ゴンザレス


「いい腕をしている。しかし、まだまだ練習が足りんな。」

「努力することだよ、ボーヤ。」

狂ボスで有名な格闘ゲーム、『カイザーナックル』の中ボス……いや厨ボス。「クロノトリガー」の方はこちら
↑の台詞は綺麗な年上のお姉さんあたりが言いそうな台詞だが、実際はロシア出身の髭面モッサリと名前通りむさ苦しい格闘家である。
生身の人間にも関わらず、ストリートファイターEXのザンギエフのメテオコンボ「コズミックFAB」に先駆けて生身で大気圏離脱・突入をしながら投げる偉人。
ジェネラルの陰に隠れて目立たないが、彼もまた凶悪なボスキャラとして格ゲーマニアの間で語り継がれている。
見た目は明らかに柔道家だが、実はサンボの使い手。
まぁ、講道館柔道を元とした格闘技ではあるが(元KGBなロシア首相に名誉段位が送られたのも、これが理由)。
ボスキャラにもちゃんとバックストーリーがあり、彼の場合はターニャという婚約者がおり「ソ連の分裂後に故郷に帰ったまま内戦に巻き込まれ行方不明」であると、雑誌「ゲーメスト」にて明かされていた。戦いに参戦したのもターニャの消息を掴むためである。
ちなみに『断仇牙』では、ゴンザレスのEDで優勝賞金を手に入れたあとターニャを捜して内戦地に足を踏み入れると言う終わり方を迎える。

他にも同作では暴走バルログも真っ青のスピードを誇る厨ボス、アステカも存在している。
ジェネラル以前に、彼等で挫折するプレイヤーも少なくなかった。
ちなみに、彼等をある条件クリアで倒すと晴れてジェネラルとの一騎打ちとなるが、あまりにもそこまでの道のりが難しいため、
大抵のゴンザレスやアステカに勝てる腕前の人は、知らないうちにその条件を満たし、ジェネラル戦に進んでしまっていた。

そもそもこのカイザーナックルというゲームでは、CPUが超反応で行動してくるうえに、
一部のキャラが後半にCPUとして登場すると手が付けられなくなるため、
最初に戦う順番を選ぶ時点で最適な相手を選択し、後半のランダム戦では「嫌な奴が先に出てくる」ことを
祈るしかないという仕様が存在する。

そのガチガチのパターン攻略と運ゲをクリアして初めて現れるのがこのゴンザレスであり、
ゴンザレスの攻略方法は「とにかく地上に居ないこと」(地上に居ると投げられるから
しかないというあたりからして同作品のヤバさが窺い知れる。

+ ゴンザレスの強さの秘訣

ジェネラルを「診断結果:即死」にまで至らしめられるのは、恐らく彼くらいのものだろう。

その吸引力は大門五郎や初代ストIIのザンギエフ、そしてあのきら様をも超越するほど。
全地上投げの類を除けば、間違いなく格ゲー史上最長の投げ間合いである。
もっとも、吸い込むというよりはむしろゴンザレスの方が瞬間移動して投げると言った方が正しい。
その速度はトキの北斗無想流舞にも引けをとらない(むしろ上回ってるかも)。
おまけに攻撃判定を持った前方回転受け身は、他と比べられない程の異常な無敵性能ぶり。
実はこいつが黒幕なんじゃ…おや、誰か来た様だ…
『カイザーナックル』ではCPU専用キャラだったため、まともなコマンドが割り振られていない。
そのため、通常は複雑なコマンド入力を要求されるコマンド投げも方向+ワンボタンで出るというお手軽っぷり。
なのでいわゆる改造でのプレイでは楽に投げまくることができる。

続編『断仇牙』ではプレイヤー用の調整を受け、
コマンドが複雑になったり回転受け身の攻撃判定がなくなったりしている(ただし無敵時間は増えている。)。
驚愕の吸引力にも調整が入り、
大車輪投げは「間合いが広いが威力がやや低い」、大竜巻落としは「間合いが若干狭いが威力が高い」と調整されている。
どちらの投げも、間合いはカイザーナックルと比べると断然狭くなった(それでも同作品の他のキャラよりは全然広いが)。
しかし、ゲーム自体が諸事情で市販されることは無かったため、
ゴンザレスをプレイヤーキャラとして使用し、吸引力を実感できたのは、一握りの基盤入手者のみであった。
他にも最終奥義として「超銀河投げ」が実装されている。
この技で宇宙空間まで相手を投げ飛ばすゴンザレスを見ることができたのもごく一部の人間のみであった。

