すかし

空振ること、主に攻撃をかわすジャンプを指すことが多いが、その場合は正確には「すかしジャンプ」と呼ぶ。

種類

通常のジャンプ攻撃は中段判定であるため、立ちガードしなければならない。
これを利用しわざとジャンプ攻撃を出さず、立ちガードでは防げない攻撃を出す手法で、択一攻撃のひとつである。
以下のような種類があるが、着地までの間に攻撃することで共通して対処される。

すかし投げ

最も単純で簡単なのは、着地硬直を投げでキャンセルできることを利用した「すかし投げ」である。
1フレーム投げならば、先読みされていない限りは避けられる事は無いと言っても過言ではない。
また、回避方法が迎撃かジャンプしかないのが利点である。
また、ストIIIシリーズにおいては、攻撃をブロッキングされると不利になることから
ブロッキング対策の有効な選択肢のひとつとして活用される場面が多い。
この場合「空ジャンプ(GD仕込)投げ」と呼ばれることもあるが「すかし投げ」の亜種と充分に言えるだろう。

またザンギエフのファイナルアトミックバスターやヒューゴーのギガスブリーカー、ダック・キングのブレイクスパイラルといった、
通常では出しづらいコマンド投げを、意図的に攻撃を振らないすかしジャンプをしつつ、そのジャンプ中にコマンドを成立させ、
着地硬直の投げキャンセルと併せて決めるという使い方もある。
ジャンプしているのでコマンド入力によるキャラの挙動不審はなくなるが、
決めるためにいちいちジャンプしないといけないため、手の内が解ると迎撃の的にもされやすいのが難点。

特殊な例としては、ダック・キングの近距離立ち大Kが密着状態でないと当たらないほどリーチが短いのを逆に利用して、
大Kを態とすかして(空振って)自分の硬直中にブレイクスパイラルのコマンドを入力すると言う戦法も存在する。
「コンボ投げ」を出来るシステムなら態々すかす必要もないのだが。

すかし下段

投げ技はダメージが一定で、キャラ共通の通常投げでは大ダメージを見込めない。
そのため下段技(からの連続技)によってリターンを増すのがこの「すかし下段」である。
ただし、大部分の下段技はジャンプされると当たらないためすかし投げと同じ手段で避けられる上、
上手く使わないと割と簡単にしゃがみガードされたり割り込まれて反撃されてしまったりする。

当身回避のすかし

こちらが攻撃するのではなく、相手の当て身投げなどを避けるためのすかし。
ただ攻撃を避けるというより、相手が当身を空振りすることを狙って行うことが多い。
当然見破られると無防備で飛び込むのでリスクは相応にある。


関連項目: 格闘ゲームテクニック一覧