メイ・リー




「出たな! ネスツの改造人間!」



格闘スタイル: テコンドー(オリジナルアレンジ入り)
誕生日: 5月24日
身長: 164cm
体重: 47kg
血液型: B型
スリーサイズ: 不明
出身地: 韓国
趣味: ビデオ鑑賞(主に特撮ヒーロー系)
大切なもの: ある人にもらった赤いマフラーとグローブ
好きな食べ物: 鳥の唐揚げ、冷麺
嫌いなもの: 悪
得意スポーツ: テコンドー

THE KING OF FIGHTERS』 2001、2002、NW(家庭用隠しキャラ)、2002UMに登場するキャラクター。
担当声優は川上とも子氏。

正義の味方に憧れてキムに弟子入りした女の子。 キム同様悪を許さない性格。
特撮ヒーローマニアで、ネスツの改造人間(となぜか)との対戦前には上記のセリフの特殊イントロが入る。
本名はイ・ジンジュ(漢字表記・李 珍珠、英字表記・"May" Lee Jinju)。 名前は当時のイオリスの担当者から。
ちなみに珍珠とはすなわち真珠(パール)の事。

『2001』で交通事故(自分から車にぶつかっていったのだが)に遭ったジョン・フーンの代わりに韓国チームに加わった。
エンディングではネスツ打倒を祝ってパレードが行われる中、当時暴虐イメージを極めていたキムが
不出場の間にネスツ打倒を成し遂げられて英雄と讃えられる機会を逃したジョンと見苦しい喧嘩を繰り広げ
チャンチョイに「優勝できたのはメイちゃんのおかげ」と言われていた。
こういう演出を入れるからまたキムの凶悪イメージが強固なものに
ストーリーでの出場はこの一作だけで、最終決戦だけ参加して一番美味しいとこだけもらっていくという

『2002』ではユリと組んで女性格闘家チームとして出場。
なんか「餓狼のヒロイン:舞、龍虎のヒロイン:ユリ、KOFのヒロイン:メイ」みたいなポジションを得た。そこはアテナだろう。
……いや、アテナはサイコソルジャーチームだから仕方ないし、
メイが「韓国版アテナ」というポジションを求められていたのだからこの位置にねじ込まれる事情も分かるのだが。
イオリス社との契約があった時期はこのように猛プッシュされていたのだが……。

そのリメイク版である『2002UM』では、李香緋が女性格闘家チームに対抗して結成した「 美少女 格闘家チーム」の名に惹かれ女性格闘家チームから移籍した。
もう1人のメンバーは四条雛子。当初香緋は雛子ではなく藤堂香澄を入れようと思っていたが、『'99』の食い逃げ犯騒動を根に持たれていて却下されたらしい。
この3人は「ネスツ編で初登場」「本家女性格闘家チームの所属経験あり」という共通点こそあるものの、接点は少なくやや強引なチーム結成となっている。

なお戦闘力は不明になっているが、上の画像や、ヒーローモードでのニュートラルポーズで横から見てみると
相当なものと推測される。



当時プレイモアのスポンサーになっていた韓国のイオリス社の
「韓国版アテナのようなキャラを」 という要望によって登場したキャラ。
「韓国版アテナ」でなにをどうやったらメイ・リーが生まれるのかは結構な謎だが、
どうやら「アイドル的ビジュアルファイター」という注文から派生した結果
こうなったことが公式のキャラクター紹介に書かれている。
仮面ライダー+ド根性ガエルという理解に苦しむ組み合わせは、
当時韓国で流行っていた日本のメディアだったらしい。
他にもドラゴンボールセーラームーン、しまいにはエロゲのネタ(声優つながり)
同人ゲームのネタまで雑多に詰め込まれており、日本のプレイヤーからすると唐突すぎて意味が分からない奇妙なキャラになってしまった。
そのためか、日本ファンの間では色物キャラ扱いを受け人気は非常に低い。開発陣でさえ 「かなり戸惑った」 というのだから無理もない。
更に追い打ちをかけるかの如く韓国での人気も非常に低く、人気ランキングで圏外となっている。

構えを変更すると同時に一瞬でマフラーと手袋を装着し、袖が捲り上がるというすごいのかどうでもいいのか微妙な芸を持つ。
頭にメガネ(サングラス?)を乗せていたり、メイとシンクロして表情が変わる不気味なTシャツやヒーローベルトを身に着けていたり、
規律に厳しいキムが何も言わなかったのかも謎。というよりいい歳してその格好はないだろう。
ユウキとは若干キャラがかぶっている。
+ライダーっぽい格好について
多分にライダーの影響があるのは確かだが、格好は同じく石ノ森原作のジロー/キカイダーからの影響の方が強い。
よくライダーベルトと言われるが、どちらかといえばキカイダーのベルトである。太極旗にも似てることだし。
なお頭にサングラスは70年代当時の若者風俗で、同じ頭グラサンのヒロシと共通点で混ぜた結果がああなのだと思われる。
……もっとも、数年後に公式で胸に顔の飾りのあるライダーキカイダーなライダーが実際に出て来るとは思っていなかっただろうが。

さり気なく『SVC』のEDに登場していたが、イオリス社との契約が切れた後の『2003』以降音沙汰がなく(イオリス社の契約が有効だったのは『2002』まで)、
『MI』シリーズではキムの弟子ポジションにチェ・リム*1という新キャラが登場し、徐々に無かったことにされつつある感がある。
しかも隠しコスチュームにメイ・リーの姿になったり…。

またアンヘルとともにイオリス社との版権関係がややこしい状態にある、との噂が流れていたが、
ドットの修正、ボイスの全新録という地味な高待遇を受けつつ『2002UM』には無事出場出来た。
(…ネスツの改造人間どもへの台詞がストロンガーになったりしているが、まあ何も言うまい)
少なくとも、同年に初参戦した完全に消されたキャラのような扱いにはなっていないようなので、ファンとしては一安心と言ったところだろうか。
ただ、担当声優だった川上氏が逝去した事や、『XIV』で声優がほぼ一新されたとはいえ
別に登場させるほどの重要なポジションにいない事も相まって再参戦が期待できない状況となっている。*2


   「天に代わって、お仕置き完了っ!」


原作中の性能

ジョン・フーンの「構え」を進化させたような「変身」が可能で、
全く性能が異なるスタンダードモードとヒーローモードを切り替えながら戦うという特殊なキャラ。
スタンダード時は足技の連続技がメイン、ヒーロー時はテコンドーにほとんど関係ない動きになりガードができなくなる。
飛び道具やこれといった対空技がないので、立ち回りブロッキングのような性質の特殊技「ヒーロー受け」からの連携が中心になる。
「変身」は全通常技とほとんどの必殺技キャンセルが効くのでブレーキングのように使うことができ、一度攻めに入ったら強力な固めや連続技が可能。
(ただしあくまで攻撃が接触した瞬間のみなので空振りは厳禁)
スタンダードモードの状態やMUGENでいうAIRでヒーローモードの必殺技を無理やり出す「ピョン吉モード」と呼ばれるバグ技があり、
(当然どの技もまともな動作はしない)
『2001』ではこの状態で一部の技を出すと自分が行動不可能になったり最悪の場合基盤がフリーズする。
このバグの対策のためか、『2001』と『2002』では大幅に技(と名前)が変更されているが、
それでも条件や性質は変われどピョン吉モード自体は残ってしまっている。
これが完全に消されたのは三度目の正直となる『2002UM』であった。

スタンダードモード時はJCDとJDを主軸にした飛び込みと通常投げを含めた崩しで攻め、
判定の強い立ちBでの牽制とブレイジングインターセプト(我打反襲)で相手を遠ざけて守る。スピニングエッジ(風車脚)がガードされた場合は二択を仕掛ける。
変身は各局面でブレーキングのように使い、牽制技をキャンセルしたり二択を仕掛けた後にそのまま変身するのが主なパターン。
スタンダードモードでの立ち回りが苦しくなったら変身する。ちなみにスタンダードモードの通常技は異常なほどに判定が弱い。

変身後はB、C等の判定の強い通常技とシャイニングサンダーブロウなどで牽制しつつ攻める。
ヒーローモード中の立ちCDはガード不能なので、警戒して暴れてくる相手は変身やヒーロー受けで押さえる。
倒れると強制的にスタンダードモードになってしまうため、攻められているときにリバーサルで頼れる技は残念ながら無い。
またスタンダードモード時は起き攻めに使える技も無いので、相手をダウンさせたらすぐに変身して起き攻めに移るのが賢い。

初登場の『2001』では通常技が発生・隙共に非常に優れ(弱強共に発生2Fの地上技がある)、『2002』以降と違い弱始動必殺技も持っていて、
そこからのスパキャン神獣脚→変身でまとまったダメージも取れるためキャラランクは高い方に位置していた。
『2002』以降では弱始動で使える必殺技がヒーローモード且つMAX超必殺のみに削られ、通常技のフレームデータも調整が入り中堅止まりとなってしまった。
使いこなせるようになると爆発力があり中々面白い性能ではあるのだが、操作の忙しさとジャンプを初めとした機動力があまり高くないのが足を引っ張る。
更に『02UM』の調整で崩し・立ち回りに使える技に調整が入り微妙にやりづらくなった感もあり…『02UM』共通調整なのだが大きく火力が下げられたのも泣き所…

…とまあ、ここまでは使う側の観点だが、相手にする側としては
一部の吹っ飛ばす技を喰らわせると通常残らないはずのやられ判定が残るというバグが存在するため
一部のキャラに彼女限定の即死コンボが存在する。
…まあ大体は端限定かつMAX2絡みで5ゲージくらい使うんだが。


MUGENにおけるメイ・リー


  • Stephengi氏製作 2002+XIアレンジ仕様
ドリキャンが搭載されている。

  • Tin氏製作 2001+アレンジ仕様
MUGEN界に古くから存在しているのがこちら。AIは未搭載。
原作再現かつ、ピョン吉モードもコマンドで再現。
Mouser氏、あだむすきー氏、H"氏ら錚々たる面子のテストプレイ協力を受けているので
完成度の高さは折り紙付き。MAX超必「メイ・リー ダイナミック!」は必見。
氏のサイト閉鎖で一時期は入手困難だったが、現在は無限高校のサイト保管庫内にて代理公開されている。

shao氏が外部AIパッチを公開している。


  • Juan Carlos氏製作 2001+アレンジ仕様
これもMUGEN界に古くから存在していたメイ・リー。
DOS時代からの古株であったが、公開場所であった氏のサイトが消滅したため、現在正規入手は不可能である。

  • KoopaKoot氏製作 2002UM+XIアレンジ仕様
『XI』でのドリキャンも搭載されている。
現在は公開を停止しており入手不可。
ドルジ氏によってAIパッチが作成されていたが、こちらも公開停止。

  • 大垣氏製作 アレンジ仕様
2015年10月に公開されたヒーローモードやヒーロー要素を廃し、スタンダードモードオンリーにアレンジされたメイリー。
通常技は『2001』、必殺技は『2002UM』をベースに、『2001』限定の強三連脚(236K)と流月臨脚や鳳凰脚が搭載されており、
ヒーローモード無しでも遜色の無い構成である。
原作の「変身」の代わりに搭載されている接触させたあらゆる技をキャンセルし隙を無くす「技中断」を持ち、
執拗にガードクラッシュや中下段を迫る事が出来る崩しメインの性能をしている。
当て身技はあるが守りが弱く、弱始動コンボで使える必殺技がゲージ技しかない為、スタンダードモードのみとはいえ中々癖のあるキャラとなっている。
グラフィック面はモーションが描き起こされていたり、同氏作の青龍楓ユリと同じく頭部を中心に大きくスプライトに手が加えられていて非常に可愛らしい。
そして見た目の大きさの割に全く揺れなかった乳がブルンブルンとよく揺れるようになっている。全くけしからん。

行動頻度やガード確率、コンボレベルを設定可能なデフォルトAIも搭載。
また固めレベルもあり、最大にすると上記の技中断を駆使し苛烈な割り・択行動を迫るようになる。
キャラやAI戦法の性質上、リバサ無敵技やアドガやガードキャンセル等の行動に非常に弱くキャラ相性が大きく出てしまうのが弱点。
戦法が嵌るキャラ相手ならばかなりの強さを発揮する。


他には国内で原作再現の2002仕様が作成されていたが、現在は公開停止中。
また、製作者が自分の名前、ニュースサイトやWIKIでの紹介、動画での使用を禁じているため、詳しくは書かない。


ぶっちゃけニコMUGENではメイはメイでもGGの方の影にいろんな意味で隠れがちである。

さらに、チョイと同様、原作でもニコニコMUGENでも韓国出身キャラクター勢としてはやチャン、ジョン・フーンの影に隠れがちである。
ただ、某ストーリー動画では闇崎アキトとの特撮ヒーロー好きカップルでレギュラーになっている。
某大会では似たような不遇の立場にあえぐ同好の士とヒーロータッグを結成、息のあった連携で溌剌とした戦いぶりを見せた。
勝利ポーズで 「決まったね!」 「決まったな!」 とポーズを決める姿は専用ポーズでもあるかのような組み合わせ。
結果は予選落ちだったが気にしない!


出場大会

更新停止中
凍結

出演ストーリー


*1
このチェ・リムも、権利問題でキムが出せない時期にキムの代役として出場したコンパチキャラで、
後にキム本人が出場してくるとやっぱり影が薄くなる。
おまけに『MI』シリーズの開発も凍結し、結局メイともども再出場が望めない状況に。
『餓狼3』で没になったアリス・クライスラーと言い、キムの弟子になる女の子は呪われているのか。

*2
特に『XIV』における女性格闘家チームのEDでは女性キャラクターが総登場する中で 姿を見せなかった りと扱いが悪くなっている。