ハイデルン


  "GO TO HELL!!"

格闘スタイル: マーシャルアーツ+我流暗殺術
出身地: 不明
誕生日: 9月1日(43歳)
身長: 192cm
体重: 90kg
血液型: B型
趣味: ぬし釣り、メタルフィギュアコレクション
大切なもの: 家族の写真
好きな食べ物: 黒ビール、腸詰めのウインナー
嫌いなもの: '94~'98… ルガール
                      2001… なし
得意スポーツ: ハンティング

THE KING OF FIGHTERS』 のキャラクター。
プレイヤーキャラとしては'94、'95、'98、'98UM、2001、2002UMに登場する。
それ以外の作品でもメインストーリーに深く関わる重要人物。KOFの裏主人公と言っても過言ではないだろう。
見も蓋もない言い方をすれば、怒りチーム=傭兵部隊という事で何かとストーリーに絡ませやすいという話ではあるが。
ブラジルを拠点とする傭兵部隊の隊長で、各国政府の要人や裏社会の人間から任務を請け負い、様々な方面で暗躍している。
ラルフクラークウィップはこの部隊に所属する部下で、レオナは彼の養女。隊内では「教官」と呼ばれている。

ハイデルンという名前はコードネームで、他に「ベヒシュタイン」という偽名を使っていたこともある。
趣味系統や偽名からドイツ系らしき気配はするのだが、本名は不明。
名前の元ネタはアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のハイデルン。
外見は漫画『北斗の拳』のカーネル、キャラクター性は映画『ランボー』のサミュエル・トラウトマン大佐の影響が強いと言われる。
キャラ自体は1988年に稼動したSNKの『航空騎兵物語』に登場する司令官がモデルといわれている。色んな意味でベトナム戦争繋がりか?
声優はルガール草薙柴舟('95)、オリジナルゼロ服部半蔵を演じている新居利光氏。

KOF'94の8年前、当時34歳だったハイデルンは持ち前の格闘術と人望を手に、異例の速さでブラジル秘密基地の教官に昇進する。
妻のサンドラとの間にクララという娘にも恵まれ、まさに順風満帆の時期だったという。
しかし傭兵筋で有名になっていたその強さを耳にしたルガールがハイデルンに興味を持ち、
一人ブラジルの基地に殴り込みをかけ、手始めに彼の教え子である50人の仕官候補生とサンドラ、クララを殺害。
その報を聞いて任務から急遽帰還したハイデルンをも軽くあしらい、彼の右目を奪う。
ルガールは初めハイデルンもコレクションの一部に加えようと考えていたようだが、期待外れだったのか何もせずに去っていった。
妻子の命を奪うつもりはなかったようだが、ルガールにとっては路上の小石を払うようなものだったのかもしれない。
全てを奪われ、身に余る屈辱を植えつけられたハイデルンは、その後自らの傭兵部隊を築き上げる一方で
血尿が出んばかりの修練を重ね、独自の格闘術を編み出す。
しかしいくら情報網を駆使してルガールの所在を探っても、出てくるのは [R] の一文字だけだった。

ラルフとクラークはこの頃に「傭兵としてのハク」をつけるためブラジルに渡り、
名の知れていたハイデルンの部隊に志願して入隊。
生粋の体育会系だった二人はハイデルンの科学的な訓練法を見て
「手抜き」と思い勝負を挑むが、二人がかりでも到底かなわず、
これをきっかけにハイデルン流暗殺術を学ぶようになった。*1
レオナを養女にした時期や経緯についてははっきりしていないが、
おそらくルガールに敗れた後、何らかの接点があったガイデルとの縁で引き取ったものと考えられる。*2

