バーンナックル

「バーンナッコォ!!」

概要

餓狼伝説の登場キャラクター、テリー・ボガードが使う必殺技にして、彼の代名詞とも言える技。
気を纏った拳を突き出し、相手に向けて突進、気と共に叩き付ける。
父、ジェフ・ボガード直伝の必殺技である。

突進系必殺技の元祖である竜巻旋風脚とは発生速度、移動速度共に違い、高速で移動し、ヒットしたら軽く吹っ飛ばす威力を持つ。
竜巻旋風脚よりもバーンナックルの方が、現在の突進技の形に近く突進技の代表格としてよく名が挙がる。

登場するゲームによって攻撃範囲が違う事が多く、対空になるほどの広範囲であったり、逆にしゃがまれていると全くヒットしないという事もあるが、
トータルとして連続技に組み込んだり奇襲としてのぶっぱなしとしても機能したりと、安定した性能を誇っている。
特にKOFでは先端をガードさせれば隙が無い事が多く、連携の締めにもよく使われる。

詳細

語意はburn knuckle(燃える拳)であり、barnacle(フジツボ)のことではない。
共通して言えるこの技の特徴は、出す時に「バンザイ」のポーズをして突進する事だろう。
これは、拳に気を溜めるための呼吸法みたいなもので、この呼吸から気を作り突進していくいわば「儀式」みたいなものである。
しかし、これがゲームによっては隙が大きくなり、バーンナックルを出す予告を示す事もあったりする

餓狼MOWやKOFでのMOWテリーでは、弱Pで出すと「バンザイ」のモーション無しで繰り出すため、奇襲としての効果も強くなった。
ただし強Pで出すと、お約束の「バンザイ」をして突進していく。
威力を抑えて出す時には、呼吸無しで気を繰り出せる様になったのだろう。
ある意味、年の功とも言える。
また、MOWでのフェイント動作は2種類あるどちらもバーンナックルに対応している。

"Burning!!"


バーンナックルの原型とも言えるのは、師であるタン・フー・ルーの「箭疾歩」や、ストIIIユンらが使う「絶招歩法」と思われ、
それを彼なりにアレンジし、気を交えた必殺技に昇華したものと思われる。

格ゲーの世界において、この特徴的な必殺技の影響を受けるキャラもおり、「拳を突き出して突進する必殺技」を持つキャラで、
正式な技名を言うより「○○のバーンナックル」という感じに使われる事もあったりする。

そういう意味では格闘ゲーム界における、突進系必殺技の代名詞とも言えるだろう。

尚、初代餓狼伝説ではアンディ・ボガードは「斬影拳」、ジョー東は「スラッシュキック」が
突進系必殺技として同時に出てはいるのだが、「バーンナックル」の影に隠れてしまっている節がある。
ただ斬影拳も少なからず影響は与えており、「高速移動からの肘打ちを繰り出す必殺技」を持つキャラクターもそれなりにいたりする。
むしろスラッシュキックを真似するキャラがそこまでいないというのも…
ハリケーンアッパーといい、ジョー東はどうもボガード兄弟にお株を取られやすいみたいである。

関連項目:パワーウェイブ ライジングタックル