まりん




「やっちマスッ!」

格闘スタイル: さまざまな暗器、武器を使いこなす
誕生日: 2月4日
身長: 156cm
体重: 45kg
血液型: O型
スリーサイズ: B83 W60 H84
出身地: 大阪
趣味: クラリネット、お琴、新作おもちゃのチェック
大切なもの: オーダーメイドのハンマー
好きな食べ物: サンラータン、スープカレー、
                          辛いもの、すっぱいもの
嫌いなもの: 昆虫、カエル
得意スポーツ: バドミントン、水泳

KOF2003』から登場するキャラクター。謎の組織に所属する現役女子高生スパイ(らしい)。
名前も自称で、本名は不明。決して「ま・りん」ではない。 魔界の魔でも間抜けの間でもないってしっかり覚えとけよこの相撲女
英語表記は "Malin" で「r」ではなく「l」な辺りがこだわり……らしいのだが、公式でもたまに "Marin" と間違えられる。 ちゃんとこだわれ
様々な暗器をどこからともなく取り出して戦う、ムクロばりの四次元空間の持ち主である。ブリジットと同じくヨーヨーも使用。
担当声優は桃子と同じ猪砂和世氏。訛りは無いが、設定では大阪出身。
上記のセリフ「やっちマスッ!」はおそらく『覚悟のススメ』の登場人物である掘江罪子が戦術鬼に改造された際に発した台詞が元ネタである。…マニアックだ。

 『2003』でチームメンバーが揃わずに困っていたアテナ雛子の前に突然現れ、
 初対面でいきなりKOFの出場メンバーに加えることを要求。
 どう見ても普通の女子高生だったため軽く断られるが、去り際に
 二人のリボンを掠め取って実力を証明し、強引に女子高生チームに加わった。
 彼女らがメンバーに困っているという情報は謎の組織から得たもののようだが、
 どうもあまり頼りにならない組織らしい。
 ちなみにOPでは左の画像のような微笑ましいシーンが見られるが、上記の通り
 実際は招待状をもらっていない訳で、捏造の可能性が非常に高い。特に胸の大きs
エンディングではコンサートの開演時間に遅れたアテナに代わってステージに上げられ、時間稼ぎをさせられることになった。
しかし持ち前の天然を発揮して大喝采を浴びた雛子の横で 普通に立ってただけ であり、特に何もしていない。

『XI』では前回大会でユリに「暗器を使うのは卑怯」と言われたという 本当にどうでもいい 理由で
影二香澄とともに強引にアンチ極限流チームを結成。
「アタシのスタイルにいちゃもんつけられたんだ。ほら、アタシって暗器とか使うから」
実際『2003』のユリとの掛け合いなどはごくフレンドリーなため、どう見ても数合わせ他に何か理由があったのかもしれない。
その恨みの根は相当深いようで、雑誌に掲載されたユリの顔写真にせっせと落書きをしている。小学生か。
エンディングにて極限流の面々が一同に会するホテルのレストランに潜入。
ユリに対する恨み節を語るが、いかんせん影二も香澄も天然だったため、ここでもまりんの話は軽くスルーされた。
そしてタクマが現れ、打ち合わせ通りに 「極限流!覚悟!!」 と飛び出したまりんたちは
折悪しく 怒り爆発 状態になったキング一閃ちゃぶ台返しが直撃し、襲撃に気付かれることすらないままあっけなく返り討ちにされる…。
龍虎キャラしかいない中で彼女だけ浮いているのには目を瞑るとしても…やはり空気であった。



と、なにやら微妙に謎が多いものの、初っ端からギャグ担当に回され、もはや設定を明かす気があるのかさえ怪しい。
登場二作目で既に謎の組織関連の話が 微塵も無い 。謎の組織が本当に謎のまま終わってしまいそうである。
古参キャラに対していろいろと難癖をつけては喧嘩を売ってアピールしているが、
存在感の薄さはどうしようもなく、いまやKOFを代表する 空気キャラ として逆に定着している。
というか『2003』のメインストーリーの時点で既に一人だけ 新規参戦キャラクターに名前が挙がっていない
芋屋はこのキャラをどうしたいというのか。