8年後、突如ハイデルンの元に [R] からのKOF招待状が届く。
これがルガールによるものであると確信したハイデルンはラルフ、クラークと「怒チーム」を結成し大会に参加。
決勝戦後にやはりルガールが姿を現すが、倒されると空母もろとも自爆。
怒チームのエンディングでは家族3人の写っている写真を宙へ放り投げる姿が見られる。
しかし、翌年にもまた [R] 名義のKOF招待状が届く。
ルガールが生きていたことを知ったハイデルンは完全に息の根を止めるため再びKOFに出場、今度こそ死亡を確認した。
このときルガールが飲み込まれたオロチの力を見て、裏で活動を始めていたオロチ一族の気配を察するが、
復讐を果たしたことで一旦前線から退き、怒チームの後任にレオナを据えた。

ネスツ編ではいち早くネスツの動きを察知し、作戦を指揮。新たに編入したウィップを怒チームに配置する。
プレイヤーキャラとしての登場は2001のみながら、2000は実質ハイデルン視点のストーリーで、
重要シーンの多くに顔を出しており、ハイデルンがネスツ編の影の主役(になるはずだった)と見る向きも間違いではない。
2000では偽のKOFを開催した「リング機関」と連携を取り、怒チームを送り込む一方でK'マキシマのもとにヴァネッサを派遣。
彼らを捕獲し、ネスツの本拠地や意図を探ろうとする。
 しかしリング機関の司令官・リングがクローンゼロにすり替わっていたことを見抜けず、
 彼の反乱に利用され、「ゼロ・キャノン」の情報も遮断されていた。
 結局クローンゼロはネスツによって粛清され、
 ハイデルン側はゼロ・キャノンと街一つ、そしてプライドを失うという完全敗北を喫する。
 2001では行方を眩ましたウィップに代わり怒チームに復帰。
 これらと並行して社会に放たれたクローン京たちの捕獲やネスツ残党の処理にもあたっている。

ネスツ壊滅後は再び部隊指揮に戻り、セスやヴァネッサの他、ウィップとの縁でK'やマキシマにも任務を割り振っている。
『2003』ではかつての宿敵、ルガールの息子のアーデルハイドと邂逅する*3 が、心情的には友人のような存在になっている。
ただしアーデルハイドは彼の意思とは無関係にルガールの持っていた武器商人としての影響力を受け継いでいる面があり、
立場上彼と敵対せざるを得なくなっているようだ。
『XI』では禍忌の死体を回収し、「遥けし地より出ずる者たち」の正体を解析しようとするが、何者かによってその死体を奪われる。
しかしこれはどうやらハイデルンたちが仕掛けた罠だったようだ。
『XIII』ではエディットチームのエンディングに登場、アッシュ・クリムゾンが消滅する事を見抜き、
「(例えその存在を無に帰しても、自身の誇りを守ったのだ…だが、それを知る者は、この世界に存在しなくなる)」と一人考えていた。

初代からのKOF最古参キャラクターの一人だが、この人にも多くのキャラのパ クリ ロディが詰め込まれている。
彼の代名詞とも言える「ストームブリンガー」は、マイケル・ムアコック氏のファンタジー小説『エルリック・サーガ』に登場する、
相手の魂を奪い去り所有者に力を分け与える魔剣・ストームブリンガーから。
通常技や特殊技の名前も、バルムンクだのバスタードだのといった白兵戦用武器から取っている。
ゲーム中では「我が鋭い手刀は大気中に真空刃を生む! 誰にも止める事はできぬ!」南斗の人のようなことを言う。
しかしこの頃はまだ元ネタがマニアックだったり、ちゃんとオリジナル色に染まっていたりでさほど気にならなかったものである。
その後KOFの盛り上がりとともに飛躍的に勢いを増したSNKのパロディラッシュの行き着いた先は、推して知るべし

なぜか韓国で人気が高いらしく(徴兵制があるから?)、2001ではスポンサーのイオリス社から
「ハイデルンを出してね」との強い 圧力 要望があったという。
そのせいか2001での2Pの初期カーソル位置は、主人公のK'と対になるようなクーラK9999ではなく彼だったりする。
ちなみに彼の軍服のデフォカラーは作品によって緑('98以外)だったり青('98、2000デモなど)だったり
赤(XIデモ)だったりで安定しない。モテるオヤジはちょいオシャレである。

