「待っていたわ…
  あなたの本気、見届けさせて!」

流派: 活心長槍術
武器: 長槍「牡丹」
生年月日: 弘化2年1月23日
年齢: 18歳(一幕)、19歳(二幕)
身長: 5尺7寸
体重: 13貫目
目的: 楓と守矢の闘いを止める
宝物: 拾われたときに身に着けていた首飾り
趣向: 琵琶を弾くこと
利き腕: 右
好き: 山葵漬け
嫌い: 堕落
キャッチコピー: 運命を貫く槍 -Anxious White-

月華の剣士』のメインヒロイン。読みは「ゆき」で「せつ」ではない。
活心長槍術の使い手で、長髪の金髪が特徴的な異人の女性。
幼い頃、天災で異人の両親を亡くし、御名方守矢の師匠、概世に拾われ、彼らと同じく概世の養子になる。
楓の義姉で、守矢にとっては義理の妹。生真面目だが優しいお姉さんである。
守矢のことは義兄ながら密かに想いを寄せ、恋焦がれている。

戦闘時には、より学んだ長槍術と氷を組み合わせた戦いをする。
彼女が氷を操れる理由は、漫画版内に収録されたインタビューによれば
「高速で振り出される槍は、カマイタチを起こして一瞬の真空状態を作り出し、その真空が空気中の水蒸気に凝固させていく」
との事。 それなんて泰山天狼k(ry

『一幕』では、概世を守矢が殺したと思い込んで守矢を追いかけようとする楓を止めようとするが、
しかし楓は家を飛び出し、守矢も一切楓に容赦せず斬りかかろうとするなど、彼女の苦労そっちのけ。
ただしドラマCDでは楓と共に旅をしている、『NBC』の楓EDでは彼と一緒にいる事から、楓も非を認め、互いに和解できた様子。

「わたしには時間がないの……」

『二幕』のラストでは彼女の正体が、嘉神慎之介によって開かれた地獄門を封印するために必要な「封印の巫女」であることが明かされ、
その運命を受け入れた彼女は自らの命と引き換えに、四神たちの協力の下、地獄門を封印させた。

参考動画

月華の剣士におけるヒロイン的立場なのだが少々扱いが残念とも言える。
  • 一幕では強キャラだが二幕は下方修正されあっけなく最弱キャラ になってしまう
    (隠しである覚醒前の楓も最弱クラスだが、覚醒「力」は上の部類)。
  • 封印の巫女の使命だから仕方ないとはいえ、二幕のサブタイトルが示している通り、
    ほぼ全キャラのエンディングが彼女の死で幕切れ
  • さらにあるキャラのストーリーでは物語の途中で 無惨に殺されてしまう

尤も、強キャラが続編で極端な弱キャラに調整されるのはSNKではよくあることであるし、
非業の死を遂げたり悲劇エンドを迎える女性キャラもSNKでは珍しくない。
ただ『月華の剣士』は二幕で終わってしまっているため、
他のキャラにはあった救済や復活といったフォローがないのが雪の辛いところである。
またヒロイン的立場でありながら義兄義弟他の女性キャラが外部出張する中、
兄弟としても、女性陣としても長らく出演機会が与えられなかった。
SNK女性キャラと恋愛ができる夢のSLG『Days of memories』シリーズにおいても、
9作目であかりが会話イベントで名前を出す以外は影も形も無い。
しかし『SNKギャルズアイランド リズムコンボ 油断しないで!』にてついに登場。
シスター姿や水着姿(白ビキニ)を披露している。

外部出演にこそ少々恵まれていないが小説版や二作出ているCDドラマではどちらもヒロインとして活躍する姿が描かれており、
出演作である月華の剣士内では(性能面を除いて)きちんとキャラとして大事にされていることは確かだと言える。
ネタの範囲ならともかく、それを越えて過剰に不遇、冷遇と言い立てるのは自重しておこう。

