ワルキューレ


ナムコのアクションゲーム『ワルキューレの冒険』『ワルキューレの伝説』の主人公。
封印から解き放たれた魔王「ゾウナ」によって危機に瀕したマーベルランドを救う為に地上に降り立った神の子。
剣と魔法を駆使して様々な困難に立ち向かっていく。

コンピュータゲームの黎明期に生まれた非常に古いキャラだが、
当時としては珍しい戦う女主人公というキャラクター性は衝撃的であり、
今なお根強い人気を保っている。
ナムコヒロイン全体としてみても屈指の人気を誇るが、
古いゲーム出身のしゃべらない主人公なので本来の性格等は実はよくわかっていない。
元々このシリーズの始まりであるファミコン版は、当時ナムコが
「低価格で手軽に出来るゲーム」というコンセプトで3900円という価格で発売した
「サンキューシリーズ」というシリーズの一作であり、
「RPG風アクションゲーム」として作られているので、会話シーンは無い。
ただし、今なお続く人気は2作目の『伝説』によるものが大きい。
ファミコンでは小さなドットキャラだったが、
こちらはアーケード基盤の性能のおかげでドットキャラとは言えイラストを忠実に再現しており、
内容も名作と名高い。
相変わらずしゃべらないが(会話シーンはあるが、相手が一方的に話す)。


汚れを知らぬ乙女を体現したような見た目もその後に現れた戦乙女達に多大な影響を与えている
特に羽兜と、ロングスカートに胸鎧の組み合わせが(そう、ミニスカでは無いのだよ)。
ロングスカートに入った深いスリットから覗く太股も見逃せない。後続キャラはスリット無しが多いが。
女神ではあるものの、『伝説』でのダメージモーション等はコミカルであり、意外とお茶目な印象も受ける。

なお、キャラクターデザインを手がけた冨士宏氏による漫画作品『ワルキューレの降誕』によると、
このワルキューレは北欧神話に登場する戦乙女ワルキューレ(英=ヴァルキリー)ではなく、
元々名前が無かった女神が鎧を着た際に、北欧神話のワルキューレの姿にそっくりだったから
その名で呼ばれる事になったという設定になっている。

ナムコ作品では彼女自身や彼女をオマージュした装備品などのネタが登場することも多い。

そこの剣士!分不相応なものを持つものではないぞ!

テイルズ オブ ファンタジア』ではミッドガルズでオーディーンの部下として登場。
上記のセリフの通り武人肌な性格だが、自分が認めた相手には敬意を表する。
クレスにペガサスを貸し与え、ミッドガルズ空中戦の手助けをした。
このときクレスの持っていたグーングニル(この時点では強力な槍)は「分不相応」として取り上げられてしまう。
だが、後にオーディーンとの一騎討ちに勝利することで最終段階のグーングニルを手に入れることができる。
以前持っていたときより大幅に強化されており、作中最高の突き攻撃力を誇る最強の槍である。
なお、名前は「ヴァルキリー」となっているが、PS版の容姿はワルキューレそっくりである。
前述のキャラクター設定によれば北欧神話と直接の関係はないらしいが、
オーディーンやグーングニルなどから判る通り、明確に北欧神話との関連付けがなされている。
ファンタジアでは他にもヴァルハラ、トール等の北欧神話ネタが多いのも特徴。

PS版『テイルズ オブ デスティニー』では召喚アイテムで登場。左右に剣を振り発生する衝撃波で攻撃する。

『テイルズ オブ エターニア』では隠しボスとして登場。*1
かなりの肉体派で、剣による連続攻撃と撃ち出される光弾を組み合わせた乱舞技が非常に強力。
しかし、彼女の真の強さは最強の防御技「ガードインパクト」にある。
これは通常のガードとは異なり、本来喰らう筈だったダメージを相手に反射する。勿論ワルキューレ自身はノーダメージ。
また、このとき相手を無敵状態すら無視して強制的に仰け反らせる効果がある。
更に技自体の隙が皆無なので、こちらが仰け反っている間に上記の乱舞技に繋げてくる。まさに外道。
お陰で迂闊に手を出せないため、飛び道具でチマチマ削るか、乱舞技を誘ってその隙に攻撃するのが基本的な攻略法となる。
ちなみに、初撃のみ相手のガードを無視するアクセサリ「デリスエンブレム」を装備すれば真っ向からでも簡単に破れる。
尤も、入手先がワルキューレよりも遥かに強いという問題点はあるのだが…。
プレイヤーに強烈な印象を残したためか、この技は『NAMCOxCAPCOM』(後述)にも登場している。

『ソウルキャリバー』シリーズに登場するカサンドラとソフィーティアもワルキューレを意識されており、
ショートソード&スモールシールドにワルキューレのものがある。鎧は着ていないうえミニスカだが。
また、女性用の衣装にもワルキューレセットがあり、全部揃えればワルキューレそのまんまの姿になる。

