S-Tomy

「フッフッフッ、僕の肉体は鉄壁さ!!」

富竹ジロウ(クラークの改変)の改変キャラ。
サディストミーサディスティックトミーが一応正式名称。大抵トミーや時報、世紀末カメラマンなどと呼ばれる。
改変元とは違いストライカーは無いが、こちらも技は多彩。

カラー別に特殊能力があり12Pは通称「時報意思」と呼ばれていて論外キャラ並の強さを誇る。

+12P特殊能力
能力をレベル1から3まで調整可能。

ライフ管理
全レベル共通。
一定ライフ間毎に固定ダメージが変動する。
ライフ0の相手の攻撃は遮断。
HPが自動で減る。
変数リセットを一切受けない。
一度ダメージを受けると数フレーム無敵(レベルによって変動)。

レベル3
防御したまま攻撃する相手を遮断。
HPが低くなってくると一発分のバリア搭載。hitdef一発で貫通する。バリア中はproj遮断。
一定以上のダメージを超える相手攻撃を遮断。
一定以上のライフの相手の攻撃を遮断。
一定以上の距離の相手の攻撃を遮断。
全画面攻撃を遮断。
相手が防御中はダメージを受けない。
相手が待機中はダメージを受けない。
タイムアップ後ライフ全快。

(リードミー抜粋)

…などと極悪仕様になっている。レベル3は現状撃破未確認。・・・・すごいカメラマンだ。

1月25日の更新で時報の何かが弾けた。ここまで来るとサムネホイホイを通り越してもはやブラクラである。

+大会ネタバレ
取り敢えず気が向いたので開いてみたトーナメント(凶&神)では、予選トーナメントを全勝で一位通過。
また決勝トーナメントでは天魔に判定で勝ち吸血飢デススター2ndを即死させ、圧倒的な能力を見せ付けた。
決勝では最強の球体と接戦を繰り広げたが惜しくも判定負けをした。

歩く死亡フラグと呼ばれたこの男。一体どこまで行くのだろうか。
1Pカラーなどは特殊能力が無く普通のキャラでも普通に倒せるとの事だが……。

また死兆星ゲージと某幕末を彷彿とさせる一撃必殺が搭載されているが、
星取り性能が異常に高く、大変な事になっている。どれくらい早いかと言うと……
下記の動画の様に、タッグ時や相手が集団の場合こんな事になる。ありえん(笑)

(一試合目)

出場大会

更新停止中

出演ストーリー

M&U(サ店メンバー。よく服を脱ぐ)
M&U-R タカノと結婚予定
M&U-L
M&U-D