Drえーりん診療所

絵:ニコMUGEN絵板保管庫の 保管用お絵かき掲示板 から mkn氏画


「勘違いしないでよね!あ・・・あんたなんか大嫌いなんだからね!」

あらすじ

どこかの街にある一軒の診療所。その診療所の名前は「Drえーりん診療所」。

この物語は、そこで働く一人の医師兼薬剤師と一人?の看護婦、そして一人?の事務員兼主夫を中心に巻き起こる
のんびりストーリーである

解説

万能主夫属性のガロンとツンデレレイセン、そしてそれを見守る八意永琳がくりひろげるほのぼの動画。なおタグにはもれなくツンデレイセンのタグがある。
基本的にこの3人と周囲が巻き起こすドタバタ&のんびりストーリーだが、作者曰く「細かい伏線を作って消化するのが好き」らしく、
1話完結形式ながらも意外なキーワードが後の話で使われたりする。
また、メインの3人に原作設定らしきバックボーンがあり、これもまた伏線としてちょこちょこ語られていたりする。
作者が言うとおり、徐々にシリアス展開が入っていくなど「ほのぼのとは無縁の話」になっていく。
そしてこの動画はうpスピードがとてつもなく速いのも特徴である。
さらに、視聴者に仮病患者や自殺志願者が多いのも特徴であるといえる。理由は動画を見てみればわかる。
また、基本的に主役周辺(主に東方キャラ)は”永琳の不老不死”・”紫の幻想郷最強クラス”などの原作設定を踏襲しているのに対し、
脇役のポジションは様々であり、キャラ崩壊していたり、予想外の人物が重要なポジションだったりと、その活躍も楽しみの一つである。
ただし、後にその意外性でするキャラがいる一方、
小物だったり、永琳らのかませ犬的な弱さにされているのキャラもいるため注意。
特にKOFファンは閲覧の際は少し心構えた方がいいかもしれない。
(ストーリー上の流れ故とはいえ、こういった扱いに対してコメントで不快感を表した人が多くて、作者が弁明せざるを得なかった回もある)
動画冒頭にあるように、主役は 東方キャラ であり、 原作崩壊系 であることを忘れずに、閲覧の際は大人な気持ちで見ていただきたい。
※本作で不遇でも作者の次回作でまさかの好待遇を得たキャもいるが。

2009年3月末、完結。2009年10月13日に特別編が制作された。

ちなみにタイトルの元ネタは
IOSYSの「東方真華神祭」に収録されている
アレンジボーカル曲「行列のできるえーりん診療所」と
漫画「Drコトー診療所」のタイトルを合わせたもの
だと思われる。

登場人物

八意診療所
+ 登場人物のネタバレ注意

+ 永琳先生が作った薬etc、ネタバレ注意

「・・・・・・さて、診療を始めましょうか」

「無理ですよ~お師匠様。僕の病気は、不治の病なんですから!」


投票箱

第一回キャラクター人気投票結果

投票期間(2008年12月14日~2008年12月21日0:00迄)

投票は無事 終了 致しました。皆様のご理解とご協力、そしてご投票に感謝を捧げます。

ありがとうございました。

また、投票結果に対するご意見・ご感想等ございましたらボックスの中にございます 専用のコメント欄 にご記載願いますよう、よろしくお願いいたします。

+ キャラクター関連のネタバレ注意

関連ストーリー


コメント

+ ネタバレ注意

+ イラスト一覧

マイリスト



添付ファイル