スカロマニア


「世界の平和は私が守る!!」

     出身:日本
     格闘スタイル:スーパーヒーロー思い込み格闘術
     特技:常軌を逸した思い込み
     身長:163cm
     体重:62kg
     血液型:A
     誕生日:5月19日
     好きな物:守るべき家族 世界平和
     嫌いな物:悪 残業
     家族構成:妻、子供たち、ペットの犬(ポチロ)
     CV:二又一成

キャラクター概要

ストリートファイター初の3D作品『ストリートファイターEX』シリーズのキャラクター。
正体は都内某所に住む三流サラリーマン・西小山三郎。ある日、お得意先のデパートで
ヒーローショーのスーツアクターとして狩り出された際に何かが弾け、それ以降週末になると
ヒーロースーツ(骸骨の全身タイツ)を身に着け、ヒーローとして悪と戦うようになる。
EX2以降では「リストラ推進係」の部長に昇進したせいで週末だけではストレスを発散し切れなくなったのか
ストレスが溜まる度に変身するようになり、さらにベルトマフラーを身に着けるようになった。

(以上、Wikipediaより一部引用)

名前が長いためゲーム中ではしばしば「SKULLO」と略され、通称もそのまんま「スカロ」で呼ばれている。
断じてスカロマニアではない

+ 昔のスカロマニア

つまり実質的には、ちょっと身体を鍛えただけのサラリーマンでしかない。
にも関わらず一流の格闘家やら悪の秘密結社やらと互角以上に渡り合える辺り、この人達に近いものがある。
元ネタは御存知『仮面ライダー』。
「なんでバッタ男が骸骨になったのか判らない」という人は『スカルマン』で検索してみよう。
その際ロックマンの同名の敵と勘違いしないように注意。
仮面ライダーW』ではそのスカルマンをモチーフにした「仮面ライダースカル」というのが登場したが、
こいつとも結構似ている。
またCVの二又氏は、アニメ『キン肉マン』でキン骨マンの声を当てていたりする。

ゲームでの性能

地上戦の強さが目立つキャラクター。飛び道具は無いが、素早い動きの突進技を得意とする。
判定の強い下中P、リーチの長い下中K、通常技を潰し、そこから各種突進技に繋がる大K等。
またゲージ技が強く、割り込みや必殺技の隙を狙う相手を逆に狩る場面もよく見られる。

瞬獄殺型の1ゲージ乱舞技「スカロドリーム」は3Dならではのカメラワークが変化する連続攻撃技で、内容が毎回変化している。
初代ではコマンド入力によって反則技ばかりを仕掛ける「急所ドリーム」や、ビームを放つ「スカロドリームファイナル」になる。
EX2では「新スカロドリーム」となり、なぜかちゃぶ台など日常的な風景が混ざっている謎演出に。
EX3の「スカロドリームNEO」は旧作より威力がアップしており、また隠しコマンドでEX1・2版も使用できる。


MUGENにおけるスカロマニア

MUGENでは2005年にDark Nekrobat氏がベータ版を出していたがこれは完成版は出ずに終わり、
それと別口で2008年にDEMAN氏が完成したものを発表した。なぜか双方の小ポートレートには同じ絵が使用されている。
また、2013年3月にはSean Altly氏とDivineWolf氏の共同制作による、2Dの手描きドット版スカロマニアも新たに公開された。

+ DEMAN氏制作 EX2PLUS仕様 原作3D取り込み
+ Sean Altly氏&DivineWolf氏制作 カプエス2風仕様 2D手描きドット

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
凍結

出演ストーリー