 何がそんなに空気かというと、天然キャラかと思いきや意外に普通なので、やや弾けっぷりが足りない。
 そんな彼女が歴戦のボケ担当キャラの間に紛れ込んでは、キャラの薄さが際立つのも当然の結果である。
 衣装に露出が多かったりする訳でもなく ごく普通のジャージ なのも
 萌えを狙ったキャラとしてはマズかったらしい。 スカートは短いが、当然中身は不自然なまでに見えない
 設定資料にわざわざ「ジャージと同じ」と注釈が付いているので、正真正銘のジャージである。
そもそもまりんが登場した理由というのが実質 「チョイのかわり」 と開発者が言っているのも不憫。
2003でかつてのチョイのように逃げ戦法が強かったのも、まりんの人気を押し下げる原因となったかもしれない。
そのため、当時は「普通にチョイを出しとけよ!」という声も少なくなかった。

というような経緯でプレイヤーの間では早期からリストラが予測され、次の『XII』では案の定無かったことにされた。

『XIII』でも当然残念ながら出場ならず。
アッシュ編最終章である今作を逃すと、この先彼女の登場機会はますます無くなるであろう事は想像に難くないわけで……
……一体何のために存在した(過去形)キャラなんだろう。
一応、女性格闘家チームのストーリーに「KOF出場予想・新時代の格闘女王は誰だ特集」的な雑誌の記事で
香澄香緋B・ジェニーと並んで 名前だけは 出てくる。
舞「ちょっとちょっと、わたしたち元祖女性格闘家チームを差し置いて、いったい誰のところに取材に行ってるわけ?」
ユリ「えーと……香澄ちゃんとか、シャンフェイちゃんとか、 あのまりんとかって子とか ―――
でも、一番ページが多くてクローズアップされてるのは、ほら、イギリスの大富豪のお嬢さまの」
キング「ジェニーかい?」
ユリ「そうそう!」
……と、ほとんどうろ覚えのような扱いだが。しかし 名前だけでも出てきてよかったね! というのが正直な所。
そして女性格闘家チームのEDにも きちんと台詞ありで出演 しており、どうやら誰かと組んで参加していたのは間違いない模様。
ただし「本戦に出られなかった」と明言されているため、さしずめ予選あたりで脱落したということだろうか。
しかしここでは何故か名前がカタカナ表記の「 マリン 」になっている。 ちゃんとこだわれ。
EDの詳しいネタバレは控えるが……正直、もし次回作があったら誰と組んでもおかしくない状況になってマス。
でもプレイヤーキャラとしての出演は、絶望的かも……。
『98』、『2002』、リメイクのUMシリーズのように、『03』や『XI』を元にしたお祭り的な作品が出ればまだ可能性はありそうだが……。
せめてにでも……。 実は背景キャラとしてなら影二・香澄と共に極限流道場ステージに登場している。
具体的にはマルコのすぐ近く、神前の刀が奉られている後ろから たまに 顔を出す。忍者顔負けの忍びっぷりである。

このまま本当にプレイヤーの記憶からも消去されてしまいそうな気配がそこはかとなく感じられるが、
「だがそれがいい」というファンも案外少なくないようで、現在も2chに定期的にまりんスレが立っているようだ。
設定やストーリー次第ではいくらでも化けそうなキャラであるし、
今だ謎のベールに包まれているバックの謎の組織が新シリーズに絡んでくれれば希望はある。
なまじ アッシュ編と全く関係なかった だけに、アッシュ編終了と同時にお役御免という役割ではないのだから。それ以前の段階でお役御免とかゆーな
後に『XIII』オフィシャルブログにてオズワルドチャンと共にXIII調の新たなドット絵が公開されていた。
桃子同様下書き段階のものであるが、よく見ると衣装が ジャージではなくベスト に衣装チェンジされている。
次回作への登場を期待してもいいのかもしれない。
『XIV』で3Dに完全移行した上にチャンだけ復活したけどな!

