フォボス





>HIGH POWER‐MODE OFF
>Ok

初出作品:ヴァンパイア The Night Warriors
出身地:メキシコ
生年月日:520年製造(初代の設定では6万5千年以上前)
身長:222cm
体重:2.27t
種族:ロボット

「キラー・マシーン」

ヴァンパイア』シリーズに登場するキャラクター。巫女さんの側近のカラスではない。
初代では中ボスである為アーケード版では使用不可だったが、
後のコンシューマ版ではプレイヤーキャラクターとして使用できる。家庭版『セイヴァー』、『ハンター2』でも使用可能。

ロボットのため自我が乏しく、プログラム通りに動くマシンそのものというキャラクターに設定されている。
勝利後の台詞も平仮名の部分を全て片仮名に変えた文体で喋り、『セイヴァー』以降は文頭に「》」という
記号がつけられている。

名前の由来はギリシア神話に登場する恐怖の神「ポボス(Φόβος / Phobos)」。「フォボス」は英語読み。
この名は英語で恐怖症を意味する「Phobia(フォビア)」の語源ともなった。
また、海外での名称は「Huitzil(ヒューチル)」。こちらは古代メキシコ語(ナフア族のナーワー語)が由来で、
古代アステカ神話における戦いの神「ウィツィロポチトリ(HUITZILOPOCHTLI)」、
およびその化身である「ウィツィル(HUITZIL、ハチドリ)」に由来する。

キャラクター設定

初代『ヴァンパイア』と『ハンター』以降では大きく設定が変更されている。
『ヴァンパイア』では、異星人によって作られた「地球上の生物を抹殺する」ためのロボットで、
恐竜たちを絶滅させた後は地殻変動によってスリープ状態で地中深くに埋もれていた。
しかしパイロンが地球へと近づいたことにより、その影響によりその中の一体が起動。
かつて異星人たちにプログラムされた通り、「地球上の全生物の抹殺」という任務を遂行するため動き出す。

『ハンター』以降ではキャラ設定が大幅に改められ、古代マヤ人によって設計・製造されたガードロボットとなった。
マヤ人の住む「中央アメリカを守護する」という目的で製造され、マヤ人が中央アメリカから姿を消した後はマヤの遺跡で眠っていた。
しかし初代と同じく強大な存在であるパイロンが来襲したことを察知し起動、かつての主により彼らに与えられた
中央アメリカを守護する任務を遂行するべく、メキシコのテオティワカン遺跡から一体のロボットが飛び立つ…と、
前作とは打って変わって人類を守護するためのロボットという真逆の設定が与えられている。
前作での「異星人に作られた」という設定との齟齬を解消するためか、『ハンター』以降の関連書籍『ALL ABOUT ヴァンパイア』等では
フォボスの製作技術は異星人からマヤ人へともたらされた可能性などについて言及されていたり、
マヤの遺跡から発見されたものには彼らの時代より遥か前の文明の遺物などが含まれており、
マヤ人は古代の超文明の遺産を利用しただけはないかという考察などが付属している。

『セイヴァー2』と家庭用『セイヴァー』では、古代マヤ人の血を引く少年セシルが遺跡に迷い込んだ事で起動。
マヤ人の血を引く彼を守るために行動しており、車に変形してセシルを乗せていたり、
戦闘開始時にセシルを安全な場所に退避させる姿などが見られる。

家庭用『セイヴァー』のエンディングでは、戦闘によって蓄積したダメージで最終戦後、破損。
行動不能となるが「少年を守る」という命令コードが持続していたことで多数の同型機がバックアップとして起動し
全ての生命体を保護対象と敵とに区分して各地で行動を開始する。
パイロンがフォボスの創造主であることを匂わせる内容も含んでおり、初期設定の一部が復活しているとも考えられ、
2つの設定を合わせて「パイロンの製作した破壊兵器が時を経て後にマヤ文明のガーディアンになった」という可能性もある。

ゲーム本編から設定が変更されているOVA『ヴァンパイアハンターThe Animated Series』では
初代の設定に近い、「パイロンの出現に呼応して起動した過去地球上の文明を何度も滅ぼしてきたロボット兵器」という設定。
人類だけでなく、地球上のダークストーカーズたちに対しても無差別・執拗に攻撃を行う殺戮ロボットとされており、
パイロンと合わせて同作における「敵」として登場していた。

