キム・フーン

キンフーン!


「誰にも俺の行く手を邪魔させないぜ!」

純韓国産のネオジオのバカゲー的格闘ゲーム『ファイトフィーバー(正式名「王中王」)』の登場キャラクターで、
ハン・ベーダルとはライバル関係に当たる。

その名前からして韓国人であることは明らかなのだが、何故か金髪で、何故かメキシコ代表である。
しかし気にしてはいけない。

彼の必勝技もハン・ベーダルと同じく、どこかで見たような技ばかりである。

  • ハンと同じく波動拳をパク…いやインスパイアしたとしか思えない飛び道具「鷲羽風」(ハンよりは隙が小さい)
  • ハンと同じく飛燕疾風脚をパク…いやインスパイアしたとしか思えない突進技「鷲降撃」
  • キックのように片手をついた姿勢で幻影脚を繰り出し、ヒット音も幻影脚そのまんまの「鷲熱脚」
  • ワールドヒーローズのごとく、全身をピンと伸ばしたまま空中横回転アタックを繰り出す「鷲爪脚」
  • 溝口誠のチェストのごとく飛び蹴りを連発する超必勝技(名称不明)、しかし欽ちゃんキックにしか見えない

特に「鷲爪脚」は笑える技である。
しかし気にしてはいけない。
またハン・ペーダルと同じく、倒れた姿がリュウそっくりであるが、気にしてはいけない。

電波新聞社の「ALL ABOUT ザ・キング・オブ・ファイターズ'94」では、「KOF95大予想」のコーナーで「キムチーム'95」としてキム・フーン、ハン・ベーダル、マスター・タエクックのチームがノミネートされていた。
もちろん実現はしなかったが、MUGENではサクラカ氏のMUGEN∞動画造作トーナメントにて、この三人に氏製作のゴルリオを組み合わせた「ファイトフィーバーチーム」が実現している。

余談だが、旧SNKにはファイトフィーバーのマニアがいたらしく、キム・フーンをモデルにしたキャラクター「ジョン・フーン」がKOF99にて誕生している。
必殺技の名前も、ことごとくファイトフィーバーから取られたものが多いので、暇な方は調べてみてください(笑)。


MUGENにおけるキム・フーン

envymask666氏によって、ハン・ベーダルと共に製作されている。
超必勝技として、「鷲爪脚」の強化版やハン同様の乱舞技が追加されている。
また、MUGEN∞動画造作トーナメントにて、サクラカ氏によるAIがハンと共に配布されている。
AI搭載のハンとキムのタッグは結構強かったりする。

他にも、ファイトフィーバーキャラに定評のある死門氏が製作・公開しており(現在は入手不能)、Nori氏のAIも公開された。


出場大会

更新停止中
凍結

出演ストーリー


「俺としたことが、油断しちまった・・・」


添付ファイル