていく。
錨や大砲など海賊らしい武器や各地から盗み集めた魔法の道具を駆使して戦う。
片目を眼帯で覆っているが、隻眼かどうかは定かではないらしい。
ちなみに挑発モーションでは 眼帯が着いている方の目で望遠鏡を覗いている
視力関係無く見える訳がないと思うが、モノが挑発モーションだけに相手をおちょくってわざとやっているだけかもしれない。

原作における扱い

一応マヴカプ2の主人公という立ち位置ではあるのだが、その設定は謎だらけ。
プロフィールはおろか 一人称すら不明 というから驚きである。
彼女がなぜ波蝕の鎧を封印しようとしているかは不明。というか波蝕の鎧の設定自体が詳細不明。
ソンソンアミンゴとは知り合いらしいがどういう知り合いなのかは不明。
アミンゴは言うまでもなくMVC2オリジナルキャラで、
ソンソンは1984年に発売された「ソンソン」の主人公のソンソン(孫悟空の孫)のさらに孫娘という設定のキャラで、実質オリジナルキャラである。
以上を鑑みるにルビィ・ハート・アミンゴ・ソンソンの3キャラでカプコン側のオリジナル主人公チームにあたる位置付けをされていると思われる。
初期カーソルやらEDイラストやらでなぜか近未来病人と絡む機会が多いが理由はやっぱり不明。
マーヴル勢の主人公格とカプコン側の主人公格の対比なのかもしれない。
なぜこんな扱いかといえば、マヴカプ2には 会話デモも勝利メッセージもキャラ別エンディングも存在しない からである。
他のキャラクターには原作があるからいいがオリジナルキャラは……哀れ主人公。
別のゲームの隻眼の姐さんと色々被る点が多いが、続編が出てない分報われなさではこちらの方が上だろう。
一応外部出演もなかったわけではないが、そちらはカードゲームだったり。

+ そんな彼女もついに続編に登場!

原作中の性能

世紀末ゲーと名高い原作でのキャラランクは、全56キャラのちょうど真ん中あたり。
技構成自体は飛び道具・対空・突進の三種の神器が揃っているように見えるが、尖った性能の技が多いため性能を熟知しておく必要がある。
海賊船を突撃させて集中砲火を叩き込んだり相手を樽に閉じ込めてからナイフを投げてふっ飛ばしたりと見た目にも派手な技も多い。

あまり使っている人はいないようだが、けれども海賊のリーダーでいわゆる「姐さん」っぽいキャラである点からか、意外とファンは多かったりする。
ちなみにイラストやドットを見る限りかなりの戦闘力の持ち主でもある。

+ ルビィ・ハートの性能


MUGENにおけるルビィ・ハート

MUGENでは海外の製作者によるものが数種類存在する。
どれも基本的に原作通りの性能ではあるが、原作の戦闘の要であるアシストが使えないのが痛い。
原作を再現しようにもMUGENの機能に無かったり、また再現をしてもどちらかというと不利になる
要素しか無くなってしまうのが、このキャラクターの苦しいところだろうか。

  • Ryou Win氏制作
タッグ戦になるともう1人のキャラクターは強制控えとなるスイッチタッグ機能を搭載している。
CNSの指定で機能の切り替えができるが、デフォルトでは機能ONのCNSが指定されているので注意。

  • Beximus氏制作
アバレッタで有名なBeximus氏のもの。AIが幾つか作成されており、動画で見る機会が多いだろう。

cafe氏が大会用に作成したAI。
先読みでシュプリマシオンをよく仕掛けてくる。
またラファールカノンの使用頻度が多いのも特徴。
現在は公開終了している。
9:45~

ペケポコ氏も大会用にAIを作成。
こちらは人操作では不可能なタイミングでシュプリマシオン→ミルファントゥームを仕掛けてくるという非常に攻撃的なAIに仕上がっている。
またシュバルツェールでの空中移動を好む。
7:33~

このようにAI製作者はいないわけではいものの、
肝心のBeximus氏がサイトを閉鎖、連絡不能の状態にあるため各自AIの公開は差し控えているというのが現状である。

が、あかさたレオン氏はBeximus氏と連絡が取れたらしく、09/09/12付けでAIを公開した模様。
トゥール・ド・マジを積極的に仕掛け、シュバルツェールの性能を
遺憾なく生かした立ち回りが非常にうまく、かなりの完成度を誇る。

  • Mouser氏制作
海外勢に負けじとMouser氏によって新たに制作、2013年6月25日に公開されたルビィ。
AIは搭載されていないようだが、意外と強い。
2015年5月にはホルン氏による外部AIも公開された。
また、2016年5月にhatya氏による改変(技の性能一部変更)AI(ほとんど格ゲーしない系)も公開された。(強さは凶下位程度)

  • Kamekaze氏製作 MVC3アレンジ
新MUGEN用。
MVC3風のアレンジで、セイバートゥースとコロッサスのアシストが搭載。
デフォルトでAIが搭載されている。


「……運が悪かったわね」



出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー