オロ


「天の機を読み、地の相を知る

  干物をおいしく作るコツじゃ」

「こう見えてもワシは昔

    ロンゲでモテモテやったんじゃよ」



身長:161cm
体重:71kg
血液型:不明
誕生日:不明
出身国:不明
好きな物:うまいもの
嫌いな物:退屈

「暇つぶしにはなるかの・・・」


III1st・III2nd
遠くの開口部からもれ聴こえる水音。それさえ聴こえなければ「この洞窟の時は止まっている」と言っても信じる人がいるかもしれない。
仙術をきわめたと感じたのはいつのことだったか定かではないが、それ以来この洞窟で暮らしつづけて長い年月が流れたようだ……。
「何でもできる。仙人に不可能はない」というので仙人になろうと頑張ったが、なってしまうとこれが、何をするにもばかばかしくてやる気が出ない。
人間、絶対できるとわかっていることを一生懸命やるヤツはいない。「ダメかもしれない……もっとできるかも……」と思いながらがんばるのがいいのだ。
「だから楽しかったんだな修行の日々は……。弟子をとってみるか」
オロは思った、自分のことなら思いのままの仙人でも、他人のこととなればそうもいかん。
「そうじゃ、そうじゃ、弟子をとって遊ぼう、いや鍛えよう。なんだか知らんが燃えてきたわい」
仙人オロはつぶくと、旅支度をはじめるのだった。
齢140歳をこえ、仙人としてはまだまだ未熟なオロであった。
III3rd
「……暇じゃの〜」オロの退屈は極限に達していた。
若手ファイターを勝手に弟子入りさせてもみるが、どいつも長続きしない。
ある日、たまたま興味をひく俗世の噂が耳に入った。
「謎の組織に、拳を極めし者か……ま、それなりには遊べるじゃろ」

キャラクター設定

ストリートファイターIII』に登場するキャラクター。『1st』より登場。流浪人の口癖とは関係ない。
担当声優は『1st』『2nd IMPACT』ではアナカリスサスカッチ等を演じた徳丸完氏。
『3rd STRIKE』以降は仮面ライダークウガの杉田守道刑事等を演じた松山鷹志氏。

ブラジル・アマゾン奥地の洞窟に隠れ住む超人的な能力を持った仙人
上記にあるように格闘家時代「仙人になればなんでも出来る」という言葉をそのまま信じ、苦難の末に見事その願いを成就したはいいのだが、
遣ること成すこと何でも出来すぎてしまい、退屈な日々を送る羽目になってしまった。
格闘に関しても極めきっているらしく、誰も勝てないからとついにはハンデの意味合いで右腕を自ら封印してしまう。
相当の年月を生きているらしく、130~40歳を超えているらしい。
ちなみに 年上の女性が好み らしい。そんな女性そうそういて……いるところにはいるが
人種は不明だが、日系人(日本から来た忍者の末裔)との噂がある。

少々とぼけた性格のようにも見えるが、執着心が希薄なだけで全ての面において常人の数倍の能力を持ち、神通力怪力を駆使して戦う。
片腕は封印したまま戦うが、『3rd STRIKE』からは一部のスーパーアーツで一時的に腕の封印を解く。
日常生活上では、食事時だけ片腕の封印が解けるらしい。
また睡眠から覚めた際にどちらの腕を封印していたのか忘れてしまい、封印中の腕が左右逆になってしまう事もあるようだ。
封印を解いたオロは、ストリートファイターシリーズで最強という説もある。
事実、片腕のままでも相当の強さをもっており、
『1st』『2nd IMPACT』のエンディングでは生身で飛行機の外に立ったまま海外へ飛ぶという常人では確実に死ぬ様な無銭乗員をやらかしていた。
豪鬼と対峙した際も彼を若造扱いしており、豪鬼もそれを受け、飲み込んだ上で言葉を返していた。
『V』でのダルシムストーリーモードにサブキャラクターとして登場した際も、
白い鬚をたくわえたダルシムでさえも若造と呼び、そのダルシムからは「仙術を極めた仙人」として尊敬されていた。
また、同作では真似事ながら殺意の波動を扱っており、前述の「設定上シリーズ最強レベル」説にますます拍車をかけている。

