泉こなた

「貧乳はステータスだ!希少価値だ!」
+お覇王なイラスト
誕生日:5月28日
血液型:A型
身長:142cm
利き手:両利き
胸ランク:極小
在住地:埼玉県

美水かがみの漫画『らき☆すた』の主人公。「いずみ-」。
薄い青紫色(アニメでは水色)の超ロングヘアに大きなアホ毛の女の子。
常に眠たげな緑色の眼に猫口。左目の左下に父親譲りの泣きぼくろがある。
小学六年生の時から身長体重が一切変わっていない低身長で幼児体型。
声優はドラマCDや初期のゲームでは広橋涼氏、アニメ版以降は平野綾氏。

幼少期に母親を亡くしており、現在は父の泉そうじろうと二人で暮らしている。
原作第2巻(アニメでは第14話)からは従妹の小早川ゆたかが、
第7巻では海外からの腐女子な留学生パトリシア=マーティンが同居人として加わる。
その結果、泉家でオタク趣味が無いのはゆたかだけになり、ディープな会話に置いてけぼりにされたり、逆に洗脳されてきたりしている。
ゆい姉さん及びかなたは頭を抱えているに違いない。

典型的なオタクで、ゲーム(主にギャルゲーやエロゲー(物語途中までは18歳未満だが))やアニメに読書(漫画)が大好き。
アニメ版では、カラオケで一発目に『宇宙鉄人キョーダイン』を歌うくらい古い特撮も好きなようだ。
(ただし、あまりに古すぎるとわからないことも多く、年季の入ったオタクである父との会話ではたまに顕著になる)
これらの趣味は父の影響で、そのためエロオヤジ的な思考・言動が多い。
また、後輩の田村ひよりによると「(月姫キャラに例えると)アルクェイド」だそうである。
(なお、他のメンツはかがみ=秋葉、みなみ&つかさ=翡翠琥珀、みゆき=シエルらしい)
ちなみに、ドラマCD版でのみなみ役の声優は松来未祐(翡翠と同じ)だったりする。

得意科目は体育(「得意」なだけで好きというわけではない)で運動能力抜群だが、
ゴールデンタイムのテレビアニメが見られなくなるという理由から部活はしていない。
ちなみに絵心は皆無で、それを見た親友の柊かがみも怒りのあまりに火を吹いたほどだ(その時のこなたの描いた絵にそっくりな顔で)。
が、最近はそうでもなくコンプ系統の雑誌に読者投稿のコーナーで描いた絵が載る事もあって後輩の田村ひよりに羨ましがられたりしている。
ちなみにこれは作者である美水かがみが「泉こなた名義で書いた絵」であり、実際の雑誌に泉こなたの名で掲載されている。
(勿論あくまでこなたが描いた絵なので美水かがみ本人の画風とは全く異なる)
え? その前に懸賞ハガキに上手いイラストをつけてた? 過去の事は忘れろ。

アニメやゲームなどから影響を受けることも多く、
小学生時代はその時々にハマッていた作品に合わせて「将来の目標」がコロコロ変化している。
ページ冒頭の有名な台詞も、元々はエロゲー『SHUFFLE!』の麻弓=タイムの台詞であり、
この台詞を真に受けて、自分の幼児体型に対してポジティブに考えるようになった。
(なお『SHUFFLE!』ファンは こなたの台詞扱いをされるのを嫌っているので注意。こなた自身もゲームからと言っている。
 ただし、麻弓は完全な負け惜しみポジティブ的な言い方はしていないが)
また時には『マリみて』の影響で極端な“お嬢様風”の言動になり、柊姉妹を唖然とさせたりもする。
そして挙句の果てには、KANONの第一話が遅刻の言い訳に使われている。
誰に対しても毒舌で思ったことをすぐ口に出すため、しばしばかがみ等の怒りを買ったり突っ込まれたりしているが、
根は結構友達思いであり、また、母親と早くに死別したからか、母親に対して思うところもあるようである。
かなた(母親)は作中でも幽霊として度々登場しているが、こなた達は霊感が無いのか全く気付いていない。

