「テレポートしまーす!
     ……やっぱり無理か」


格闘スタイル:超能力
誕生日: 7月18日(12歳)
身長: 153cm
体重: 40kg
血液型: 不明(調べていない)
出身地: 不明(中国らしい)
趣味: 家庭用ゲーム、ネットゲーム
大切なもの: B級ゲーム、家庭用ハード
好きな食べ物: ホットミルク(砂糖抜き)
嫌いなもの: 大作RPG
得意スポーツ: フィッシング(特に渓流釣り)

THE KING OF FIGHTERS』 '99から登場するキャラクター。名前の読みは「パオ(Bao)」。
未熟ながらも、多彩な超能力を操る謎の少年。アテナ拳崇とともに鎮元斎のもとで修行している。
外見がかわいらしいので女の子に間違えられることがあるらしい。
担当声優は中野加奈子氏。

生まれた日が凶日で、災厄を呼ぶ子供とされて殺されそうになったが、助けられてある寺に託されていた。
ある日、超能力が発現したため鎮の元に預けられたが、実はこの超能力は拳崇の力を吸収したことによって発現したもの。
そのため拳崇は'99では超能力を使うことが出来なくなっている。 そのおかげで強キャラになったのだが…
'99大会終了後、拳崇が秘めていた膨大な力をさらに吸収してしまい、昏睡状態になってしまうが2000大会までには回復。
2000エンディングでは仲間を守るために身を呈してゼロ・キャノンのレーザー砲を受け止めその身に吸収し、瀕死状態になる。
しかしその際拳崇が口付けで飽和状態にあったパワーを吸い取り、一命を取りとめる。
同時に拳崇は力を取り戻すも、今度は包がほとんどの力を失ってしまう。
2001エンディングには拳崇と共に「龍の力」を持っているとして、飛族の長・龍(ロン)にその力を狙われるという描写があったが、
いつの間にか無かったことになってしまった

その後プレイヤーキャラから外され、中国ステージで背景として登場して以降は出番無し。
拳崇の龍の力は忘れられていなかったようでXIで伏線が張り直されたが、包のことは完全スルーである。
というかXIのストーリーやエンディングでは拳崇の心の中からも意図的に抹消されようとしている
いったい龍の力とは何なのか。 包と拳崇には何の関係があるのか。 なぜそんなにも拳崇に嫌われているのか。
それよりプレイモアはこの話をちゃんと終わらせる気はあるのか
謎は深まるばかりである。
一応、最新のXIIIでもEDで姿を見せているので、存在自体抹消された事はないようである。


 クリスに続いて投入されたショタ担当。
 12歳(EX2では13歳になっていた)というのはKOF最年少である。
 しかしウケは芳しくなく、中途半端に伏線を残したまま存在を消されつつある感が否めない。
 ドットは非常にかわいらしいのだが、森気楼氏の描く写実的な包が
 なんか妙にムカつく顔をしているのがいけなかったのだろうか。
 まあ餓狼3の頃の不気味と言うかキモい秦兄とかよりはマシだが
XIで桃子が登場したため、ますます存在感が薄くなってしまった。 まあその桃子も微妙な存在なのだが…。

包が登場する際には他にいくつか設定案があり、「アテナのアイドル事務所の後輩」「ケンスウの恋敵」
見た目は怖いが自然を愛する心優しい大男「鎮元斎の世話をしているオバサン」 などが候補に挙がっていたらしい。

ちなみにチョイ・ボンゲと身長が同じで、黒咲壬羽桃子に次いでKOFで三番目に背が低いキャラである。
(黒咲壬羽が登場するまでは一番背が低かった)
お師匠といい桃子といい、サイコソルジャーチームは何故かおチビさんばっかりである。
SVCではなぜかヒューゴーのイントロに登場しており、ポイズンも登場する場合はヒューゴーのアフロの中に隠れている。
2002のリメイク版、2002UMで復活したが、描かれたイラストでは完全に女の子にしか見えない


原作中の性能

小さい 。体のサイズが鎮元斎、チョイと同じくらいに小さいため、リーチこそ短いものの相手の攻撃が当たりづらい。
必殺技飛び道具が中心で、すべて「サイコボール○○」という似たような名前ばかりで、
しかも数が多く(必殺技だけで12種類!)非常にややこしい。技とコマンド表とを見比べてもどれがどれやら…。
+ 例:KOF2000のコマンド表

「サイコボールアタック」は前方だけでなく、真上、バウンド、空中、空中バウンドもあり、
さらにはアテナの「サイコリフレクター」にあたる飛び道具反射版もある。
突進技「サイコボールクラッシュ」は様々な方向に突進できるが基本的に隙が大きく、連続技用といえる。
超必もやはり頑ななまでにサイコボール。語尾に「DX」など某音ゲーのようなタイトルがつく。
飛び道具以外にも自分を中心にサイコパワーを爆発させる無敵カウンター超必殺技もあり、モーション時に目が光ることから「宇宙人」などと呼ばれている。
ある意味サイコソルジャーチームの中では一番エスパーっぽい。

'99、2000では小ささと飛び道具の強力さ(さらにストライカーでフォロー可能)からウザキャラ呼ばわりされていたが、2001では一変。
ストーリー上の関係で飛び道具のサイコボールアタック系の技が一つを除いて(しかも飛ばない)一切無くなり、
体当たりのサイコボールクラッシュ系の技で空中を飛び回るキャラへと変化した。
しかし、ダウン追撃のできる特殊技の「裏滑蹴」が画面端で延々と入るため、
強制ダウンを奪えるC投げなどから3Dを入れ続けるだけという超お手軽永久になってしまい*1ウザキャラ度は遥かにパワーアップした
'02UMでは2001以前の性能に変わり、新たにMAX2「サイコボール・グラヴィティ」も加わった。やっぱりサイコボールである。

+ 余談




「あれ?勝ったの?」




MUGENにおける包


  • 高崎舟氏製作 '2000~2001仕様
ストライカーに霧島翔藤堂香澄鎮元斎矢吹真吾がいる。
デフォルトAIも搭載されている。
ran氏によってAIも製作されている。
ブリス対応。

  • Juanxoc氏製作 2001+2002UM+XI風アレンジ仕様
Nameが「Bao KOF XI」。
DisplayNameが「BAO XI」。
上記とは違い、スプライトが2001のものになっており、
2002UMでのMAX2に加え、XIアレンジなのでDCが搭載されている。

+ YAMA氏製作 小龍包(シャオロンパオ)

出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー



*1  これにより、'94のチン(気絶させやすく、そこから気絶→気絶が出来るので実質永久)、
'99のケンスウに続く サイコソルジャーチーム第3の永久持ち となった。
しかも全てが実戦で十分に狙えるという…じじいは一体何を教えてるんだ。