相手の体力を吸収するという人間離れした真似ができるのは、相手の体内の電流を吸い取っているとの説もあるが、
最終的にはやはり「気」のなせる技ということに落ち着くらしい。つくづく便利な言葉である。
新声社の『KOF'94の謎』によるとひたすら修行していたら、たまたまこうなってしまったらしいが、 どんな偶然ですか
また、技を放ってる際の様子から吸血しているいう解釈も取られていた。
どちらにせよ危険なのには違いない。
こうした行動から、故ゲーメストでは妖怪だの地球外生命体だの呼ばれていた。

ちなみに恐ろしく常識の範囲が広い人で、クローンを生産する技術を有し、軍事衛星・宇宙要塞を所持する上に、
極度の若作りの割に声は渋く不可解なマント+ワイヤーを使ったまったく新しい格闘術を見せるイグニスに対し、
ありふれた悪党だ 」と断じる。彼にとって稀有な悪党というのをぜひ見てみたい……
……いや言うまでもなく、
たとえ巨大な組織や高度な科学力を有していても悪党としての部分がありふれている以上はそこらのチンピラと変わらない」
という意味であり、何度も世界の裏側を覗いてきたハイデルンだからこそ言える台詞だろう。
そんな教官もクローンゼロがリングに摩り替わっていたことや、ネスツ本拠地の所在までは流石に見抜けなかった。
まあ後者についてはプレイヤーにも意味が分からない超展開だったからしょうがないね!


  「次はお前だ!」

原作中の性能

中~遠距離戦を得意とするタメキャラ。長身なため通常技や特殊技のリーチが長いのが特徴だが、機動力も低くない。
弾道が高く避けづらい飛び道具「クロスカッター」と対空技「ムーンスラッシャー」を持っているので、
必然的にタメキャラの基本スタイルである待ちが主体になる。
ただしムーンスラッシャーは間合が狭いので対空に使うと相打ちになることも多く、連続技に組み込むのが基本。
一方でキャンセル可能な通常技や無敵技がほとんどなく、隙の大きい技が多いため攻め込まれると弱い面もある。

'94では通常技や必殺技の基本性能が高く、待ち軍人モードの鉄壁ぶりもさることながら、
ムーンスラッシャーをおよそ斜め45度の角度で相打ちすると相手の体力を8割奪えるバグ (「恐怖の斜め45度」) や、
ムーンスラッシャーを空振りしてから 「ブリンガー」 がつく技を出すとダメージが跳ね上がるというバグ (「超ブリンガー」とか「空振りンガー」とか)、
コンボ中にコマンド投げでダウンさせると倒れている相手に再びコマ投げが入るバグ (「永久投げ」コマ投げキャラ共通) など、
ハイデルン特有のバグから全キャラ共通のバグなどを多数味方につけていた。
ゲーメストムックの'94ダイヤグラムでは一部バグ込みの評価でぶっちぎりの1位を獲得。
特に「恐怖の斜め45度」は攻略ライター陣に多大なトラウマを与え、
バグが無くなった'95以降ですらスラッシャーを相打ちで食らうと思わず「ギャー!」と叫んでしまうほどであったという。

'95では1人だけ追加必殺技がないという扱いを受けたが、そのかわりに強 「クロスカッター」 の弾速が上がり、
またコマンドの関係性からガードキャンセルで出しやすく、待ちの固さがアップした。
バグは軒並み修正され、「超ブリンガー」がスラッシャー分のダメージが追加されると言う形でバグから仕様になった。
しかし今度はムーンスラッシャーでKOすると次の相手に空振り抜きで超ブリンガーが決められるというバグが発生。
相変わらず基本性能は高く、火力インフレが顕著な'95ではあまり目立たなかったが、一時期はダイヤ1位とも言われる強さを誇った。
前述のように基本的に待ちを主体とした戦法が強いが、
'94と'95では 「ネックローリング」 を移動手段として使い溜めながら接近しつつ、
「ストームブリンガー」 で通常技をキャンセル (モズキャン) して固める近接戦闘も強力で、
こういった戦法を主体としてガンガン攻めてくるハイデルンは 「高機動教官」 と呼ばれ恐れられた。