退屈を紛らわすための趣味としている「有望なファイターを自分の弟子にして(半ば強引に)共に修行する」は、
そのあまりの過酷さに大抵の人はあっという間に逃げ出してしまうため、
「最近の若い者は……」と嘆きつつ相変わらず暇なままのようである。
『2nd IMPACT』ではヤンを、それ以降ではリュウに目を付け、弟子にしようと虎視眈々と狙っている様子。
また、ショーンからも勝利メッセージで弟子のかけもちを希望されている。

中平正彦氏の漫画作品『RYU FINAL』では、真の格闘家への道に迷いのあったリュウを一蹴し、その際にちゃっかりと(かなり強引に)リュウを弟子にしており、
修行と称して旅に同行し、リュウに真の格闘家への答えを見つけるきっかけを作る等といった重要ポジション(兼解説役)を勤めていた。
その為に序盤にしか出番の無いラスボス最終話にしか出番の無い主人公よりも、かなり出番の多いキャラクター。
ちなみに仙人の力かどうかは不明だが、ポイズンを一目見ただけで男であることを見抜いている。


キャラクター性能

 キャラ性能としては『ストIII』キャラの中でも屈指のテクニカルキャラ。
 波動昇龍的技が溜め技なので溜めキャラっぽいが、
 溜め技以外にも投げ技「仁王力」や、
 ジャンプした後上空から相手を蹴る「人柱渡り」(空中では「人柱登り」)等の技も持っており、
 どこか変わった戦い方のキャラである。
 また『ストIII』キャラ中では唯一の二段ジャンプ持ちで、
 ジャンプの出掛かりの硬直はほぼ無く、動作後に空中ブロッキング出来る為に主力となる。

 しゃがんだ時の姿勢が低い為、攻撃を食らい辛い。
 その代わりに相手に密着からリープアタックを出されると下降中に当たる為、
 容易にスーパーアーツまで繋げられるという欠点がある。
 またダッシュ中に至っては波動拳等の飛び道具を潜ることが出来る。
 しかしキャラ相性の差が比較的大きく、得意キャラには強いが苦手キャラはとことん辛いといった側面を持つ。

「おぬしに当てず おぬしが当たる 夜行魂の極意じゃ」


スーパーアーツはどれも性能がまったく異なり、選んだ技で戦法が大きく変わる。
『3rd STRIKE』からは攻撃ボタン同時押し入力で性能が変わるようになった。

+ 各スーパーアーツの説明

全体的に技のリーチがそこまで長くない反面、技ひとつひとつの判定が強い為に地上での戦闘もそこそこ打ち出すことが出来る。
閣下の「エイジスリフレクター」の陰に隠れているが、旧基盤ではガード不能連携も可能だ。
しかしオロの性能もあって、攻めつづけることは基本的に難しい。
「永遠の中堅」という称号がしっくりくる。


MUGENにおけるオロ

  • 海平氏
ストIIIキャラに定評のある氏のもの。
2017年4月のサイト閉鎖を以て公開終了。
勝利デモも搭載されていた。

マブカプ特有のコンボやエリアルレイブで強力な攻めをすることが出来る。
性能はSF3と異なるが6つのスーパーアーツが全て使用可能となっている他、仕様に合わせカットインも追加されているため、全体的に派手になっている。
AIもKong氏自身の物が搭載されており、おなじみの3レベル設定も可能。

  • Fido氏 オロMX
4ボタン制となっており、MXシリーズという氏のキャラ共通のシステムのキャラ。
エフェクトが派手である。現在は入手不能。


また、オロっぽい技を使うパチュリー・ノーレッジのアレンジキャラ、
「おかしなパチュリー」(通称マチョリー)も存在する。


    「あんまりトロイんで

     半分眠っちょったわい」


    「大事なのは力の使い方じゃ!

     省エネじゃよ、省エネ!」



出場大会

削除済み
凍結
  • 「[凍結大会] [オロ]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー