サイコクラッシャー

    「これで終わりだ…サイコクラッシャー!」

ストリートファイター』シリーズ(その他含む)における、秘密結社シャドルー総帥ことベガ様を象徴する必殺技
サイコパワーを全身に纏い低空飛行で両手を突き出し回転、前方へ突進しドリルの如く相手を貫く。

名前の変遷

技名は少々ややこしく、初出の『ストリートファイターII』での名前は 「サイコクラッシャーアタック」
ファンの間での愛称は「サイコ」もしくは「サイコクラッシャー」。
長いので正式名称で呼ばれる事は少なかった。

ストリートファイターZEROでスーパーコンボに格上げされた時、略称の「サイコクラッシャー」が正式な名前になる。
それ以来「サイコクラッシャー」で呼ばれる事が多いが、作品によっては必殺技がストII時の「サイコクラッシャーアタック」で、
超必殺技がストZERO以降の「サイコクラッシャー」という呼び名になっていたりする。
超必殺技版には やってる事は毎回同じなのに名前だけ違う というややこしいものが複数ある。(詳しくは後述)


作品における性能

弱中強の順で移動距離と突進スピードが上がる。
喰らい判定を残さないため、ヒット時は1回でダウンを奪う。
ガードされても相手の体力を3回分削れる。海外版では6回削れる為、ヒットさせるよりもガードさせたほうが体力を減らすことが可能な場合があったりする。
基本的に隙が少なく、突進中の全身が攻撃判定になっている仕様を生かした色々な活用法が存在する。

『ダッシュ』では「サイコクラッシャー」後にガード硬直中の相手を投げるという 「サイコ投げ」 と呼ばれる当て投げが、凶悪なハメ技として猛威を振るった。
また足の先までしっかり攻撃判定が付いており、爪先を当てるとめくりになる。
そのため当たり方によっては「3回ガード→めくりでヒット」する場合がある他、相手の起き上がりに爪先を重ねる 「サイコテイル」 が強力だった。
特に後者は正面かめくりか判別しづらく、ベガの下半身に食らい判定が無いことからリバーサルで反撃されにくい為、
これだけで封殺出来ることも多々あった。
『スパII』以降では「サイコ投げ」は隙がやや増えたため出来なくなり、「サイコテイル」は後方の攻撃判定が短くなってめくれないように修正された。
また以降シリーズを経るごとにダメージは減少傾向にある。

EX版は2ヒットし、出掛かりに無敵判定が付く。
威力は通常版とあまり変わらないがガードされても反撃を受けにくい為、
対空・割り込みに使え、更に1発だけ飛び道具を打ち消すことが出来る。

超必版は攻撃判定が大きく短いが出掛かりに無敵判定があり、さらに空中ガード不可で空中の相手にも全段ヒットしやすいので対空で信頼出来る。
しかし攻撃判定の性質上、地上の相手にカウンター狙いで出すと1発目がヒットした時点で相手が吹き飛びダウンしてしまうので、全段ヒットしないことがある。
加えて端付近ではヒット数が下がるので、連続技の場合は「ニープレスナイトメア」のほうが安定する。

MARVEL VS. CAPCOMシリーズでは空中発動可能でありエリアルレイヴに組み込めるが、
『X-MEN VS. ストリートファイター』を除き地上版は発生が遅く使いにくい。

派生技

・「メガ・サイコクラッシャー」

CVS2』 『CFJ』 『SVC』にて使用。
強化版、超必版の「サイコクラッシャー」と同じ性能だが、上記作品では必殺技扱いなので上位互換としてこの技名が付けられている。何ともややこしい
技ボイスは作品によって様々だが、「これで終わりだ…サイコクラッシャー!」「雑魚が…サイコクラッシャー!」のそれと言えば分かりやすいだろう。
注目すべきは発生と突進速度の速さで、反撃で効果を発揮し、飛び道具も引き付けてから出せば完全にすり抜ける。
ガード後に反撃出来る技が少ない技の代表格で、「スーパー頭突き」にも反撃可能。「遠間にて斬る也」に至っては喰らっても反撃出来てしまう。

・「ファイナルサイコクラッシャー」

ZERO3』のファイナルベガの超必、『SVC』のベガのエクシード。
暗転中に画面外まで後退して超パワーの「サイコクラッシャー」を放ち「ベガワープ」で戻ってくる大技。