CPUのAI自体は超反応だが、対空に使える技が少ないことと、空中からの攻撃へのCPUの対応が少々甘いことから、
「投げられないようにジャンプをしながらヒット&アウェイを繰り返す」ことで、ある程度は倒せるらしい。

ところでなぜロシア人なのにスペイン語圏の名前であるゴンザレスなんだ?
という疑問はこの投げ間合いに比べたら何、気にすることはない

ちなみに原作でのジェネラルとの実際の相性はどうかと言うと
先述の前転でジェネラルの3Wayをすり抜ける事は出来るが、前転終了の隙を突いてワープ→投げで延々とハメられる為
プレイヤー同士ならジェネラルが圧勝すると言う…汚いなさすがジェネラルきたない。
ジェネラルの強さは対応の幅の広さと圧倒的なまでの隙の少なさもあるから
ゴンザレスが延々とハメられる様子(9:28の試合から)

MUGENにおけるゴンザレス

上記動画のうp主のseki-rou氏によってゴンザレスが製作された。
現在はVer.1.10とのことだが、その脅威の吸引力はほぼ原作どおりで、画像で説明するとこんな感じ。
ありえん(笑)
比較対照はジェネラルさんにお願いした。ちなみに、MUGENの投げ間合いは判定の大きさ以外に、
トリガーに用いるP2BodyDist Xの設定も関係してくるため、判定の形だけならもっと大きいキャラもいるにはいるが…
ゴンザレスの場合本当にこの距離で投げてしまえる。

攻撃力もほぼ当時のバランスのままのため、根性値などが設定されていないキャラだとほぼコマ投げ三発で終わる
(MUGENでは標準的なライフ、防御力の相手に対して300ダメージ、つまり3割なのでぴったり三発で倒せるキャラは限られる。
まあ原作でもキャラによっては三発じゃ倒せないしね)
更にCRUSHゲージ(カイザーナックルのゲージシステム。満タンだと必殺技の威力アップ)も搭載されており、貯まっていると大竜巻落とし1発で5割~6割ほど減る。

ジェネラルズカンフーマン2008でおなじみのBK氏によってAIが製作された。
レベル1でもなかなかの強さを誇り、前転をガードするとほぼ確実に「大竜巻落とし!」と投げを決めてくる。
ただし、勘違いされがちだが、原作と同じく前転は完全無敵ではないので、付け入る隙はある。・・・たぶん。
また、AILv10で大体原作レベルだが、それでも並みの凶キャラに勝ててしまい、
AILvを11以上にすると、前転の無敵時間がさらに延び、超反応になる。
また、逆にコレとは別に、前転を使わせないAI設定もあるらしい。

ひそかにブリス技に対応しており、食らうと同名のキャラに変わるという風変わりな対応をしている。
彼がブリス技を食らった貴重なシーン(8:28~)

また、カッ昏倒氏によってエフェクトなどが原作に近くなる改変パッチが公開されている。
性能自体は変わっていないため、BK氏のAIと併用することも可能。方法は付属テキスト参照。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18011241



狂キャラ審査員にも普通に勝ってしまうため晴れて狂キャラの仲間入り。
原作再現で2人も狂キャラを輩出したカイザーナックル…ありえん(笑)
まあボスだから仕方ないんですけどね。
例え投げに強いハイパーアーマー持ちが相手でも、逆に投げられないため、前転連打で無理に突破されてしまうことも。
また同キャラ対戦させるととても面白いことになってしまうので対戦はさせないように。絶対にさせないように。
プレイヤー操作で挑むなら…まあ、頑張れ。
相手との距離が離れすぎると飛び道具や設置を前転ではなく、ガードで固めることも多いので、
その隙を付くことはできるので、下の動画を参考にするのもいいかと。

+ ゴンザレスに挑む時の参考動画

+ だが・・・


他にも改変キャラで、ジェネラル以上に鬼畜な飛び道具を使う「G-gonzales」なるものも登場した。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6489513 ちなみに、同じく入っている「G-gonzales2」のほうが強かったりもする。

他にも、巨大化した「MPゴンザレス」や、やたら増える「ゴンザレ」(詳しくは下で、)なるものも存在する。

そんな最強の尖兵と最強の厨ボスのMUGENでの検証バトルがこちら。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5203110

+ 大会ネタバレ
+ ハラショー!ハハラショーショー!ハララシショー!

「・・・・ターニャ、ここにもおまえはいない・・・・
いつになったらおまえに会えるのだろう・・・・」

MUGENではステージがどんな場所にもかかわらず上記の勝利ゼリフを言うので、ネタになりつつある。
いくらなんでも 火事場や海底や宇宙空間にターニャはいないと思います

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー


その他