京子

KOF2000』に登場した草薙京のコスプレをした女の子「コスプレイヤー京子」を元にした、半オリジナルキャラクター。
乗っ取り系主人公でもなければ食いしん坊魔法少女でもない。
MUGENではコスプレではなくDQ4の女勇者の様に「 もし京が女の子だったら… 」というコンセプトで作られているため、
本家同様に草薙の炎を使うことができる。
元々はWindの製作者zy5678氏の友人であるmast-chen氏が製作し、ブリススレに投下したキャラクター。

+ 参考:KOF原作での「コスプレイヤー京子」


MUGENにおける京子

mast-chen氏製作

以下に述べるような複数の改変京子達の原型となった京子。
ボイスは春日野さくらのものが使われており、元から完成度も高い上に改変自由だったが、あまりにも個性的かつ複雑な構造で(orign_files参照)製作経験者もお手上げで長らく放置されていた。


119way氏製作

こちらは上記のmast-chen氏の京子がベースとなっている。
MAX2ではKUSANAGIとの合体技となっており、2002UMのMAX2の演出が追加されている。
氏のブログにて公開されていたが、現在はDLリンクが切れており入手不可。


鶺鴒氏製作 kyoko_typeA


「まだまだへっちゃらよ!」

+ プロフィール

上記のmast-chen氏の京子を鶺鴒氏によって改変し易い様に構造簡略化及び、
スプライトの書き足しで必殺技が大量に実装され、EXモードが追加されている。
ブリス元にはない超必殺技・オリジナル技が搭載されており、
スパキャン・ドリキャンが可能、パワーゲージ・スキルゲージが搭載されている等のアレンジが施されている。
ボイスは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のルナマリア・ホーク(CV:坂本真綾)のものに変更されている他、AIも搭載されており、なかなか強い。
下記の同氏の「kyoko_typeK」との特殊イントロやタッグ技等が搭載されているが、
タッグ技の発動と成立条件が厳しく、完全にロマン技となっている。
パートナー少し落ち着けと言わざるを得ない。
サバイバルボーナスが搭載されており、5連勝するたびにパワーアップし専用超必が使える様になる。
KOFキャラでは珍しく、謎ジャムぬいぐるみに対応している。
最新版のMUGEN本体にも対応されたが移行試験らしく未完成な部分もある模様。
また新SFFは本来カラーがP1~P6までの所、SFFを変える事でP1~P24まで使える様になり京子A⇔京子Kカラー切替が可能になる。
新SFFの持つ可能性とやらを垣間見る事が出来るが、使用の際は注意書きを読んでおこう。
最新版のMUGEN限定でストライカーが使用可能になった。
更に、京子Aのクローンである「京子typeC」パッチが同梱され、
kyo-1/kyo-2に相当するキャラが別枠で使用可能。
02UMの技は無い物の、こちらもデフォルトでAIが搭載されており、
94仕様化/95の永久バグが単体技として使用可能になる等のアレンジが施されている。


 天然で無防備のためかつけてないらしく、結構な勢いで
 元ポトレだとその辺りが顕著で、当初の女性ボイスは京の男台詞を使っていた事から、
 性格は「ブリスを喰らった男の京のまま」と考えれば、むしろつけないが正義
 新ポトレだとその辺は不明瞭だが、EXモードは更にぷるんぷるん揺れる。
 上体を上下に激しく動かす時とは言え…… ごちそうさまです。
 しかし、氏のブログによると、ブラを着用していることが判明した。

+ お前の欲しい物は何だ?(大会ネタバレ)
【ノーマルモード】
オリジナルのkyokoをベースに、一部の既存技とオリ技が加えられたモード。
一部の技で炎の羽が発生するのが特徴。

【EXモード】
京XI/EX京/京MIの技を補完したモード。
炎の羽は発生せず、XI風との事。


鶺鴒氏製作 kyoko_typeK





「お前は私の敵だ! 死にな!!」

+ プロフィール

京子typeAが鶺鴒氏によりKUSANAGI風に改変されたもの。
KOF2003の八咫の幻影だが、後にオリジナルの京子によって救われ、草薙の血族へ変化したという設定。
『恵(けい)』という名も京子に付けられたらしい。