『ZERO3』版は威力が異常なほど高く、画面全体判定(少々違うが詳しくはこちらで)、ヒットすると瀕死に追い込まれる。
発動後の対策はガードしかない(ただし空中ガード不能、地上でもベガ側の画面端に近いとガードが間に合わない)が、
ケズリ能力も高いので瀕死時に出されるとそのままK.O.されてしまう可能性がある(ガードキャンセルでケズリダメージを減らすことは可能)。
またガードゲージが残り少ないと途中でガードクラッシュしてしまい、やはり大ダメージを受ける。
家庭用や『ZERO3↑』でのプレイヤー版では小技から繋がり、相手の技の隙にも簡単に当てる事が出来る。

欠点としては発動した瞬間から「ベガワープ」で戻ってくるまでは完全無敵で攻撃力も大きいが、終わり際に高笑いの大きな隙ができるのが弱点。
攻撃判定は縦幅は広いものの、横幅は1キャラ分程度の狭さであり、無敵時間の長い必殺技、三角飛びのあるキャラクターは画面上空まで飛ぶことで一応回避可能。
通称「サイコ抜け」
なお『ZERO3』でのCPUファイナルベガはこの技を超反応で繰り出すため、ゲージが溜まったら迂闊な動きが命取りとなる。
誰もが一度は引っかかる「サマーソルトスカルダイバー空振り→ファイナルサイコクラッシャー」。
飛び道具を出すと「ファイナルサイコ(略)。ジャンプすると「待ってました!」と言わんばかりに「ファ(略)。
このように、パターンなしで挑むともれなく直撃を貰ってしまう為、一種の初見殺しともいえよう。

『SVC』のエクシード版では範囲が狭まった上に発生が異常に遅いので使いづらいが、先読み対空に使える。
縦幅の攻撃判定が狭くなっているが、それでも避けにくい広さである。

・「サイコブレイクスマッシャー」

ストEX』シリーズでのメテオコンボ
こちらも「サイコクラッシャー」の強化版でやはり上位互換としてこの技名が付けられている。
このように技名が何種類もあって非常にややこしいが、性能は他の上位互換版とほぼ同じである。

・「ハートブレイクディスピアー」

『CVS』にしか登場しないある意味レア技のスーパーコンボ。
通常の「サイコクラッシャー」と違い当たっても貫通せずに、当たったその場でしばらく相手をドリルのように抉り、
その後通常投げで締めるという上記に書いてあるサイコ投げのオマージュかと思われる。
ロック技の為、空中の相手であろうと当たりさえすれば最後の投げまで確定で入る。


関連する技、演出について

ローレンス・ブラッドの「ブラッディスピン」は、「手をかざしてきりもみ状態で水平に突進、多段削り」といった共通点があり、
初出の『餓狼2』では命中すると上記の「ハートブレイクディスピアー」のように相手を抉っていた。 通称、「華山獄握爪」。
霧雨魔理沙の「ブレイジングスター」や、安栖頼子の「天地を焦がす魔界の劫火」が「ファイナルサイコクラッシャー」に似ているという意見もある。
前者は作品自体が「ザ・ワールド」、「デモンクレイドル」、「天翔十字鳳」等々パロディのオンパレードなので、意識して作られた可能性は高い。


MUGENにおける活躍

超必版の「メガ・サイコクラッシャー」や「ファイナルサイコクラッシャー」の見栄えや威力のインパクトもあってか、職人や視聴者にも愛されてる技である。
この技のフィニッシュや若本えーりんの「バニコン」による逆転劇はベガの人気を支える一因になっていると言えるだろう。

やはりベガ様は格闘ゲーム史上の金字塔『ストリートファイターII』のラスボス、たとえかませやネタにされようとも格好良いキャラクターなのだ。
「サイコクラッシャー」堪能動画(マッチョベガ編) サイコクラッシャー堪能動画2(若本ベガ編)
やはり熱い因縁の対決 やはり熱い因縁の対決2(9:20~)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1722452
ベガのバーゲンセール(7:20~)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5553520
この他、ホイホイ塩レンの技には、ベガが背中に他人を乗せて「サイコクラッシャー」をするものがある。
背に人を乗せる関係上、どちらも回転は行っていない。
また、嘘=美談氏の沙耶やminoo氏の鍵山雛も「サイコクラッシャー」のような技が搭載されている。
回転はしないが、「画面外まで後退して突進する大技」という点では、
ドロウィン氏の遠坂凛の「ザ・ドライブ」も「ファイナルサイコクラッシャー」タイプかもしれない。
この「ザ・ドライブ」は多くののりものに導入され、轢き逃げと呼ばれることが多い。
そういえば魔理沙の「ブレイジングスター」は箒に乗っていることもあってか、のりものブーム到来前から轢き逃げと呼ばれていた。
また、わりばし氏の古明地さとりは他者のトラウマを再現する「想起」の一環としてサイコを繰り出す。

    「敗北者に死を……」



添付ファイル