「全て滅殺」

     格闘スタイル: 軽身功+珠砂掌
     誕生日: 2月16日(30歳前後)
     出身地: 中国・河北省(滄州)
     血液型:
     身長: 195cm
     体重: 75kg
     趣味: なし
     好きな食べ物: なし
                                (今日を生きる者に好き嫌いは言ってられない
     得意スポーツ: どんなものでも(主に長・短距離走)
     大切なもの: 飛賊の鉄則
     嫌いなもの: なし
THE KING OF FIGHTERS』 に登場するキャラクター。
」と読む。「」ではない。ちなみに『麟』は麒麟のメスを指す言葉だが、見ての通り彼は男である。
中国・河北省を拠点に暗躍する暗殺集団「飛賊」四天王の一人で、飛賊に伝わる秘技「毒手功」を操る。
飛賊に伝わる四の門派の内、毒を扱う技術に長けた西毒門(せいどくもん)の王である。

一族の里を壊滅させ姿を消した長・(ロン)の行方を追っている。
堕瓏や『MIA』に登場する彼の妹の笑龍はこの一族の末裔だが、麟と彼らとは赤の他人。
笑龍の師匠にあたり、暗殺術を教え込んでいる。技名などは漫画『北斗の拳』を元ネタにしているものが多い。
声優は『龍が如く』の桐生一馬や『戦国無双』の服部半蔵等渋い声に定評のある黒田崇矢氏。の声も彼が担当している。
その他にも、『MARVEL VS. CAPCOM 3』で
スペンサー(『バイオニックコマンドー』の主人公)の日本語ボイスを担当しているが、ハイコンのボイスが麟にしか聞こえないとちょっとした評判である

 四天王という肩書きは龍によって皆殺しにされた前四天王に代わり急遽据えられたもので、
 拠点としていた隠れ里も半壊状態になっていたため
 『2000』の段階では飛賊は非常に脆い状態にあったらしい。*1
 飛賊の里に踏み込んだセスに襲い掛かるが、
 龍がKOFに現れるという情報と引き換えに手を引き、目的が一致したセスと手を組む。
 チームを組ませられることになった空気の読めない真吾を殺そうとするも、紅丸に制止されている。
 エンディングでは崩落した会場の瓦礫に足を取られ、
 身動きができない状態になっていたところに龍が姿を現す。
顔を変え、改めて飛賊を裏切りネスツについたことを明らかにした龍に殺されかけるが、すんでのところで紅丸に助けられた。*2

『2001』では完全に龍を抹殺するために行動しており、ネスツに接近する為
姿を消しながらK'マキシマウィップの後をつけていたが、マキシマの熱探知によって気づかれ、
一同を驚かせる速さを見せるも割とあっさり捕まり(すぐにあっさり脱出したが)、ウィップの提案によりチームに加えられる。
そう、こんな顔だが 主人公チームの一員 になったのだ。
オリジナルゼロ戦で龍と再び相見えるが、ゼロを倒した後も特に触れられず、
エンディングも 「俺たちの戦いはこれからだ!」 的にごまかされて終わった。
『2002』以降出場枠から外され(『2002UM』には登場)、飛賊から堕瓏が登場したため存在を忘れられかけていたが、
『XI』のサイコソルジャーチームのエンディングで麟らしき男が龍と一緒にいるのが確認された。
なぜ敵対しているはずの龍と共に行動しているのかは不明だが、今後何らかの形で再登場する可能性が高いと見られる。
[[龍の気>椎拳崇]]関係のシナリオも進めてください…

突如KOFに放り込まれた謎の半裸・包帯の人。 目からして非常に危ないことが分かる。
むしろ モータルコンバットに出た方が違和感がない のだが、
独特の個性的なモーションを持ち、キャラとしての完成度は高いのでプレイヤーの間では結構根強い人気がある。
影二と似たモーションがあり、庵の事を影二を倒した男として目をつけていたらしい等
彼を知っているようなセリフが見られるが、関係は不明(『2000』ではアナザーストライカーとなっていた)。

 血液型がとなっているのは彼なりにひねり出したギャグではなく、
 傷に毒を染み込ませて薬湯に浸し、時間をかけて馴染ませるという
 飛賊秘伝の修行を重ねた結果、本当に体内に毒が流れるようになったらしい。
 笑龍にもこの設定が付けられており、麟と同様の技が見られる。
 師匠である麟は毒手の使い手だが、弟子の笑龍は全身を猛毒としている。
 ちなみにその笑龍は『DOM』にヒロインとして登場したが、流石に全身毒という設定はなく、代わりに触ると不幸になる悪霊憑きとなっている。