NAMCOxCAPCOM』では、ザベルによってプログラムを変更され、彼の手下として登場。
複数体も存在するという設定に基づき、ザコ敵扱いで登場する。
初登場した25話では『ワルキューレの冒険』のロボティアン製造工場で量産される様子が描かれている。

『タツノコ VS. CAPCOM』ではロールのエンディングに登場。
とある格納庫で『スターグラディエイター』のベクターと共に眠っていたが、ロールによりお手伝いロボットへと改造されてしまい、ライト博士の研究所で働くことになる。
やがて様々な場所へお手伝いに行くようになり子供達に人気の存在となる。


セシル

古代マヤ人の血を引く人間の少年。担当声優は氷上恭子氏。
戦火で故郷や家族を失い、彷徨った果てにフォボスが封印されている遺跡に迷い込んだ。
偶然にも古代マヤ人の血を引いていた彼をフォボスは嘗ての製造者、主人と認識し、
「保護対象」の優先順位は中央アメリカから唯の少年となった。
まだ幼いこともあってか言動は拙く、時に残酷と思える程に無邪気。フォボスが敵を攻撃する際は嬉々として命令(?)を下す。
血筋以外は普通の人間と変わりない様に思えるのだが、ジェダにより魔次元に飛ばされている事を
考えると、彼の魂にも何か特別なものがあるのかもしれない。
『セイヴァー』のエンディングではフォボスと逸れたらしく、以降の消息は不明。


キャラクター性能

初出が中ボスのため性能が高い。
高速ダッシュ・変幻自在の空中浮遊・妙に素早いしゃがみ移動・全キャラ中最広範囲判定の強Kなど、
全ての挙動がいやらしく 一部では至高の操作性を持つと評価され、熟練したプレイヤーが相手だと
「よくわからないまま敗北しているような錯覚を受ける」とまで言われる。
しかし作品ごとに技やシステムが大幅に変更されており、その度に練習をし直さなければならなかったのである意味プレイヤー泣かせであった。
特筆すべきは『ハンター』時代に存在したEX必殺技「コンフュージョナー」である。
一見なんでもない光弾を発射する地味な技だが、この光弾には一定時間ヒットした相手のガード操作を不能にし、
浮力を持たせて拘束するという恐ろしいステータス異常を付加する。
効果中はダメージ補正などという生易しいものはなく、受けた側は地上技をちょいちょい出し 邪魔をする程度の行動 しか許されないという公開レイプが待っている。
某攻略サイトでは「当たれば即死」「ハンターを代表するクソ技」「他の全ての技はこれを当てるために存在する」と称えられる。

だがしかし、この頃のヴァンパイアには他に永久標準装備キャラ限バグ永久持ちなどの一歩抜き出た性能のキャラが存在しており、
そこまで語り草になることはなかった。
『セイヴァー2』及び家庭用『セイヴァー』でのフォボスは、上記の「コンフュージョナー」が削除
(EX必殺技・「ファイナルガーディアンβ」の始動演出に降格)され、威力以外は最強と言われた
GC専用必殺技「リフレクトウォール」も、アドバンシングガードの登場で出番が激減。
また通常技で使い勝手の良かった鉄球技も変更で弱体化する。しかし浮遊システムの変更に伴い、
以前より更に変幻自在の動きを見せるようになり、新技の空中飛び道具「プラズマトラップ」や
画面上に長時間残る飛び道具の新EX必殺技「イレイジングスフィア」の登場で一層砲台キャラに磨きがかかった。

ちなみに『セイヴァー2』でフォボス相手にミッドナイトブリスを弱P+強Pで出すと
(弱P+強P以外で出した場合は16分の1の確率)、隠し演出で体操着+ブルマという非常にマニアックな姿になる。

MUGENにおけるフォボス

今まで仮公開に近いZolagun氏や簡易AIしか搭載されていないJedah12氏のフォボスしか存在しなかったため、動画での出番は少なめ。
最近になり十六夜風丸氏や操氏の国産フォボスが出来上がり、十六夜風丸氏のフォボスには悠季氏やyanagi氏のAIも公開された。
これからの活躍が期待される。

  • Zolagun氏製作 セイヴァー仕様
セイヴァーを基本に、ハンター2の要素を混ぜ合わせている。
現在の完成度は30%との事。

  • Jedah12氏製作 MVCアレンジ仕様
基本的に原作の要素はプラズマビームくらいしか残っておらず、必殺技はプラズマビームとミサイルのみ、超必殺技もその強化版で、超レーザー、対空レーザー、ミサイル連発となっている。
標準でAIも搭載されているが簡易レベル。
ひとまず動いて適当に攻撃する程度である為、地上の相手に対空レーザーを出したりと大会などに使うのは厳しいレベルである。

