暗転返し

概要

暗転で相手の超必殺技の発生を確認した後に無敵技のコマンドを暗転中に入力して、
暗転が解けると同時に無敵技を成立させて相手の超必を潰すこと。
元々は超必殺技の暗転に対して別の超必殺技を使用することで暗転し返すことからこの名前がついたが、
現在では超必殺技に限らず暗転中のコマンド入力で無敵技を成立させて相手の技を潰すことを指す。

当然のことながらこちら側が行動可能な時でなければそもそも技を出すことが出きないため、
暗転返しの対象となるのはぶっぱリバーサルといった非確定状況での超必殺技発動に対するものに限られる。
逆に言えばこれらの行動をとるときに相手も無敵技を打てる状況であれば暗転返しされることをしっかり考慮しなければならない。

とはいえカウンターに使う無敵技の無敵時間が短かったり仕掛けてきた側の超必の無敵時間が極端に長い場合は
せっかく暗転返ししたのにそのままつぶされるというなんともいい難い結果になる。
また相手側の超必が暗転後0F発生だったり暗転中に攻撃判定がでる技に対してはそもそも暗転返しが成立しない。
(こちらが行動不能の間に相手の超必がヒットしてしまうため。ただし突進技などで発生からヒットまでラグがある場合は別だが。)
そのあたりに関してはプレイヤーの知識量が試される。

超必殺技と超必殺技のぶつかり合い、結果によっては大逆転にもつながる為、
暗転返しが発生すると動画が盛り上がる事も多い。


ちなみにAC版『ジョジョの奇妙な冒険』の場合、
  • ゲージが溜まりやすく本数も多い(10本)
  • スーパーコンボ(超必殺技)の暗転時間が均一で、暗転後の発生が遅いものも多い。
  • ほとんどのスパコンが無敵を持ち、コマンド入力も簡単。
といった理由から暗転返しが他の作品に比べて成立しやすい。そのため 「光返し」 と呼ばれる必須テクニックとなっている。


一方、暗転中にコマンド入力を受け付けないゲームの場合、相手の暗転前にコマンドを仕込んでおくという高難度の先行入力が必要。
具体的に言えば『餓狼MOW』の 「後キャン」 と呼ばれるテクニックがこれに該当する。
後キャンのやり方は2種類あり、手順や仕様がかなり複雑なので詳しくはMOWの攻略サイトなどを参照してほしいが、
簡単に言うと「先読みで暗転前に素早くレバー入力を行い、暗転後に出したい技のボタンを押してコマンドを完成させる」というもの。
非常に難しいため滅多にお目にかかれないが、ハイレベルなプレイヤー同士の戦いでは起死回生の一手になることもある
(2011年に開催された全国大会「日月星辰 弐」の3位決定戦ではガーキャン専用超必であるジェニーのアンニュイ・マドモワゼルが
 テリーの後キャンパワーダンクで返されるというまさかの展開もあった)。

関連項目: 格闘ゲームテクニック一覧