首斬り破沙羅



「美しい悪夢だあ…」


           生年月日 : 明和二(1765)年 一月十八日
                              (命日: 天明八(1788)年 四月一日)
           出身地 : 丹波
           身長 : 五尺九寸 (約179cm)
           体重 : 十三貫目 (約49kg)
血ノ型 : 存命時A型
武器銘 : 罪人殺
流派 : 本能のままに剣を振るっている
   好きなもの : 愛してるよ…篝火…
   嫌いなもの : 憎い…奴が…
   コンプレックス : 篝火のところに逝きたいんだ…
   尊敬する人 : 君さ…
   剣の道について : 美しい悪夢だぁ…
   特技 : 鬼を狩ること
   平和を感じるとき : そばにいておくれよ、篝火…
   好みのタイプ : 篝火…
+ 剣サムイラスト

サムライスピリッツシリーズに登場するキャラクター。「くびきり ばさら」。初出はシリーズ3作目にあたる『斬紅郎無双剣』。
全然サムライでもなんでもない、とかは今更言っちゃいけない。
だが侍に斬り殺されて生まれた怨念、と説明するとサムライどころかゲームのテーマそのものにも深く関わっているような気がするから不思議である。
殺す殺されるの死合いを演じてる以上、斬紅郎に限らず誰もが破沙羅のような怨念を背負う可能性はあるし、
また自分が斬られて破沙羅のようになるかもしれないのである。 ゲーム中で死んだ奴は黒子が復活させてるから有り得ない?言うな
勿論某カプコン製時代考証ガン無視戦国ゲームとは無関係。でも名前の由来は同じかもしれない。
余談だがマクロス7の主人公とも無関係。


同作のラスボス壬無月斬紅郎に恋人もろとも惨殺され、その復讐のために死してなお鬼を求めて現世を彷徨う悲劇の青年。
恋人である篝火(かがりび)もまた魂となって勝利ポーズの時などにその姿を見せる。
上の画像の通り裸身に着物一枚だけ引っ掛けた姿でエロい。
次作の『天草降臨』では復活した天草により無理やり現世へ引き戻されたため天草の事も相当恨んでいる様子。
さらにその次の『零』にも登場するのだが『零』は『斬紅郎無双剣』より作品の時間軸としては前であるため、
本来破沙羅は存在しない筈なのだが何故か『零』時代にタイムスリップしたらしい。この辺はわしにも分からん…
『天草』の時点で何者かに捕らえられる描写があり、時間を越えてさまようハメに陥ったのもこのせいだ、という考え方がある模様。
『零SP』における絶命奥義はまさにその名に相応しいものであり、色々と物議をかもしだした。

+ 『斬紅郎無双剣』での設定・アレンジサウンドトラックライナーノーツの概要

+ 『零』ED(ネタバレ注意)

どの設定が真実なのかはぶっちゃけよくわからない。

しかし、どちらが真実にしろ、彼が救われるif展開も『天下一剣客伝』で用意された。
+ 『天下一剣客伝』ED(ネタバレ注意)

破沙羅 全エンディング集(ネタバレ注意)

武器は三方の刃が付いており、中央に持ち手のある大きな輪を、長い鎖で左腕に繋いだ形の武器『罪人殺(とがびとごろし)』。
斬るだけでなくブーメランのように投げて使う事もある。そのためゲーム中でも斬りのリーチが非常に長く、また技の隙も大きい。
いわゆるトリッキーキャラであり、自分の分身を生み出し撹乱する、影の中に潜み移動する、などクセのある技が多い。
こういったキャラの宿命か『斬紅郎無双剣』でもそれほど強いキャラではなかったが、
『天草降臨』では性能面の厳しさに加え、 「バサラウィルス」という恐ろしいバグによりぶっちぎりの最下位キャラ となる。詳しくはこちら
+ 分かりやすい彼の悲劇まとめ
『零』でも不遇の時代は続くが、『零SP』では遠立ち強斬りの隙大幅減など、性能がかなり底上げされた。
製作陣の発言によれば「最弱街道を突っ走っていたので、実験的に強くした」とのこと。
『天下一剣客伝』では『零SP』で尖り過ぎた部分が調整され、ようやくまともな強さに落ち着いた。
ガリガリの体に狂気染みた言動と、美形枠なのに色物臭がプンプンするが結構キャラ人気は高かったりする。
声優は草薙京でおなじみの野中政宏氏。知って驚いた人も多いことだろう。
『天下一剣客伝』では声優が一新され、破沙羅もその例外ではなかった(緋雨閑丸と同じ高城元気氏に)がイマイチ不評だったようだ。

RPGサムではボス戦に飛び入りで助太刀するNPCとして現れたりはするものの本筋にはまったく関わらず、
「妖花慟哭之章」において壊滅した村の跡に現れてサムライ達に突如戦いを挑んだ後はまるで出て来なくなる。
このような半端な出番になったのは、おそらくメインの出番となる筈の「魔都封滅之章」がポシャった影響だと思われる。
(前二章の内容や作中で時折言及される「鬼」という言葉からおそらく斬紅郎無双剣ベースの話だったのだろう)

なお破沙羅は奥義を使用する時に(作品によって微妙に違うが)「フィナーレの時間だ!」と言うが
何故江戸時代に外国人でもない破沙羅がイタリア語を使うのか
……と疑問に誰しもが思うところであるが公式からは「あれは彼の発する一種の奇声で、そう聞こえるのではないでしょうか
という回答がされており、つまりあれは聞いている我々の空耳なのである。

MUGENにおける首斬り破沙羅

mugenには複数体存在するようだ。

+ スディ氏製作
+ TightRiam氏製作

ゆうと氏製作のものもあるが、現在はDL出来ない模様。


との関係性は全く不明である。一体何者なんだ・・・。


ククッ…
    君じゃ無理だよ
       ⊂⊃  ミヾヾゞ彡
       , -nへ   |ニ二二| この××が!
       //ハヽl  .皿 ゚  ;| いい加減成仏せい!
      l l 冫l.l l  └●●●ヽ
      ソ.` ,リノ   /   (   \
     /   ヽ/ ̄ ̄ ̄ ̄/|    |
     .(  ニつ / 篝火命 / し/|
    ̄ ̄ ̄\/____/   (u ⊃


出場大会

更新停止中

出演ストーリー

DIOの喫茶店
炎邪じゃー!!(第21話前編)分身するチンピラ役
がんばレイセン!(第19話)妖女連続〇〇犯的な
紳士先生オズわ!(第拾弐話)
デッドマンズ(19話[天狗 その③])