  • 十六夜風丸氏製作 KOF風アレンジ仕様
Kong氏が公開している素材をベースに作られたフォボス。
基本的な技構成はセイヴァー2の物となっている他、アレンジとして別ゲームキャラの技を使用可能になる虐殺モードも搭載されている。
(7Pカラー以降でモードチェンジ可能だが、7P以降でも開始時点は通常モード)
「過去に戦った機体の攻撃をコピー」のような説明が載っているのだが、 黒いメガデウスとかどこで戦ったんだ
また、KOF風アレンジという事で4ボタン仕様になっており、チェーンコンボが出来ず、初期KOFのようなほとんどコンボの繋がらない仕様になっている。
ただ、元々砲台キャラだった事もあり、仕様が変わっても各種飛び道具による制圧能力は高い。
更新で悪名高きコンフュージョナーを元にしたコンフュージョナーβが搭載された。
原作再現が難しいからか、移動と通常攻撃以外の行動を封じる技となっている。
プラズマビームEXだけでお手軽永久コンボが可能で、各種弾幕を駆使することでほぼノーリスクの即死連続技を組める。

また現在は修正されたが、当初リフレクトウォールの性能が非常に凶悪だった。
打撃・飛び道具を問わず相手の攻撃に対し攻撃判定付きのバリアをぶつけるというものだが、 ダメージの基準が相手の攻撃の威力 だった為に、リフレクトウォールの連発で相手の体力を一瞬で吹き飛ばす事もあった。
現在でも、大量の飛び道具を一度にはね返すと即死級のダメージになることがある。一回分のリフレクトウォールで複数の飛び道具を全てはね返せることが原因と思われる。
(と言うより、発生したリフレクトウォールに何か飛び道具が当たると そこから新しいリフレクトウォールが発生する ようである。)

デフォルトではAIは未搭載だが、悠季氏とyanagi氏によりAIが公開されている。
悠季氏のAIは空を飛び回り各種飛び道具で牽制、ダークフォースも容赦なく使ってくるため凶~狂に片足突っ込むレベルのAI性能となっている。
一部の強すぎる技の使用はON/OFF可能だが、それを除いても凶クラスの強さはある模様。
更新により飛び道具の使用頻度を自重したAIレベルも搭載された。
こちらのレベルを選択すればおよそ強レベル程度となっている。
リフレクトウォールやレイ・オブ・ドゥームの使用頻度等も設定可能なので、ある程度の強さ調整が可能。
以前は上空からいつまで経っても降りてこない空中要塞化することもあったが、現在は修正された模様。
少し前のバージョンでは、勝ち挑発をオンにした状態で同キャラタッグを組むと勝利後に勝ち挑発が延々と終わらなくなってしまう不具合があったが、現在は修正済み。

yanagi氏のAIは氏のonedriveにて公開されている。現在は最新版にも対応済み。
悠季氏のAIを参考に作られたらしく、AIレベルは無いが技の使用頻度を変更できる。
「多分デフォルトで凶最上位くらいです。」とのこと。
更新で永久の使用可否を設定できるようになった。
これで幅広い大会に出られるようになったと思われる。
前述の通りキャラ本体は通常技によるコンボをほとんどできないが、各種飛び道具による弾幕で普通に連続技を組めるため、問題ない。
と言うか、 ビームでコンボができる ため、超必殺技を含めれば30ヒット越えなど容易く、永久コンボなど無くても十分強い。
まさにビーム脳
7P以降は虐殺モードにも対応している。最新版では虐殺モードのレベルも変更可能になった。

  • 操氏製作 初代中ボス仕様
初代仕様のフォボスである為、超必殺技は搭載されておらず、ゲージ自体が0に固定される。
Q-Beeの+Bやデミトリのブリス等のヴァンパイア系の特殊やられにも対応している。
デフォルトではAIは未搭載。

  • Lord Sinistro氏製作 huitzil
MUGEN1.0専用。
公開は2013年6月22日。
ベースは初代仕様だが、アレンジが入っておりゲージ消費超必で「コンフュージョナー」や「ファイナルガーディアン」
までも搭載した各シリーズの美味しいとこ取りとなっている。デフォで作者によるAIも搭載されていると思われるが、あまり動かず強くはない。

出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー

プレイヤー操作






「>>現在 特別コード ニテ 作動中
      保護対象ノ 生命維持 最優先:」