痛快GANGAN行進曲

『痛快GANGAN行進曲』は1994年にADKが製作したNEOGEO用対戦格闘ゲーム。
国外版のタイトルは『Aggressors of Dark Kombat』。
ROM容量は178Mbit。
一応2D格闘ゲームの範疇だが、公式ジャンル名は「REALLSTIC 3D BATTLE」。


ストーリー

西の剛、東の条。
「”浪花のド根性男”剛は無敵やで!」
「いや、”本牧の赤豹”条こそ最強だ!」
そんな噂を聞いて、彼らは相手の地元に乗り込むが、互いにすれ違いになってしまう。
旅のついでにと、あるときは荒野の真ん中で、またあるときは地下プロレスのリングでかたっぱしからケンカを売りまくる。
激戦を繰り返して、二人はついに決着の場にたどり着く。
「やっと会えたで!おんどれに恨みはないけどなァ、関東一の実力を見してもらうで!」
「へっ!西をシメてるだか何だか知らねえけど、どっちが強いかはっきりさせねえとな!」
かくして、空前絶後、前代未聞の痛快バトルの幕が上がる!

「ガンガンいこうぜ!!」 

概要

ワールドヒーローズシリーズのADKが製作した異色の対戦格闘ゲーム。
通常の2D格闘ゲームとは異なり、『ファイナルファイト』等のベルトアクションゲームに見られる奥行きのある画面構成を採用している。
これにより振り向き・回り込みや、フィールド上に落ちている凶器で攻撃する、軸ずらしで攻撃を回避するといった多彩なアクションが取れる。
格ゲーになる前のマッスルボマーのようなプロレスゲームの雰囲気に近いが、デカいキャラだと普通の2Dゲーに見えないこともない。

メインストーリーが上記の通り不良日本一決定戦のため、路上での喧嘩を追求しており、凶器攻撃や舎弟の乱入、
障害物の上から専用技が出せたり、地面によって地面効果のある投げのダメージが変わるなど細かい仕様が盛り込まれている。
また部位攻撃や流血、骨折などが狙える技もあり、その状態では弱体化するのでその後の展開が有利になる(ただし強くなるキャラもいる)。
演出もプロレス風の熱いというか暑苦しいギミックに溢れており、試合前のサブタイトル表示や掛け合い、ガン付け等、凝ったものとなっている。



登場キャラクター

プレイヤーキャラクターは全8人で、ラスボスキャラはいない。
ただし対CPUの最終戦は各人で固定されている。
フウマはワールドヒーローズからのゲスト参戦。
  • 使用可能キャラクター


基本システム

操作は8方向レバーとパンチ(A)・キック(B)・ジャンプ(C)の3ボタン。
ベルトアクション式なのでレバー上下でジャンプしたりしゃがんだりはせず、Y軸をずらす縦移動となる。
ガードはレバー後ろ方向で、パンチ・キックは長押しで強弱が切り替わる。

対戦は全て120カウント1本勝負。
体力ゲージは1本だが4周分あり、1本削られるたびに青→緑→黄→赤へと変化する。
時間内にゲージを0にすれば勝利、時間切れの場合はゲージの多い側が判定勝ちとなる。

体力ゲージは相手に連続して攻撃を当てる(ガード可)ことで若干ながら回復する。

また画面下部に熱血ゲージが存在する。
攻撃を当てる(ガード可)か攻撃を受けることでゲージが溜まり、溜まりきると一定時間GANGAN状態になる。
GANGAN時に相手側の体力ゲージが赤色になっているとGANGAN必殺技が使用可能。
GANGAN必殺技はガード不能で当たれば即死という実に世紀末な仕様だが、
基本的にサイドステップしてラインをずらすことで回避可能。
全体的にダメージが高めでゲージ1本程度普通に飛んでいくゲームなので、面倒な条件が多いぶんロマン技の範疇である。

その他特殊操作

ダッシュ・バックダッシュ・サイドステップ(特定方向にレバーを軽く入れる)
 ダッシュ・バックダッシュはその名の通りの前後ダッシュ。
 サイドステップはいわゆる軸ずらしだが、意外とY軸に広い技が多いので過信は出来ない。
武器拾い(レバー↓+パンチ)
 画面内に落ちている武器を拾う。
 武器はスコップ・日本刀・火炎瓶など。
 拾った後はパンチボタンで攻撃する。ただしキックやジャンプは受け付けない。
 武器を持った状態で↓↘→+Aボタンでキャラ固有の武器持ち技が出せ、AB同時押しで武器を離す。
つかむ(接近して相手方向+AB同時押し)
 本作の目玉要素。
 つかんでからレバーとA・Bボタンの組み合わせで投げ技が出せる。
 また掴んでいる間に一回だけCボタンで反対側へ回り込む事が出来る。
 背後に回った後にまたレバー+ボタンで別の技が出る。
 これが全キャラに標準搭載されているため、本作キャラの投げ技数は誰であれ、そこらの投げキャラを凌駕する。
 同時につかみあった場合はボタン連打による力比べとなり、勝った方が主導権を握ることが出来る。
つかみ返し(相手のつかみからの攻撃に対してボタンを押す)
 つかんでから技に移行する際に専用エフェクト付きで「カキン」という音が鳴るので、
 その時に掴まれている側がボタン(何でも良い)をタイミング良く押せればつかみ返して攻守が入れ替わる。
 ただし、掴まれている時に一度でもボタンを押すとエフェクトが出ない=掴み返し不可となる。
 このつかみからの読み合いの攻防が奥深く、本作の売りとなっている。
+ つかんでからの流れ

このようにガンガン行進曲ではつかみからの攻防が主となり、打撃技も掴みそのものをつぶすという意味合いが強い。
つまり(つかまず直接投げるという技もあるが)打撃技orつかみの二択→掴んでからの攻防という二段階の読み合いが発生するのである。

ただ残念ながら、CPUはつかみ返しはおろか返し技で的確に反撃してくるためつかみが有効でなく、CPU攻略時には無視されることが多い。
対戦も盛んとは言えなかったため、力の入れように反しあまり煮詰められることなく終わってしまった悲しいシステムである。

多彩な投げの数々


MUGENでは

全キャラが確認されているが、城所剛とボビーが現在入手不可能、
キサラはNBC版、フウマはワーヒー版の方が出番が多い、
李海權はAIが搭載されていないため動画への出演は難しい……と、厳しい状況にある。
唯一シンだけはGANGANキャラとして気を吐いており、多彩なプロレス技で魅せる投げキャラ勢として認知されている。
AIが入手不可能な状態だった条が再公開され、レオンハルトに外部AIができたので、作品別チームを結成できる人数は集まった。
これから出番が出てくるかも知れない。