またこの毒だが、その効果は『痺れる』とか『苦しみを与える』とかそんな生易しいレベルではない。
KOF2000の公式ストーリーでは、彼の手刀で胸にかすり傷を負っただけの忍者が血を吐いて 「ぶわあれぴ!」なんて謎の断末魔と共に 絶命している。
また本人曰く「 我が毒はどんな薬も効かぬ…死を待つが一番の薬… 」 言い換えると 一発でも食らったら死亡確定
これを見る限りは拳銃レイピアなど足元にも及ばない程ヤバいはずなのだが、
なぜか実際に毒を使う技は1つしかなく(しかも毒で相手が死ぬことはない)これも『2001』では削除された。
笑龍もそうだがプレイヤーから 「毒使えよ」 という突っ込みが相次ぎ、この凶悪な設定のせいで彼は消されたのかもしれない。
…まあ『2002UM』には無事出場したが(ジョン真吾と組まされたけど)。

ちなみに『2001』の特殊勝利ポーズ(上のgifアニメ)で現れる3人が残りの飛賊四天王で、
見えないと物理的におかしい服の女が南帝門(なんていもん)の王・足から生み出す炎を武器とする(ラン)
ギャグとしか思えない赤いのが北丐門(ほくかいもん)の王・絶大なパワーと頭突きが武器の(サイ)
その肩に乗る見るからに怪しい子供が東邪門(とうじゃもん)の王・凄まじい握力だけを武器とする(チャト)
…と、極めてイロモノ臭い面子で構成されている。イラストは こちら
麟を含め門派の名前は金庸氏の武侠小説『射雕英雄伝』に登場する達人五人「天下五絶」のそれぞれの異名から。
そのうち かませで出てきてあっさり殺されても何の不思議もあるまい。
事実、『XII』の堕瓏のストーリーで麟も含め乱以外の四天王は皆行方不明となった事が明らかとなっている。
乱もまた死亡フラグっぽい立ち去り方をしているので、四天王の先行きは不安だらけである。

本編以外では『2003』のムックに載っているデュオロンのストーリー漫画や3D作品の『MIA』の笑龍のストーリーに乱が登場している。

原作中の性能

移動技や突進技、奇襲技がバランス良く揃っており、機動力が高いのが特徴。
「無影紅砂手」は極限流の「暫烈拳」、「飛天脚」は影二の 「天馬脚」の麟版といった技。「翳(かすみ)」も演出が違うだけで「気功砲」の麟版といえるか。
2000にはKOFではほぼ唯一と言ってよい相手を毒状態にするMAX超必殺技「飛賊奥義 毒手功」があった。
当たり前だが、流石に設定通りの効果は無い
総じてモーションは特殊なものが多いものの、性能自体は比較的スタンダードで高火力。
特に『2000』では特定条件下でお手軽な永久が入ったり、技がガード不能になるバグが複数あり、
ストライカーなしの純粋な強さでは最強候補の一人に挙げられた。

『2001』ではバグと永久は削除されたものの、リーチが長く判定の強い牽制技と強力な連続技は健在で、
更に画面の1/3を覆う広間合を持ち、暗転を見てからガード出来ない上に無敵があり、威力が非常に高く、
コマンドも異様に簡単で暴発の心配もないという超高性能MAX超必殺技「飛賊奥義 千手羅漢殺」を切り札に持っており、
相性に左右されにくく安定して立ち回ることができる。
『2000』から大幅に技のラインナップや性質が変更されたが、それでも一強のフォクシーに次ぐ程の強キャラとなっていた。

久々に復活した『2002UM』では『2000』ベースの仕様となり「毒手功」もMAX2として復活している。
移動投げ超必「飛賊奥義 影向」がノーマル超必としてはかなり威力が高く、
強引ながら連続技に組み込むことも可能なため、コンスタントに決めていけばいいダメージ源になる。
それ以外は抑え気味に調整されており、以前のような強さはない。

地面に手を差し込んで離れた地点に突き出す「蛇突牙」や移動技「飛毛脚」、髪で攻撃する特殊技「弁髪拳」などは後に堕瓏に継承された。






 「苦しいのは初めだけだ…
      後は気持ちよくなる…」

MUGENにおける麟

+ CROSS†CAT氏製作 2001仕様+アレンジ
+ 119way氏製作 2001仕様+XI風アレンジ
+ アフロン氏製作 2000+2001+2002UM仕様
+ Lifeend氏製作 AKOF仕様
+ RYO2005氏製作 KOF+ROTD風アレンジ仕様
+ Winds776氏製作 Assassin

この他Misamu K Young氏が製作したものが存在。

仕分けみたいな技も使えるが、ニコニコ動画でネタになることはない。
運送ネタ 全盛期の頃のニコニコMUGENでは、そもそも麟自体を見なかった事が原因と思われる。
その後は毒つながりで彼女とタッグを組んだりして出番が増加。
また、「飛賊奥義 影向」を使用した際には「」と言う弾幕が良く流れる。

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー



*1
当初の設定は「麟以外の全員が龍について行ったか、歯向かって殺された」となっていたが、
後に「事件当時里におらず難を免れた飛賊たちが集結し、新たに四天王を立てて各地に散った」という設定に変更された。

*2
ポルナレフに似ていると評判の紅丸だが、特にこのシーンはDIOに背後から襲い掛かるポルナレフだった。
この後さらにツンデレぶりを発揮し、二人とも素直じゃないなと真吾に評されている。