大阪


「ちゃうねん」


あずまきよひこ氏による4コマ漫画、及びそれを原作としたアニメ『あずまんが大王』のキャラクター。
この作品は「美少女キャラたちによるユルやか生活4コマ」という内容でヒットを飛ばした先駆けとして知られる。

「大阪」とはもちろん愛称であり、本名は「 春日 歩かすがあゆむ)」。
智ちゃんより、大阪府からの転校生という理由だけで付けられた
(ただし大阪に来る前は神戸で暮らしており、そもそも生まれたのは和歌山である。むしろ「関西」と言うべきか?)。
この通称が定着してしまい、本名で呼ばれることは滅多に無い。
……というより序盤を除けば「一切無い」と言っても過言ではない。
作中では担任にすら名前を忘れられていた。クラス発表の張り出しにまで「大阪」と書かれる始末である。
あずまんがの熱心なファンでも彼女の本名表記を「あゆむ」か「あゆみ」か迷わずに読める者はそう多くないであろう。
ちなみに、本項目が本名で作られていない理由も 元の同人格闘ゲームで「大阪」表記だった為 である。

中の人は、劇場版・テレビアニメ版では『おジャ魔女どれみ』の妹尾あいこや『涼宮ハルヒの憂鬱』の鶴屋さんを演じた松岡由貴、Webアニメ版では綾子

「ブルーファイブあたりがジャッキーチェンとちゃうんかなぁ?」

大阪!その区切りやとアクション俳優やない! 超電子バイオマン や!

身長156cm(2年次)(アニメ版では、身長が智や神楽よりやや低く修正されている模様)。髪はストレートのセミショート。
戦闘力は限りなく低く、ちよを除いたメインキャラの中で唯一、制服の胸の下の所に影が無い
……むしろ、作者の異様なこだわりの方に驚くところだが。
テンポが遅くいつもボーッとしており、授業中はよく居眠りしている
ねここねこ(ぬいぐるみ)と一緒に目をつぶったり、ほんわかしていて、ゆるい雰囲気を漂わせているが、
独特の視点や発想を持ち、突然突拍子のないことを言うことがある。
花粉症で、春になると「へーちょ」という常人離れしたクシャミを発する
運動が苦手で、足の速さや体力はちよ以下。勉強も苦手で、「ボンクラーズ」の一員。
ただし、他のボンクラーズ(ともちゃん神楽)より若干勉強ができるようだ。テストで言うと+10点ほど。……それでも平均以下なのだが。
独特の発想からかナゾナゾが得意で、ともの出す問題に次々と即答していた。
最終的にはともちゃんと同じ大学に合格した。
また、クラスメイトのちよに対して「オサゲで空を飛び、そのオサゲに操られている」という人間離れした妄想を抱いている。

以上のような非常にボンヤリとした、 うっかりすると特殊学級送りの 徹底された天然ボケ具合が、
それまでの関西弁キャラ=活発で短気ツッコミ役が多くカネにがめつい・・・などのテンプレートを見事に破壊し、
多くの支持を獲得、連載中に掲載誌上で行われた人気投票においては見事 1位 に輝いた。

2002年に開かれた作者の個展『放課後の一年戦争展』は全イラストが春日歩尽くしであり、その中でガンダムに詳しいことが判明した。

ちなみに、「大阪から来た」という設定は日本国内が前提で、海外版では対応が必要であった。
アメリカでは関西弁を表現するため南部訛りになり、韓国では『釜山(プサン)』と言う名になっているとか、いないとか。

脱力用動画

ちなみに、この『帝国のマーチ』のウクレレ&リコーダーアレンジを演奏しているのは、
アニメ版『あずまんが大王』の劇中曲を手がけた「栗コーダーポップスオーケストラ(栗コーダーカルテット)」である。

アニメ版『あずまんが大王』BGM集

「拳銃…… パンツ……   武器と関係が?」


MUGENにおける大阪

同人ゲーム『あ、対戦しよ~。』版のキャラを死門氏が作成。
J・J氏が作成したAIも公開されている。
色んな意味で癖の強いキャラなので、今後の活躍に期待……できるだろうか。

他にも、イリオモテ山猫のマヤーをスタンドとして繰り出す大阪もいたのだが、
サイトが閉鎖した(跡形も無く消えてしまった)ため、入手はほぼ不可能。

  「ほんならやー カタツムリって虫?」


出場大会

削除済み

出演ストーリー