何故か韓国タイで共同製作という 話を聞いただけで胡散臭さ爆発の 『KOFオンライン』(KOF98UMOLとは全く違うゲーム)
のキャラクター紹介にまりんの名があり、奇跡の復活が期待できるのかもしれない……?
なお、英語表記は「Marin」と「Malin」の両方が確認された。こだわってくれタイ人&韓国人。
……で、このゲームいったいどうなったんだっけ。

ちなみに家庭用『XIII』のストーリーモードにも桃子共々1シーンだけ出演。(恐らくユリに対しての)恨み節をブチまけていた。

『XIV』では女性格闘家チームのエンディングで、大勢の女性キャラと一緒に飲み会に興じている。
チームを組んでいたからか香澄と仲良く話をしており、直後にユリも店に現れるが特に軋轢は見せていない。また一つ個性が無くなったか

+ 誰が空気みたいだって?


原作中の性能

小さくて機動力が高く、ジャンプの軌道の低さを生かした鋭い攻めが持ち味。 全体的にリーチが短いのが欠点。
『2003』では三角跳びが可能な上、チョイの「旋風飛猿刺突」のように空中で自由な方向に派生できる「スズメバチ」、
さらに設置飛び道具「オニグモ」の使い勝手が良かったため、逃げながらちくちくとダメージを与える戦法が強力だった。

『XI』ではこれらの性能が軒並み弱体化されたため崩しのパターンが大幅に減ったが、
スタンガンを突き出す「ドクサソリ」をはじめ技の気絶値が高いため、シフトをうまく絡めればそれなりに戦える。
超必殺技は空中から急降下する「Vスラッシャー」のような性能の「ジョオウバチ」と
対空ロック技「カゲロウ」があり一見使いやすそうに思えるが、どちらも無敵とリーチが短く判定も弱いため頼りにならない。
唯一、巨大ハンマーを振り下ろすリーダー超必殺技「ミヅチ」がリーチの短さを除けば高性能で、
連続技はもちろん相打ち覚悟の割り込みや対空、ダウン追撃にも使用可能。
しかもこの技、 一度ミヅチを当てた後更にミヅチで追撃できる ため、
リーダーかつ画面端でゲージ4本という条件下なら成功した場合5~6割持っていかれる。
影の薄くなりつつある彼女だがこういう部分で頑張っているのである。
なお、「 御槌 」と書いて「ミチ」である。我のみを尊んだりはしない。

ちなみに「ジョオウバチ」の際の「マキシマムまりり~ん」というセリフが
高確率でマキシマ絡みの何かに聞き取られるなど、空耳が多いキャラでもある。




「ズルしてないもん! 正々堂々だもん!」


MUGENにおけるまりん

『2003』稼動からほどなくして有名製作者らによって作成されており、ハイクオリティーなEXキャラも存在する。
原作よりも遥かに好待遇を得ていることが彼女の地味に根強い人気を証明していると言えよう。
……が、よく見ると「現在入手不可能」か「AIが入っていない」というものが多い。何故だ。

+ 如月銃駆氏製作 2003仕様+アレンジ
+ H"氏製作 2003仕様+アレンジ
+ Zelgadis氏製作 XI仕様+アレンジ
+ KoopaKoot氏製作 XI仕様+アレンジ
+ Joahie氏 & MDK氏製作 XI仕様+アレンジ
+ Zayro氏製作 XI仕様+アレンジ
+ RYO2005氏製作 レイドラ仕様まりん
+ 珍屋氏製作 EXまりん

また、改変キャラとして蒼川マーガレットというキャラがA-KUE氏のサイトで代理公開された。

出場大会

+ 一覧
+ EXまりん

出演ストーリー