格闘技の経験があり、クラスメイトである柊つかさに詰め寄っていた外人を撃退したことがある。
その外人さんは単に道を聞きたかっただけだったらしいが…………。
アニメ第1話ではその外人さんがガイル似になっており、こなたは竜巻旋風脚を使って撃退していた。
ちなみに、習っていた格闘技は公式ガイドブックによると「わりとよくある合気道系」らしく、決して陸○圓明流や○神影流などではないとのこと。
…アニメで竜巻旋風脚を使っていたのを考えるとマスターズ流空手かもしれない。必殺技は教えてないはずだが
また、格ゲーも割とする方(天才的腕前というわけではない)で、ストIVのロケテやSFC版ストIIをプレイしている描写が単行本6巻で存在する。

MMORPGもかなりやりこんでおり、ゲーム内フレンドに担任の教師が居たりする他、
ゲーム内で結婚したりもしている(ただし、こなたの男キャラと男性プレイヤーの女キャラ。アジア系MMOではよくあること)。
うっかりレア武器拾って寝不足になってみたりとかもする。
また、虚偽の忌引を悪用して学校をずる休みしてゲームに興じていたらしい描写もある。
学業に関してはご覧のとおりの有様で、授業中に眠くなって担任に制裁を喰らったりしているが、
クイズ系ゲームのように、アニメやゲームに関連付けされると途端に記憶力や思考力が跳ね上がるという都合のいい部分もある。
コミケは無論常連で、コミケの歩き方や分担購入も手慣れた様子。作中で明言されてはいないが、
年齢制限のあるゲームもやっているような場面がある。
反面、ライトノベルのような小説を読むのは苦手で、友人の柊かがみが度々お勧めの作品を勧めようとするが毎回断っている。
また、WOWOWに無料放送があることを知らず殆どのアニメを見逃したりするなど、オタクとして完全無欠であるわけでは決して無い。

このように一見まるでダメなオタク少女であるが、父と二人暮らしをしてきたせいで家事全般、特に料理には慣れており、
調味料の割引セールを見逃さない等主婦じみた面もある。
また、なんだかんだでゆたかの面倒はしっかり見ており、よいお姉さんであることは間違いない。
というか、最近はこなた以外の登場人物も個性を爆発させることが多くなってきており、
連載当初はボケ役だったこなたがツッコミに回ることも最近では多くなってきている。

余談だが、アニメではアルバイト先のコスプレ喫茶で長門有希似の人物が一緒に働いていたり、キョン似の常連客がいたりする。
どちらも本人とは明言されていない……というか設定上は「コスプレウェイトレスとなりきってる客」なのだろうが。
こなたはこなたで涼宮ハルヒのコスプレしてるし。

高校卒業後は日下部みさおと同じ大学(ちなみに学部も同じ)に進学。また、峰岸あやのの通う大学も地理的に近い。
基本的には大学内での話は描写されず、登場する時はゲームしたり漫画読んでたりと自由であることが多くなった。
なお、あやのの事は「あーや」と呼んでいるが、自分がCV:平野綾だからだろうか。
また、かがみやつかさらとは学校が離れてしまったが、現在でも仲がよく一緒に遊ぶことが多い。

キャラクターの外見モチーフは『灼眼のシャナ』のシャナ
髪の色と泣きぼくろを変えれば、体型やアホ毛まで同じなのでわかりやすい。
ただし、性格に関しては全然別物である。

(以上、wikipedia等より引用)

ニコニコ動画での扱い

アニメ版の中の人つながりで涼宮ハルヒとからむ動画が多く、ハルヒの言動がこなた化することもしばしば。
他にも台詞を編集して下ネタを連発したり、CMの顔のどアップを様々な顔に書き換えられたり
寄生生物になったり、苗字つながりでチャージマンに変装したり、中の人と関係ないキャラの声と顔までこなた化したMADまである。

また、『らき☆すた』が10周年を迎えた記念で『艦これ』とまさかのコラボを果たした。
ゲーマーズ限定の単行本の表紙にて顔付きと体型が似ている島風のコスプレをこなたが披露し、連装砲ちゃん達の顔もそれぞれかがみ、つかさ、みゆきになっている。
この影響からニコニコ動画では「らき☆すた」のキャラを艦娘に書き換えた動画が存在し、
静画でも他のキャラを手描きで艦娘化したイラストが投稿されている。


