ネクロ




「やるしかねェんだよォ
      生きていくにはなァ!」

「ド真ん中にキたろ?
     ハイボルテージな刺激がよぉ!」
身長:174cm(可変)
体重:60kg
血液型:不明
誕生日:不明
出身国:ロシア
好きな物:なし
嫌いな物:なし

"Outta my way!"


III1st・III2nd
俺はいったい何をしているのだろう。
彼の周りにはさまざまな機器がならび、薬品臭や電機部分がショートした臭いが漂っている。
細長い鉄の壁に囲まれた部屋に彼はいた。正確には列車の車両のひとつに仮設された秘密組織の移動研究室である。
俺は自由がほしかった、貧しい湖のほとりの寒村から飛び出し、富と力を手にするはずだった。
国の崩壊は俺に自由を、そのチャンスをもたらすはずじゃなかったのか。
そうだ、俺は特殊工作のために改造され、闇に生きる強化人間。
超人の力は手に入れたが、光という光、貧しくても誰もが持っている太陽さえ失ったのだ。
彼の心の揺れを無視するように、列車の規則正しい振動が伝わってくる。
彼を運ぶ、鉄の軌道は、つぎのミッションの地へと地平の果てまでまっすぐにつづいていた。
III3rd
組織の執拗な追手は、ネクロとエフィーに安息の時間を与えなかった。
闇に乗じて疾走(はし)っても、僻地に身をくらませても、
黒い影は彼らの前に現れ、かすかな希望をむしり取ってゆく。
しかしネクロは信じていた。いつか必ず「本当の自由」が手に入る日を。

キャラクター設定

ストリートファイターIII』に登場するキャラクター。『1st』より登場。
ロシア出身の青年であり、本名はイリヤ
極寒の貧しい村で四人兄妹の三男として生まれ、ソ連の崩壊後に自由と富を求めて村を出た。
その際、甘言に乗せられてギルの秘密結社に力を貸し、人体改造によりゴムのように伸びる柔軟な体放電能力を身に着けて、「ネクロ」の名前を与えられた。
しかし組織が自分にもたらすものが何も無いと知り、組織に囚われていた少女エフィーと共に逃亡を図る。
『1st』『2nd IMPACT』のエンディングでは秘密結社に処理されようとしていたところをエフィーに助けられ共に脱走。
『3rd』のエンディングでも平穏無事に暮らすことを願いそのまま世界中に渡る逃亡生活を続けている
量産人型殺戮兵器トゥエルヴのプロトタイプであるが、変身能力は持っていない。
担当声優は『1st』『2nd IMPACT』ではアレックスと2役だったMichael Sommers氏。
『3rd STRIKE』ではギル、ユリアン、トゥエルヴとの4役をこなしたLawrence Bayne氏が務めた。
紫目の色を帯びた白の肌に、通常の人間から比べて非常に長い腕を持ち、肩と額に矢印形で紅色のマーキングがされている。
服装は紫のレザーのように見えるズボンにガードルをつけ、肩周りに金属の円形のプレートが螺子でとめられている。
ページ冒頭にも載せているストV発売後に開設された公式ブログ「シャドルー格闘家研究所」で判明したプロフィールでは
身長は172cmと設定されているが、可変とも記述されている為かストIIIのゲーム中ではアレックス以上の長身を誇る(猫背なのでそれほど大きくは見えないが)。

ゴムのような体と放電能力を、人体改造の際に脳に直接刷り込まれた格闘技術で使いこなして戦う。
ダルシムの「体を自由に伸ばすことで人間の規格外の動きをする」というコンセプトを、そのまま継承しているキャラクターである。
ただしダルシムとは違い、技は近接攻撃がメインとなっており、ここらへんは放電能力も含めブランカの要素も含まれているのかもしれない。
腕や足を伸ばす他にも、ゴムパチンコのゴムの様に体を相手にぶつけたり、
普通の人間には不可能な程に体を捻った状態からパンチを繰り出す等の攻撃が出来る。
「悪の組織によって改造させられた元人間」「しかし脱走し、その為に組織から命を狙われることになる」と、
仮面ライダー連想させる設定である。
『1st』及び『2nd IMPACT』のエンディングでバイクに乗っているのもそれを思わせる。
まあ全面対決する向こうとは違い、こちらは自由を求め逃避行を続けている身であるのだが。
この設定や『3rd STRIKE』のエンディングでヒロインのピンチを救ったりすることから、主人公より主人公してるなんて話も。
もっとも見た目はどう足掻いてもイロモノだし、ボスの野望を止める為に戦うキャラもいる為、主人公にはなれそうに無いが…。

また、ファイナルラウンドでドロー及びタイムアップドローになった場合に勝敗を判定するジャッジメントギャルズにはエフィーもちゃっかり参加している。
グレードジャッジに基づいて判定をしているので、恋人同士というえこ贔屓もせず公正に審査してくれます。


キャラクター性能

『3rd STRIKE』においては中堅どころとされるキャラクター。
長いリーチによる牽制が強く、技の気絶値が軒並み高めで、必殺技も下段技、中段技、空中からの突進技とバリエーション豊富。
崩し・固め能力が非常に高く、攻めに回ればあっという間に相手を気絶させられるので、そこから高威力コンボで締めるスタイルが強力。
ダルシム的な技は持っているがダルシムより隙が大きい・同作品ではハイジャンプ等で一気に攻め込まれやすいことから、
遠距離戦をしてもメリットは少ない。
ラッシュ用の技を複数持つが多段のものが多い為、上級者だと赤ブロ(ガード中に出来るブロッキング)の的。
ただし隙が少ないため赤ブロしてこない相手にはラッシュが猛威を振るうという極端なキャラ。
弱点は切り返し能力が低く、無敵時間のある技も少ない点。固めているうちはよいが、攻め込まれると逆にあっさりやられることも。

「まだまだいくぜェ 感電死ストーム!」
プレイヤーとして有名なのは杉山氏、ピノAB7氏など。


MUGENにおけるネクロ

  • 海平氏製作 SFIII仕様
原作の仕様を忠実に再現されており完成度は高い。なかなか強いAIも搭載されていた。
更新により演出面が強化され、SA仕様時に背景が付き拡大演出も搭載された(CNSで変更可能)。
2017年4月のサイト閉鎖を以て公開終了。

また、ペパーミント氏による外部AIも公開されている。
11段階に調整可能で、最強設定にすると全開アレクに勝つほどの強さとなっている。

  • Fido氏製作 MX仕様
ブロッキングやジャストディフェンスを搭載。氏のMXシリーズ共通のシステムを持つ。
エフェクトが非常に綺麗。現在は入手不能。


出場大会

更新停止中

出演ストーリー



「カウントは要らねぇだろ? ジェントルメン!」
「足使おうが ナニ使おうが リーチで俺にかなう奴ァいねェ!」