バグジー


星のカービィシリーズに登場するクワガタ虫のような姿の中ボスキャラクター。
『夢の泉の物語』より登場し、その後も『スーパーデラックス(以下SDX)』および各作品のリメイク版に登場。
投げ技を得意としており、大アゴに捕まるとプロレス技で叩きのめされてしまう。
このほか飛び道具として小さな虫を放ってくる。
この虫は吸い込むことが可能で、まとまっているおかげで2匹同時に吸い込み易いので強化星型弾生成のいい練習になる。
また、今となっては浮遊している中ボスは珍しくないものの『夢の泉』時点では唯一飛行能力を持つ中ボスであった。
これを買われてか『あつめて!カービィ』のSTGミニゲーム「空中探検隊EOS」にも登場している。

コピーできる能力は夢の泉では「バックドロップ」、SDXでは「スープレックス」となっている。
どちらも敵をつかんで投げるという特性で豪快なプロレス技。
スープレックスは特に技の種類が豊富で、投げた敵や弾が相手に当たれば凄まじいダメージを与えられる。
中でも「もうれつストンピング」は、移動しない代わりにその場で高ダメージを発生させ続けるため、秒間辺りのダメージは最強クラス。
(残念ながらUSDXでは弱体化されてしまったが)
ただし、どれも「敵をつかむ」ことが前提であるため、ボス戦では「つかめる対象をボスが都合よく出すかどうか」で
ダメージ量が大きく変わるほか、つかんだ後は投げる以外の行動ができない点にも注意が必要。
「格闘王への道」をスープレックスのみでクリアする場合は判定が小さく動きも読みづらい上、
つかめる対象となるものを出す技が少ないメタナイトが厄介な相手(USDXでは若干緩和されたが)。
一応スープレックスならば、「ピンポイントキック」という非投げ技の攻撃技があるが
ジャンプ中かつ、真下にのみ効果のある技なので、やはり使い勝手が難しい。
更にカービィの場合はホバリングがふわふわした挙動なのですばやく敵の上に回れないうえ、
解除しないとこの技を出せないためバグジーより若干手間がかかってしまう。
ただ、動きの鈍い敵や動かない敵が相手だと強力。下を押しながら攻撃ボタンを連打しているだけで連続でダメージを与えられる。

SDXではバグジー自身もヘルパーとして味方で使用可能
ボンカースと共にヘルパーでは2キャラのみの、中ボスヘルパーとなっており
その分高身長なため、カービィたちのギリギリの高さの通路ではスライディングをして進むことになる(USDXでは普通に通れるようになった)。

余談だが一部の投げ技や水中技「てっぽう水ラリアット」を放つ際は、大アゴをカブトムシの角のように変化させる。
また、『トリプルデラックス』にてカブトムシ型の敵キャラ(ザコのビートリー、中ボスのヘルメホーン)が登場しており、
コピーできる新能力「ビートル」は一部の技の性質がスープレックスに似ている。

アニメ版では第三話に敵として登場したのだが…剣と棍棒を装備したグラディエーター魔獣という妙なアレンジを施されていた。
デデデ大王によって送り込まれ、カービィを襲うが隙を突かれて剣を吸い込まれ、ソードカービィへの変身を許してしまう。
スペアの剣を取り出して二刀流スタイルとなりなお戦い続けたが、最後はソードビームによって真っ二つにされた。
結局最初から最後まで武器で戦っており、プロレス技は一切使うことはなかった…その大アゴは飾りか。
ちなみにこのときのCVは同作のパーム大臣ほか、ドンキーコングガノンドロフなど他の任天堂作品でもおなじみの長嶝高士氏。


MUGENにおけるバグジー

MUGENではカービィキャラでおなじみBIRD氏がSDXのバグジーを製作。
中ボス時のみ使ってくるテントウムシを放つ攻撃がゲージ消費技として使用できる他、
超必殺技としてスクリューパイルドライバーが追加されている。
原作のように相手を掴み、多彩な投げ技で戦う。
ちびキャラであるため、相手の懐に潜り込みやすく投げキャラとしてはかなりの強さだが、
ほぼ全ての攻撃が投げ始動のため投げが効かないハイパーアーマーの相手に対して無力なため注意。
このため、バトルウィンドウズマルク等も原作同様、投げることが出来ない。
また、相手の仕様によっては投げ技の途中で空中受身をとられて投げが決まらないことがある。
現在BIRD氏のサイトは閉鎖され某所に転載されたが、その転載先が管理放棄によるアカウント凍結で完全に入手不可。


出場大会