ラモン






"Viva Mexico!"





格闘スタイル: ルチャ・リブレ
誕生日: 12月3日(25歳)
身長: 170cm
体重: 80kg
血液型: A型
出身地: メキシコ
趣味: 子供たちと遊ぶこと
大切なもの: 先輩にもらったマスク、美しいヴァネッサ
好きな食べ物: タコス、テキーラ
嫌いなもの: 反則、場外負け
得意スポーツ: プロレス
THE KING OF FIGHTERS2000』から登場するキャラクター。頭にレイザーがついてフォォォォォ!!とか叫ばないし、半魚人でもない。
ルチャドール(ルチャ・リブレ(メキシカンプロレス)のプロレスラー)が本業で、KOFには友人のヴァネッサセスとの縁で参加しており、
彼らの所属する 「リング機関」 にも少なからず関わっていると思われる。
ヴァネッサにベタ惚れしており、積極的にアプローチをかけているが、人妻なので本気では相手にされていないようだ。
モデルは漫画 『タイガーマスク』 および 「初代タイガーマスク」 こと佐山聡氏で、技名や動作などに強い影響が見られる。
ちなみにこの人は日本でタイガーマスクとして有名になる前に、メキシコやイギリスに渡って活躍している。
中の人はロック・ハワードも演じている竹本英史氏。
初登場の『2000』では割とさわやか系のボイスだったが、次の『2001』で何故かやたらガラが悪くなった
『XIV』では『めだかボックス』の都城王土役等の勝沼紀義氏に。なお後にDLCで追加されたロックも声優が交代されている。

 『2000』で主人公チームの一人という破格の待遇で登場。(ヴァネッサもだが、こちらは『'99EVO』でお披露目済み)
 K'マキシマの監視・事情聴取の任務に就いていたヴァネッサをサポートする形でチームに加わった。
 マキシマの分析装置でも 「ただならぬ」 数値が測定されており、かなりの実力者と認められている。
 クローンゼロとの対戦では専用イントロが用意されており、ネスツと何か関係があるのでは…
 と思われたが、無かった事にされている。
 エンディングでは会場が崩壊する中、気を失ったヴァネッサを背負って脱出。

『2001』ではヴァネッサ・セスとともにを監視する任務に同行。
なぜかイグニスに「地上最強の人間」の候補に挙げられていた(上述の因縁の一応のフォローとも見られる)が、
これも上記のように、 椎拳崇の「龍の力」とまとめて なかったことにされた
『XI』でもヴァネッサにくっついてエージェントチームに参加。 マリーとヴァネッサの本物の諜報員の間に紛れ込み、一人浮く。
どうも重要人物にしたいのかしたくないのかよく分からないキャラである。
続く家庭用『XIII』ストーリーモードにおいてもマリーと組み調査に走り回る…が、ルートによってはチャン・チョイに捕まってパオパオカフェで酒盛りしてる場面も。


中南米市場を視野に入れたキャラだったらしく、メキシコの国民的娯楽・ルチャの使い手としてかなり目立つ位置で投入されたものの
日本では「なぜ今さらタイガーマスク…?」と戸惑いの声が相次ぎ、やや強引に影の薄い位置に回されつつある男。
しかしその実、生まれは貧しい家庭だったようで、ルチャドールになってからも稼ぎの多くを寄付に回しているという男である。

『XIV』では彼を中心に新生メキシコチームが結成(どこぞの極限流チームとは違うのだよ)。中南米ターゲットの面目躍如である。
かつて敵方だったアンヘルもチームメイトとして迎えており、いやはや懐が広いと言うのか、あるいは他に狙いがあるのか…


 プロレスの道へ進んだのはあるレスラーに憧れたのがきっかけらしく、
 そのレスラーからもらったマスクを大切にしているそうだが、
 上のイラストで持っているマスクらしきものをよく見ると、なんか見覚えがある*1
 いろいろ無かったことにされたり徐々にポジションを落としたりしているのは、
 このマスクの呪いなのかもしれない。

勝利ポーズで 「びば☆めひこー!」 と滑舌が悪そうなボイスが入るが、スペイン語で x は h に近い発音になる。
同じく 「はすたらびすたぁーっはっはぁー!」 というのは Hasta la vista、つまり Good bye のこと。『ターミネーター2』で聞いた人も多いのでは。
超必殺技「エル・ディアブロ・アマリロ・ラモン」は直訳すると「黄色い悪魔・ラモン」。ただし「アマリロ」の発音は正しくは「アマリージョ」。

