スカロマニア








「世界の平和は私が守る!!」

     出身:日本
     格闘スタイル:スーパーヒーロー思い込み格闘術
     特技:常軌を逸した思い込み
     身長:163cm
     体重:62kg
     血液型:A
     誕生日:5月19日
     好きな物:守るべき家族 世界平和
     嫌いな物:悪 残業
     家族構成:妻、子供たち、ペットの犬(ポチロ)
     CV:二又一成

キャラクター概要

ストリートファイター初の3D作品『ストリートファイターEX』シリーズのキャラクター。
正体は都内某所に住む三流サラリーマン・西小山三郎。ある日、お得意先のデパートで
ヒーローショーのスーツアクターとして狩り出された際に何かが弾け、それ以降週末になると、
ヒーロースーツ(骸骨の全身タイツ)を身に着け、ヒーローとして悪と戦うようになる。
EX2以降では「リストラ推進係」の部長に昇進したせいで週末だけではストレスを発散し切れなくなったのか、
ストレスが溜まる度に変身するようになり、さらにベルトマフラーを身に着けるようになった。

(以上、Wikipediaより一部引用)

名前が長いためゲーム中ではしばしば「SKULLO」と略され、通称もそのまんま「スカロ」で呼ばれている。

+昔のスカロマニア

つまり実質的には、ちょっと身体を鍛えただけのサラリーマンでしかなく、某社長のようにスーツが高性能というわけでも、
ネオサイタマのサラリマン(原文まま)よろしく亡霊に憑りつかれた等のぶっ飛んだパワーアップもしていない。
にも関わらず一流の格闘家やら悪の秘密結社やらと互角以上に渡り合える辺り、この人達に近いものがある。
元ネタは御存知『仮面ライダー』。
「なんでバッタ男が骸骨になったのか判らない」という人は『スカルマン』で検索してみよう。
その際ロックマンの同名の敵と勘違いしないように注意。
仮面ライダーW』ではそのスカルマンをモチーフにした「仮面ライダースカル」というのが登場したが、こいつとも結構似ている。
またCVの二又氏は、アニメ『キン肉マン』でキン骨マンの声を当てている。
『EX2』から登場する隠しキャラシャドウガイストはガチの改造人間でヒーローなのだが、
どういうわけかスカロと同系統の技を使う。
2018年リリース『ファイティングEXレイヤー』(以下FEXL)にも登場した際ほぼ全ての声優陣が一新されていたが、
このキャラは変更無く二又氏が続投している。
なお他にCV変更が無かったドクトリン・ダークダラン・マイスターと含めて僅か3キャラのみ。
2018年リリースの『SNKヒロインズ タッグチームフレンジー』には他社コラボでゲスト出演したのだが、
この作品では故あって女性化しているため甲斐田裕子氏が声を当てている。

ゲームでの性能

地上戦の強さが目立つキャラクター。飛び道具は無いが、素早い動きの突進技を得意とする。
判定の強い下中P、リーチの長い下中K、通常技を潰し、そこから各種突進技に繋がる大K等。
またゲージ技が強く、割り込みや必殺技の隙を狙う相手を逆に狩る場面もよく見られる。

瞬獄殺型の1ゲージ乱舞技「スカロドリーム」は3Dならではのカメラワークが変化する連続攻撃技で、内容が毎回変化している。
初代ではコマンド入力によって反則ばかりを仕掛ける「急所ドリーム」や、ビームを放つ「スカロドリームファイナル」になる。
EX2では「新スカロドリーム」となり、なぜかちゃぶ台など日常的な風景が混ざっている謎演出に。
EX3の「スカロドリームNEO」は旧作より威力がアップしており、また隠しコマンドでEX1・2版も使用できる。


MUGENにおけるスカロマニア

MUGENでは2005年にDark Nekrobat氏がベータ版を出していたがこれは完成版は出ずに終わり、
それと別口で2008年にDEMAN氏が完成したものを発表した。なぜか双方の小ポートレイトには同じ絵が使用されている。
また、2013年3月にはSean Altly氏とDivineWolf氏の共同制作による、2Dの手描きドット版スカロマニアも新たに公開された。

+DEMAN氏制作 EX2PLUS仕様 原作3D取り込み

DEMAN氏制作 EX2PLUS仕様 原作3D取り込み

DEMAN氏のものは原作(EX2 PLUS)のグラフィックそのままで怖いくらいにヌルヌル動く
スーパーキャンセルガードブレイク、エクセルも実装されていて原作のシステムの再現度は中々高いが、
それでもやはりなにかと違いはある。
目立つところを書き出すと、
  • スーパーキャンセルで出した超必にも削りダメージがある
  • 一部に攻撃判定発生までの時間が短い技などがある
  • お手玉的なコンボやダウン状態の敵への追撃が可能
等々。
全ての点でという訳ではないが結構強化されている。
無闇に弱体化していて戦えないよりは良いのだろうが、原作を良く知る人には違和感もあるだろう。
そういうことに拘らない人向きのキャラかもしれない。
ちなみにけっこうな超反応タイプのAIを搭載しているため、敵にすると中々に強い……と言うか、
勝てるキャラと勝てないキャラが比較的はっきり分かれるタイプ。ともあれこれからの活躍に期待。
+Sean Altly氏&DivineWolf氏制作 カプエス2風仕様 2D手描きドット

Sean Altly氏&DivineWolf氏制作 カプエス2風仕様 2D手描きドット

新たに作られた2Dの手描きドット版スカロマニア。
絵のタッチはカプエス2風味になっており、搭載されているシステムもストEXではなくカプエス2から採用され
攻撃避け、前転、大ジャンプ、ガードキャンセル、パワー溜め、ブロッキングなどが使用可能。エクセルは使えない。
Sean Altly氏が単独で製作したバージョンもあり、そちらは空中でスカロクラッシャーが使えたりセリフの配置が異なったりする。

Sean Altly氏版はデフォルトAIが入っている。MUGEN1.0専用のようだ。
DivineWolf氏との共作版にはデフォルトのAIは入っていないが、AIの作成は自由とのこと。

後者にはカルフム氏とJadeeye氏の外部AIが公開されている。
Jadeeye氏のAIにはAI起動用のトリガーに「AILevel>0」という記述があり、
そのままではWinMUGENでは動かないが、起動用の記述だけ変えればWinMUGENでも動いてくれる。
最新版には対応していない。
カルフム氏のAIはそのまま入れても動くが、
AIを常時起動させるにはcmdファイルをメモ帳などで開いて設定しないと常時起動にならないため注意。
こちらはWinMUGEN専用AIであり、新MUGENだとエラー落ちするため注意。
こちらも最新版には対応していない。

このキャラの強さを支えているのは9割9分が回避移動とブロッキングであり、原作とはかけ離れた性能が強さを引き出している。
これらを奪ってしまうと大幅にグレードダウンすると思われる。
参考動画

また、単体のキャラクターではないが、うけげ氏のコンプゲーに、スカルマンのドットを改変してつくられた「スカロマン」が登場する。

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
凍結

出演ストーリー