アサシン



「――――アサシンのサーヴァント、佐々木小次郎」


身長:176cm/体重:63kg
属性:秩序・悪
イメージカラー:群青
特技:剣
好きなもの:花、鳥、風、月
苦手なもの:とくになし
CV:三木眞一郎

PCゲーム「Fate/stay night」「Fate/hollow ataraxia」に登場するキャラクター。
これらを題材とした同人格闘ゲーム、「Fate/sword dance」と、
CAPCOMから発売された3D格闘ゲーム、「Fate/unlimited codes」にも登場している。

第五次聖杯戦争において、「アサシン(暗殺者)」のクラスのサーヴァント(使い魔の一種)として召喚され登場する。
「真名(英雄としての名)」は、かの宮本武蔵と一騎打ちをしたとされる剣豪、「佐々木小次郎」。*1
」のクラスながら五尺を超えるやたら長い日本刀を持つ侍であり、
本来サーヴァントが隠すべき「真名(英雄としての名)」をさらりと明かす、英霊特有の宝具も魔力も持たないなど、通常のサーヴァントの常識から外れた存在。
ファンからの通称は名前を混ぜた「アサ次郎」や、後述の理由から「農民」など。

ところでアサシンのCVは三木眞一郎氏であるのだが、奇しくも氏はポケモンのアニメで同名の『コジロウ』を先に演じていたりする。

風雅風流が服を着て歩いてるような人物。
あらゆる状況下、戦闘中や上司の体罰はおろか、口外するのも憚られる様な自らの凄惨な死の際においてですら自分の雅を貫き通す……凄い漢だ。
また聖杯戦争の結果よりはその過程である強者との戦いに価値を見出しており、案外ランサーと気が合いそうである。
マスターの側の事情と意向で、お寺の山門をサーヴァントを繋ぎとめる依り代にされたため、そこから離れられない。
この設定から『Fate/unlimited codes』のCPU戦では相手が誰であろうと(ラスボス以外)ステージは固定である。

+ 以下、原作などのネタバレ含む。

+ ステータス

+ スキル

+ unlimitedcodesでは

+ Grand Orderでは


MUGENでのアサシン

MUGENでは、Fate/sword danceのものをお家氏が製作している。
基本的には原作再現であり、刀を生かしたリーチの長い攻撃を多数持つ。
またAIもそれなりに強い。
CVをFate/unlimited codesの三木眞一郎ボイスに変えるパッチも製作されていた。
現在はキャラ共に公開停止だが、アーカイブを辿ればDLは可能。


キャラ以外ではドロウィン氏のキャスターストライカーとして寺の山門ごと召喚する。

出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー


*1
実際には、彼は佐々木小次郎本人ではない。
「『佐々木小次郎』という殻を被るのに相応しい実力を持った名も無き剣豪の亡霊」という設定で、生前は霊感もない、真っ当な百姓であったらしい。
他にやることがなかったのでただひたすらに剣を振るっていたら、英霊の宝具の領域にまで到達した剣技を得たとか。
忘我の中に修行あり。
その剣技こそが「燕返し」であり、また冬木の寺に縁もあった為、キャスターに召喚されたのだという。
燕返しが无二打と違い宝具になっていないのは彼が英霊ではないからなのだろう。

当人曰く「読み書きなど知らぬし、名前を持つほど余裕のある人間ではなかった」とのこと。
hollowにおいては偽名として「津田小次郎」を名乗っているが、これは宮本武蔵の伝記である『兵法大祖武州玄信公伝来』に登場する人物の名前。
よってアサシン本人とは関係ないと思われる。 サーヴァントにこんな知識まで与える聖杯っていったい……

ちなみにアンリミテッドコードではお寺の山門前でやることがないので、ひたすら林檎を斬るミニゲームがある。
+ 補足説明など

*2
ルビは「キシュア・ゼルレッチ」。
これはTYPE-MOONの第二魔法「並行世界の運営(並行世界へ渡ることや、モノを引き出すことが出来る)」を使用可能な魔法使いの名前で、
もの凄く簡単に言うと「数が増える」現象の単なる固有名詞であって、現象自体の詳しい説明は作中でもない。
というか、説明などできよう筈も無いくらい高度な技術の産物なのだ。最も貴い幻想である宝具と互角の扱いの剣技なのだから。

TYPE-MOONの諸作品においては「魔術=現代技術でも再現可能な現象」「魔法=絶対に再現不可能な現象」という区分がされており、
その事から一般の魔術師と魔法使いの間には、とんでもなく大きくて絶対的な隔たりが存在している。
魔法を追い求めて狂ってしまった人物も存在するくらいで、其処からもアサシンの凄まじさがわかろうと言うものだ。
魔術の魔の字も知らないようなただの人間が、ひたすら剣を振るってただけで魔法に手をかけてしまったのだから、何と言うか……。
あとたまにファンの間でネタにされるが、そんな真似をしないと斬り捨てられない燕というのも冷静に考えるとかなりやばい。
超音速で飛行する妖怪TSUBAMEだったのではなかろうか。
『Grand Order』のキャラクター紹介では「ここまでの魔技がなくとも燕は斬れる」と書かれている一方で、キャラクタークエストでデーモンを倒して曰く「燕の方が手強かった」。やはり型月のTSUBAMEは幻想種なのだろうか。

ちなみに彼のマスターであるキャスターもまた、神代の――つまり多くの魔術が「魔法」だった時代の魔術師であり、最も魔法使いに近い魔術師である。

*3
冬木の聖杯戦争においては、ある暗殺教団の歴代教主の誰か一人が「アサシン」として呼ばれる、というルールがある。
この項で述べられているアサシンは実際のところ偽のアサシンなのだ。
その真名は「ハサン・サッバーハ」。シーア派のイスマーイール派・ニザール派の始祖。所謂「アサシン」という言葉の元となった存在である。
「ハサン」の名は代々の教主が継いでいくものでもある。
…もっとも、本編にhollowにZeroやプリズマ、fakeにucにEXTRAと、Fateのほとんどの作品で次のような悲しい現実がある。
「歴代当主であるアサシンはひどい目に遭ったり出番がなかったりするので、歴代当主でないアサシンのほうが目立つ」という……
果てはExtraCCCに於いて「サーヴァント界においてもっとも不憫なもの」として扱われる羽目になった。
…タイガーころしあむで活躍した五次ハサンはまだしも四次のハサンに関してはあまり間違ってないのが困りものである。
もう武芸者のクラスでいいんじゃないかな

*4
余談だが、原作では当のキャスター自身も自分を召喚したマスターに令呪を全て使わせ、その上で殺害している。
(現在のキャスターのマスターは1人目を殺害した後に出会い、改めて契約した2人目のマスター)
なんという因果応報であろうか。