表モードで幻影、裏モードでは草薙の血族という風に分けられている。

霧焔は無いが代替の超必殺技・オリジナル技が搭載されており、
スパキャン・ドリキャンが可能、パワーゲージ・スキルゲージ・サバイバルボーナスが搭載されている等のアレンジが施されている。
ボイスも『機動戦士ガンダムZZ』のプルツー(CV:本多知恵子)のものに変更されている他、AIも搭載されており今後の活躍に期待したい。
上記の京子typeA同様、謎ジャムぬいぐるみに対応している。
新MUGENへの対応も同様の処理が施されている。
こちらも新MUGEN限定でストライカーが使える。


 下記のイントロにもその設定が反映されている。
 京子と同様に戦闘力は高く、こちらは両モードでたゆんたゆんである。
 09年5月の更新で追加されたプロフィールによると、3サイズはB83・W56・H81。カップにするとD。
 ごちそうさまです。

【KUSANAGIモード】
従来のKUSANAGIに相当する技+オリジナル技を使用。
当身からの超必派生、「最終決戦奥義・零式」がLV3になっている等のアレンジ。
オリジナルやその「友好関係」にイントロで敵対する。

【KEIモード】
京XIの荒咬み派生+一部KUSANAGI+オリジナル技を使用。
京子typeAとのタッグ技はこちらのみ。
オリジナルの「敵対関係」にイントロで敵対する。

京子AKCは一時期公開停止していたが、2011年7月に更新されて再公開された。
その際に内部管理データも変更されたので、以前までの京子AKCへのname対応などは機能しなくなったので注意。


Yokurei氏製作 Kyoko_typeY


「よかろう・・・。礼儀を教えてやる・・・。」

上記の鶺鴒氏の京子をYokurei氏が改変した京子。
typeYのYはYokureiアレンジだからYだそうな。

八神庵+αの能力を移植されたKyoko_typeKのクローンという設定。
あと、何故かオロチクリスの技も使う。これが+αなのだろう。
裏モードはK'の能力を試験的に移植されたクローンという設定だが、
こちらは未完成で必殺技が1つ入れ替わっているだけとなっている。
なおいわゆる劣化コピーなので性能・火力は当然ながら本家には及ばないとのこと。

ボイスはセイバーオルタからだそうで、何か台詞回しが妙に仰々しい。
6P及び12Pは常時ゲジマユ化する強化カラー。
作者によるAIもデフォで搭載されており、10段階にレベル調節が可能である。
attack=90、defence=90とやや控え目ながら、AI性能も相俟ってめちゃくちゃ強い。


アンバサ氏製作 Kyoko_typeP


アンバサ氏によって改変された京子。見た目がポニーテールなのが特徴。
本体と11段階に設定可能な誠治氏のAIを同梱したものが誠治氏サイトで代理公開されている。
公開当初は一部のモードのみ対応だったが、現在は全てのモードに対応している。

【モードI(1P~3P)】
XIII表京+KUSANAGI+京-1仕様のモード。Cボタンを押しながら攻撃することで、
立ち弱P・立ち弱K・しゃがみ強P・ジャンプ弱Pが京-1の技になる。

【モードII (4P~6P)】
99~02UM京+京-2仕様のモード。同じくCボタンを押しながら攻撃すると、
近距離強P・遠距離強K・近距離強K・しゃがみ強K・ジャンプ弱K・ジャンプ強Kが
京-2のものへと変化する。

【モードIII (7P~9P )】
XI+バトコロ+α仕様のモード。一部にMIの技が搭載されている。

【MIXモード(10P~12P )】
すべての技を搭載したモード。


出場大会

京子_typeA

削除済み
更新停止中

京子_typeK

京子_typeY

京子_typeP


未分類確認用

出演ストーリー