'98ではレオナの 「リボルスパーク」 から逆輸入したような超必殺技 「ハイデルンエンド」 の追加や
(というか'95の時点でこういう技を追加する予定があったらしい)
通常技の大幅な変更など、全体的にマイルドな調整が行われた。

2001ではタメ基準の性能のままコマンドキャラに変更され、全ての技が出しやすい上に高性能な強キャラとなった。
(レオナと差別化するためか、何か意図的なものがあったのかは分からないが)
一部で 「コマンデルン」 などと呼ばれ恐れられたが、2002UMではタメキャラに戻っている。

02UMではMAX2でカリバーンを習得。
下から真上に斬り上げる手刀で、近距離だとガード不能の打撃技・遠距離では多段HITの飛び道具が発生するようになっている。
やや発生が遅いものの打撃投げではないので、ガードモーションの相手にも技が成立しガード不能連携が成立しやすい。
そのためHPが減ったハイデルンには強烈な選択を相手に押し付けることが出来、行動の幅が一気に増える実にいやらしい技となっている。
ちなみに技名・内容・演出に至るまで 山羊座の黄金聖闘士が使う必殺拳・エクスカリバーそっくりである
カリバーンはエクスカリバーの前身の姿であり、一度折れた後にEX(エクス)カリバーン=エクスカリバーとなる。
エクスカリバーは最早固有名詞となってはいるが、あえて和訳するとカリバーン改という意味である。

登場回数は多くないが出れば設定通りの強さを発揮しており愛用者も多く、新作が発表される度に参戦希望の声が聞かれる。

MUGENにおけるハイデルン

+ Tatsu氏製作 2001仕様+アレンジ
+ Zelgadis氏製作 2001+KOFMアレンジ仕様
+ Raposo氏製作 98+2001+2002UM仕様
+ Passer-by氏制作 94仕様
+ A.c.c氏制作 2001+2002UM+アレンジ仕様}
+ 斑鳩氏製作 98仕様

また改変キャラとしてアテナが怒チームに配属されハイデルン流暗殺術を習得した、
というコンセプトの"アテナ・ハイデルン" が作られている。 詳しくは麻宮アテナの項参照。

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧

*1
どういう訳か肉技とか握力×体重×スピード=破壊力とかになってしまったが、基本だけを教えて
後は好きなようにやらせて長所を伸ばすというのがハイデルンのやり方らしい。 つまりあれは奴らの趣味
なに? ハイデルンも'94で既に「マッスルインフェルノ」をパクってた?
何を言っているのかね。 あれは「ハイデルンインフェルノ」という立派な(以下略)

*2
仮にハイデルンがガイデルの素性やレオナの起こした事件の全容を知っていたと考えると、
「あえて宿命を乗り越えさせるためにレオナを兵士として育てた」 として辻褄が合う。
(レオナ本人の希望もあったが、レオナ自身は事件当時の記憶を失っていた)
でなければいくらレオナ本人が志願したとはいえ、正体不明の少女を戦場に赴かせるとは考えにくく、
既にオロチ一族の暗躍を察知していた'96で怒チームを退いた理由が思い当たらない。
ちなみにKOF'96のドラマCDでは神楽ちづるが(レオナの体を借りて)草薙京に「ゲーニッツがレオナの事件の『鍵』を握っている」と話しており、
彼女もこの事件に関してある程度の情報を得ていた様子が伺える(ただし「血の覚醒」については気付いていなかった模様。
また、嬉野秋彦著の小説版では'97でレオナが暴走するまでちづるはレオナがオロチ関係者である事に気付いていなかった)。

*3
アーデルハイドの一般的な愛称は「ハイジ」であり、彼の亡き娘「クララ」にちなんでいる。 元ネタは言わずもがな