ちなみに『2002』ではジョーとの専用勝ちポーズが互いに用意されており、「虎」 をキーワードとするやりとりが見られるが、
その際「最強の虎」であるロバートは無視された。後になって『2002UM』では「…あんたも虎なの?」と発言しているので気づいてなかったようだ。
なお、ジョーが自分の事を虎と表現した事は無い。タイガーキックはあくまで「虎殺しキック」である。
むしろこれではラモンの危険が危ない!
『XIV』ではロバート、ジョーとのエディットチームでストーリーモードをクリアすると
スタッフロール後に三人が虎の被り物を被った専用のED画像「タイガース」(な阪関)が表示される。だからジョーは虎殺(ry

『XI』では同じメキシコ出身のレスラーであるグリフォンマスクと共演したが、絡みはまったくない。せめて勝利メッセージぐらいはあっても…。
と思いきやこの時に目を付けたのか、『XIV』でメキシコチームのメンバーにスカウトしたのは…
ダイナソー「グリフォン…?そ、そんな奴は知らんぞ!」

必殺技サマーソルトがあるが、ガイルのように後方宙返りをしながら蹴り上げるタイプではなく、
相手に飛び乗り蹴り上げながら宙返りする、所謂プロレス技としてのサマーソルトを使用するのは格ゲー界でも彼だけのようである。

また、超必殺技のタイガースピンは元ネタの動きを再現した動きで、わかる人が見ればわかる良く出来た動きなのだが、
その知識がない人からすると「何かぐるぐる回って投げてる変な投げ」にしか見えず、稼動当初はネタキャラ扱いもされていた。
参考動画:3:20~より本家タイガースピン(佐山聡がタイガーマスクを名乗る前の動画なので『タイガー』スピンではないかもだが)




「虎だ! 虎になるんだ!」


原作中の性能

端的に言うと 「小さくてすばしっこい投げキャラ」。
軽快でトリッキーな動きが多く、『2002』以降は三角跳びも可能。
当然接近してからが真骨頂だが、癖はあるものの通常技特殊技の性能が良く、機動力の高さもあって立ち回りの自由度は高い。
主力のコマンド投げ 「タイガーネックチャンスリー」 はコマンドが簡単で、出始めに無敵がつくので崩しや割り込みに有効。
強「フェイントステップ」 を出してすぐ離す通称 「ステキャン」 を駆使した固めは使いこなせばかなり強力で、
ノーゲージでも高火力の連続技に持っていくことができるため、ゲージをガーキャンなどに回しやすいのも利点。
守ってもそれなりに戦えるが、対空や切り返しは弱いので攻めに重点を置くと良い。
小技とコマ投げ中心の単純な組み立てでもそこそこ戦うことができ、上級者向けのテクニックや連続技もあるので、
見た目に反して幅広い層のプレイヤーが楽しめるキャラとなっている。

『2002UM』では地上ふっとばし攻撃がカウンターワイヤーになったり、フライングボディアタックから引き起こしに繋がるなど強化が行われた。
またPS2版では超必殺技のエル・ディアブロ・アマリロ・ラモンをに決めると、
何故か「イッちまいなぁ!」と社のボイスが出るバグがある(ネオジオモードでも確認。後のAC版や闘劇Verでは修正されている)

ちなみに技名の一部には「 バードオブパラダイス (極楽鳥)」、「 フォースオヴウィル(Force of Will) 」、
サベージファイヤーキャット(焦熱の火猫) 」と「マジック・ザ・ギャザリング」のカード名がついている。


MUGENにおけるラモン


  • Gargoyle氏製作・2000仕様
原作をほぼ完全に再現
2000のシステムであるアーマーモードやカウンターモードなども搭載されている。
AIは搭載されていない。

  • Sander71113氏製作・2000+アレンジ仕様
MAX版「エル・ディアブロ・アマリロ・ラモン」 などの追加や、ストライカーが搭載されている。
氏の他キャラ同様にデフォAIはHardとMediumの2段階に調節が可能。
ラモンの強みと弱点をしっかり把握した的確な動きを見せてくれる良AIである。
さらに、斑鳩氏によってAIパッチが作成され、デフォAI以上のパターンが増えている。

  • Tin氏製作・2002+アレンジ仕様
ポトレとボイスが違うので、上記のSander氏のものとの区別は容易。
ロープ掴みや、攻撃を受けずにいると自分の攻撃力が上がる当て身技「アピールラモン」、
獅子王とのアナザーダブルアサルトである「アニマル・バイス」が搭載されており、オプションで追加技の有無の切り替えができる。
デフォでAIは入っているが、AI起動用のコマンドが一つしかないためスイッチが入る前に試合が終わることが多い。
cro氏や誠治氏によって新しくAIが作成されていた。今後の活躍に期待。

  • hilune氏製作・2002UM+XI仕様

ポトレが『2002』のものになっており、Sander氏のものとTin氏のものとの区別は容易。
氏のKOFキャラ同様、システムもレイドラものが一通り搭載されている。

  • ロシアンブルー氏製作・フェルディナント


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー


*1
+ ...