『らき☆ばと』のこなた

PS2用ADVゲーム『らき☆すた 陵桜学園桜藤祭』の予約特典としてPC用格闘ゲーム『らき☆ばと』が付属しており
MUGENではこれを再現したこなたがいくつか存在する。

波動拳昇龍拳かめはめ波など、格闘ゲームや少年漫画のパロディ的な技が多い。
昇龍拳っぽい技の名前が「見てから余裕!」だったりと小ネタ的な部分にも力が入っている。
(その技名の影響か、CPUとして登場したときにはウメハラも真っ青の超反応ぶりを披露している)
が、いかんせんおまけゲームなので技のレパートリーは少ない。

超反応に加え体力が減ると強化するのでパターンにはめなければ勝つのは難しい。
対CPUこなた攻略動画がいくつも上げられているほど。
永久コンボ




「2ゲットぉ~」


MUGENにおける泉こなた

+お家氏製作 『らき☆ばと』仕様
  • お家氏製作 『らき☆ばと』仕様
高い火力を持ち、波動昇龍キャラであるため案外強い。
また、AI時は昇龍拳が無敵&隙無しになるなどの特徴も持つ。
柊・竹・梅氏がAIを公開していたが、本体にAIが搭載されて以降は公開を終了している。
AI公開当初は永久(即死)コンボが搭載されていたが本体のバグと判明し、更新後は一気に弱体化した。

その後本体に原作再現AIが搭載され高火力のコンボを確実に決めてくるようになり、かなり強くなった。
ちなみに設定によって原作再現モードにもできる。
現在は本体も公開停止。

+にゃん☆鬼龍氏製作 『らき☆ばと』仕様
  • にゃん☆鬼龍氏製作 『らき☆ばと』仕様
氏のサイトがトクトクのサーバー障害復帰後に消滅したため、現在入手不可。
『らき☆ばと』を再現した上で、格ゲーらしいシステム、演出、オリジナルの必殺技・EX必殺技・超必殺技などが追加されたアレンジキャラ。
新技だけでなくボイスカットインなどもかなり追加されており、見ていて楽しいキャラに仕上がっている。
St-Exupery氏によるAIも存在する。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6138338
拾う事で回復できるコロネやメロンパンを投げたり(元ネタはファウストのチョコレートやドーナツだろうか?)
踏むとバナナの皮のごとく滑るセバスチャン(白石氏)の生首等の飛び道具が増えているが、セバスチャンは自分見方が踏んでも滑る
他にもタケコプターふもっふアニメ版のワンシーンがふんだんに取り入れられている。
BGM同封でステージも公開されていた。
+Sennou-Room氏制作 『らき☆ばと』仕様
mugen1.0以降専用。
海外の製作者によって作られたものであり、システムは向こうではお馴染みのPotS風。
ただし攻撃は6ボタンではなく弱中強の3ボタン。
にゃん☆鬼龍氏と同じく必殺技・EX必殺技・超必殺技やボイスの追加がされている他、
チェーンコンボが搭載されており、コンフィグをいじることでカスタムコンボとMAXモードの選択ができるなど完成度は高い。
動きの大本であることや、同じくpots式のキャラがいることから、リュウをほうふつとさせるキャラになっている。
AIは簡易なものが搭載されている。
+製作者動画(youtube)
+汚レ猫氏製作 手描き
  • 汚レ猫氏製作 手描き
ニコニコ動画では稀に「 青いゴキブリ 」と呼ばれることがあるのだが、
粗いドット絵に反して凄まじいスピードでカサカサと縦横無尽に動き回る姿はまさにゴキブリそのものであり、製作者も認めている始末。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2345473
ただしこれは旧バージョンの話。

新バージョンはドット絵は上方修正、スピードは下方修正されている。システムはメルブラ風。
そして勝利台詞が全90種類用意されている(旧版は15種類。ちなみに同氏の後のキャラは全100種類)。
新バージョンには同氏のシャナと同じく、隠し技としてレリプカントコンタクターが存在した。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4388910
2010年の更新で性能が大きく変更。
まず、シールドやブラッドヒート、ラストアークなどのメルブラ風システムが削除。
レリプカントコンタクターも削除され、「ファイナルアーム」が追加された。
これは特定の技を当てることにより画面の『FINAL ARM』の文字が埋まっていき、完成すると一撃必殺技が出せるというもの。
1文字埋めるのに2~3回攻撃が必要で、更にラウンドを跨ぐと2文字消えるので開幕テーレッテーとかは無理。
更にカットインが比那名居天子を改変したものに変更され、AIが抜かれる。
現在、新旧共に公開終了(フリーティケットシアター終了による)。ただし『らき☆ばと』ドットのこなたが登場してからは、動画での出番がまるで無い。