こうした薄幸ぶりが逆に「守ってあげたいor守られたい願望」を掻き立てるのか、本スレには隠れファンが多数生息しているようだ。


原作での性能

・1幕
ぶっちぎり・・・とまでは言わないが、最強に近い位置に属していた。
全体として通常技の性能が高く、小足からの目押し連続技も可能。
又そこから繋げる技として確定ダウンが取れる「強瞬雪斬」、逆にダウンさせずに有利なまま2Cの下段、B+Cの中段コマンド投げ
三択を継続できる「弱瞬雪斬」(無論小技から繋がる)、火力が高く確実にフルヒットさせられる「雪風巻」等が存在。
更に昇龍やその他追撃、そこからの攻めの継続が可能なコマンド投げ「垂斬」と、
おおよそ必要な技が全て揃っている上に性能が高く、分かりやすく言えば器用万能的なキャラであった。

・2幕
こちらは逆に最弱街道を突っ走るようになってしまった。
一幕と違い常にジャンプしているようなバッタゲーなのにとっさに使える空対空技が無いんじゃそうもなるね、しょうがないね。(ジャンプ攻撃が全て発生2桁以上)
上記と同じぐらい致命的だったのが瞬雪斬の発生鈍化。これのせいで地上コンボ火力がごっそり無くなってしまった。
また超奥義として「雪風巻」の代わりに搭載された「樹氷」は、
密着時からちょっとでも距離が離れていた場合カス当たりして不利&殆ど減らない可能性があるという劣化ぶり。
ボタン連打でダメージを増やすことも可能だが、威力が高くなるというか連打前提のダメージ設定である。
通常技も全体的にリーチが減らされてしまった(特に顕著なのがジャンプ弱斬り。斜め下突きなのだが刃部分に攻撃判定が全く無い)。

一応、1幕時より強化された部分や強みもある
(既存技の単発火力は全て上方調整、4A→4Aや4A→5A目押しが可能になる、氷刃の動作高速化、示源・嘉神並に高い乱舞打ち上げダメージ)のだが、
弱体した部分と元々弱かった部分が実に巧妙に噛み合いそれらの利点を見事に潰し、
実際要素を見てみると超奥義と瞬雪斬、あと一部の通常技リーチ以外ほとんど弱化されてないのにも関わらず、三強から二弱への転落を成し遂げてしまった。

上記の通り単発火力自体は平均よりも高い為、JB始動が出来れば5B→弱瞬雪斬→昇華樹氷で6割取れて上々。
が、このゲームは飛び込みを地上食らいする場面がほとんど無く、弱始動コンボでダメージ取れないことには始まらないので…
(逐一目押しがシビアな4A×2→5A→弱霜華でも2.5割しかいかない)
ちなみに弟君(覚醒後)は目押しがそこそこ楽で小技からノーゲージ3~4割である。何この格差ry

同じ弱ランクでも刹那にはロマンがある為かそこそこに使用人口は多いのだが、
二幕ではもはや彼女を使う人は一幕から愛している人か舐めプレイかのどちらかである。ひどい話だ。
ストーリー的には超重要キャラなのに……って、どっかで聞いたような話人気のことは言うな
コンナ…!トコロデ…


MUGENにおける雪

DOS時代から多く製作されているが、現在正式に入手できるのはエス氏と大垣氏のもの。

+ 参号氏製作・一幕+二幕仕様
+ AYA氏製作・アレンジ仕様
+ amago氏製作・二幕仕様
+ エス氏製作・原作再現仕様……
+ nana氏製作・一幕+二幕仕様+アレンジ
+ 119way氏製作・KOFアレンジ
+ エス氏製作・一幕+二幕仕様
+ 大垣氏製作・二幕仕様

また、改変キャラとして、Sepher氏製作のJudithというキャラも存在している。

英字(YUKI)の所為か、特殊イントロ人違いされることがある。
海外では「YUKI(LB)」と「YUKI(NBC)」で区別される。
(「LB」は月華の海外タイトルである「Last Blade」の略)

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー



「これも定め…悪く思わないで」