ZAKO-DAN

ギルティギアイスカ』のGGBOOSTモードで出現する三種類のザコ敵をミックスしたキャラ。

原作でのザコ

一応格闘ゲームだった本編とは違い、ファイナルファイトのような感じで進んでいくアクションゲーム『GGBOOSTモード』にザコ敵として出てくる。
…が、彼らは全員投げ・(ライン移動はできるが)ライン移動攻撃・飛ばし攻撃・受け身といった格闘ゲームの基本的な行動すら取れないのだった。
  • ややイケメン青年、Aさん
必殺技はサマーソルトキックに似た『剛天雷撃キック』ただ一つのみ。ガード一切不可能。通常攻撃は立ちパンチ&キックのみ。
しゃがみやジャンプ(二段ジャンプ)自体はできるが、この間は攻撃ができないので回避ぐらいにしか使えない。

  • たくましいマッチョ男、Bさん
必殺技はそのまんま体当たりする『魔人撲滅タックル』ただ一つのみ。 ジャンプが不可能 。通常攻撃がキックとしゃがみキックのみ。
ガードはできるが、ジャンプできないので空中ガードはない(いらない?)。

  • 長い爪をつけた女性、Cさん
彼女のみ必殺技が2つある(飛び道具の『光臨疾風波』、中段技の『落桜龍神スパイク』)他、前方限定だがダッシュ・空中ダッシュできたり、
地上空中双方でガードできたり、通常攻撃も他2人の倍(4種類だけだけど…)と比較的恵まれている方(他の2人に比べればだが…)。
彼女もA同様空中攻撃できないので、二段ジャンプできても空中攻撃とかはできない。


MUGENにおけるザコ

  • 蒼月氏製作「ZAKO-DAN」
蒼月氏が製作したものが存在する。
カンフーメンのような集団系キャラであり、本体となるザコの他にも
2体のザコが出現して自動で攻撃を行う。
原作通り、Aは蹴り、Bは突進、Cは飛び道具を得意としている。
本体以外のザコは倒されても復活するため、本体をKOしなければ試合終了にならない。
何より厄介なのがタッグ戦の時。たとえ本体が倒れてもタッグの相方さえ生存していれば、
残り2体のザコは依然として攻撃を続行する ところが本体・分身共倒れのカンフーメン系と
決定的に違うポイント。
本体はキャラ決定時に押したボタンで決定される。Aボタンを押せばA、と言った感じ。
さらに試合中に操作できるザコをチェンジすることも可能だが、一試合につき三回までが限度。

原作にはない覚醒必殺技がそれぞれ1つずつ追加されている他、Aに関しては下段技の「スライディング」が追加されている。
ちなみにこの技は本来、別のザコが使っていたものであるがそのスプライトに関しては頭部が異なる以外においては体型がAのものと完全に一致しているため、
頭部をAのものに上手く描き換えることでこの技の搭載が実現したものと思われる。
しかし、やはり原作通り使用できる技はとても少なくガードに関してはやっぱりBは空中ガードができず、Aに至ってはガード自体ができない
もし自分で操作する場合はガード可能なCを使うといいかもしれない。
また、一方向から攻めると防御性能の低さからまとめて返り討ちにされることがあるため、
上手く挟み込んで数の暴力で攻めれば強キャラにも対抗できるかもしれない。

その名に違わず、ストーリー動画では敵方のザコとして使用される確率が高いキャラである。
だが、前述の特性のおかげか意外にも敵の大将よりも長い間生き延びたりすることも………

  • Zako-1氏製作「ZAKO-C」
Zako-1氏が製作したCさんだけのものも存在する。
本体以外にも分身が4体現れ、5対1のハンディキャップマッチを強いられる。何故か本体の方が白く光っており、
分身との区別は上記のものよりは容易。こちらも攻撃パターンは爪パンチとキックのみ。
シンプルイズ・ザ・ベストにも程があるが、それでも5対1はかなりキツい。
DLは氏のサイトから。

出場大会

削除済み

出演ストーリー

+ ...