2014年3月14日に海外のejanho氏が自作AIを搭載した改変版をOneDriveで公開した。
例によって超強いが、AIで変数を弄ったのか MUGEN1.0専用 となっているので注意。
Attackの値を100から5~10くらいに下げる と、相手をいくらコンボでボコろうともライフゲージは
カスリ傷程度なので、見る見るうちに『FINAL ARM』の文字が完成。これで同ラウンド内での
一撃必殺の発動が可能になるので、どうしても「ファイナルアーム」見たい!という方にオススメ。
但しあくまでejanho氏改変版での話なので、間違っても汚レ猫氏版でやらないように。
+Zorc氏製作 手描き
  • Zorc氏製作 手描き
製作者はスペイン語圏の方のようだ。
リードミーによると、画像は弓塚さつきアルクェイドシオン春日野さくらケンがベースとのこと。登場時にはキャミィをベースにしたと思わしき画像も使用されている。
MUGENにいるこなたの中では頭身が一番高い。
パンチとキックがそれぞれ弱・中・強に分かれている6ボタンタイプ。
イントロでガイル禊っぽい構えで葬ることがある
必殺技は波動拳昇龍拳竜巻旋風脚、そしてガイル飛ばし。
さくらがベースだからか、昇龍拳や竜巻旋風脚でのスカートのガードが甘い。
スペイン語圏のあるフォーラムで公開されたが、現在はそのフォーラムが消失した模様。
+Youtube
2010年3月に更新されて、対戦相手がガイルの場合は特殊イントロナッシュが登場するようになった。
あと大ポートレートが手描きでなくなった。
AIが無いので、動画での出番も無いだろうと思いきや、しっかりあったり(更新前)。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13335584
+FA-007GIII氏製作 こなた&かがみ
  • FA-007GIII氏製作 こなた&かがみ
CVS2チャンチョイの様にこなたがメイン、かがみがサポートになっている。
ちなみに氏のこだわりでこなたは広橋涼女史、かがみは小清水亜美女史と
初代声優陣のボイスが使用されている。
体操服姿で戦い、こちらも原作準拠なのか下はブルマである(アニメ版ではハーフパンツ)。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8666370
標準のAIは搭載されてなく、連絡手段が無いために外部AIやボイスパッチ等を公開できないことから大会での出番も今のところ無し。
紹介動画やプレイヤー操作系の動画も存在しないため、このキャラを知らない人も少なくない。
+Noah氏製作 手描き
Noah氏製作 手描き
MUGEN1.0専用
海外製作者Noah氏による手描きのこなたで公開は2013年12月。
魔法少女キャラを数多く手掛ける氏にしてはなかなか珍しいチョイス。
いわゆる波動昇竜タイプだが、波動拳が「チョココルネ」型だったり、
中の人つながりで涼宮ハルヒに変身したりと見てて非常に楽しいアレンジ
が盛りだくさんなキャラ。
作者による優秀なAIも搭載されており、かなり強い。
DLは氏のOneDriveから(別名義だが)。


ニコニコではそれなりに人気のあるキャラで、MUGENでも「ロック・ボガードの憂鬱」や「無限交差」などを皮切りに出番は増えているが、中の人が同じ涼宮ハルヒ明石薫に比べると少ない方で
もしかしたら、本人単体での登場よりもチョイヤー氏のハルヒのストライカーとして出てくることのほうが多いかもしれない。
どうしてこなた!

他には『らき☆すた』のアニメ版のオープニングで四人が踊ったオレンジ色の背景や神社・学校・駅前などがステージとして作られており、
どぶろく氏のネコアルク・カオスブリス技を使うとこなたの姿(2Pカラーではシャナ)になる。


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
削除済み

プレイヤー操作

出演ストーリー

+...