極めてマイナーな作品だが、GB作品『攻めCOMダンジョンドルルルアーガ』にもゲスト出演。
光属性の遠距離攻撃を持つバランスの良いユニットである。
他にもドラゴンバスターの主人公クローヴィス、ソウルエッジのナイトメアなども登場している。
さらにマイナーどころとしては、WSのナムコのクロスオーバー作『ナムコスーパーウォーズ』に登場し、ナムコのヒロインっぷりを発揮している。

後にナムコ&カプコン作品のクロスオーバー作品である『NAMCOxCAPCOM(ナムコクロスカプコン)』で味方ユニットとして登場。
自軍では数少ない魔属性攻撃主体のユニットでサポートもこなせる万能タイプ。
もっとも従者二人が最強クラスの強さを誇ってて、大将のワルキューレより無双しているが
前述のガードインパクトはただの単発技になったが、必殺技のカットインは必見。
この時の声優はGUILTY GEARイノ役などでおなじみの井上喜久子女史。
こちらでは温和な性格で もの凄い 天然ボケ属性も付加されている。
ワルキューレ様、サンドラ族は悪い物食っても二人に分裂するような事はありません。


そして、3DSで発売された『プロジェクトクロスゾーン』でもソロユニットとして登場。
声優は引き続き井上喜久子女史。
プロローグシナリオでダンテデミトリと別れた後、再登場時に戦場のヴァルキュリアのキャラと遭遇。
諸事情あって番号で名前を呼び合う二人に対し、何故か唐突にNo.17(ヴァルキュリア本編にNo.17は居る)を名乗り話し合うが、
合流してきた味方に対し、上記の件を考慮するよう催促されたのにもかかわらず、
自分を番号、相手を名前で紹介するという見事な大ポカをやらかす。
気に入ったのかその後もクルト&リエラとの特殊掛け合いで自らのことをNo.17と呼んでいる。
なんで17なのかと思った人は、このページのトップ と担当声優 をもう一度見てみよう。
参考動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19110092

また、攻撃方法もかなりネタ度が高く、数回攻撃してチビワルキューレに爆撃させている最中敵の背後から上昇、
チラリズムあふれるカットインからビッグの術を使ってとどめの一撃を加えるのだが…。
そのとどめの一撃というのが ヒップドロップ 、直撃後の表情と、攻撃後画面外に飛び跳ねてく時のセリフから見るに、
やはりワルキューレでも痛いらしい。
伝説の時針山に落ちた時と比べりゃまだましなのだろうが、あの駄狐と同路線をたどるつもりなのだろうか…。
なお、カットイン時のセリフには「上を見てはなりません」というものがある。まあ、穿いてない疑惑もありますし。
???「見えた!昇龍拳!」
ちなみに毎度おなじみのコスチュームは普段着らしい。
続編『PXZ2』でももちろん登場。FEのチキと旧知だったり、スパーダの事も知っていたりと、流石は天の使いと言わんばかりの経歴である。
今作では様々なナムコキャラを召喚し、ワギャンの音波砲で動きを止めた所にビッグの術でトドメを刺すのだが、
今回は胸(の鎧)から落ちてくる、本人曰く「固い所でごめんなさい」らしいが…。やっぱり変な路線に突き進んでいる。
また第17精鋭部隊に誘われてノリノリで入ろうとしたり、挙句ソロユニット編成で自分で「おい、おいっ」と言い出す

また、アーケード用オンラインゲーム『ドルアーガオンライン THE STORY OF AON』でも、
プレイヤーキャラクターの一人としてワルキューレが登場している。
こちらではクールで凛々しい性格をしているが、やはり世俗に疎く天然っぽいところを見せる。
ワルキューレ様、お腹空いたら食事する事くらいは知っていましょう。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3822959

(以上、wikipedia等より一部引用)

ちなみに今は無きゲーメスト編集で女の子を集めた雑誌「ギャルズアイランド」1~3では
どの雑誌でも人気上位1~3位に入る快挙を成し遂げている。
格闘ゲーム全盛期でモリガンナコルルが超絶人気を誇っていた中、
既にレトロゲーと言われていたワルキューレがこの順位に入るのは、如何に彼女が人気であったかを物語っているだろう。
またはいてない疑惑があり、これはアイランドの読者の投稿に対しての編集者のコメントから始まったらしい。
これに対して冨士宏氏は増刊永久保存版「ギャルズアイランド」のインタビューでスカートの中身の質問に対して

「何もはいてないんじゃないかな」と答えている。さすがナムコ、俺たちに(ry


ブラックワルキューレ

魔の存在によって生み出されたワルキューレの対極に位置する存在。
その名の通り黒髪、黒い鎧を纏った 2Pカラー 悪のワルキューレである。
元々『冒険』やアーケード版『伝説』には存在しない、PCエンジン版オリジナルキャラ。
しかし、そのキャラクター性(と言うほど設定がある訳ではない)が好評を博した結果、
それ以降のシリーズでもワルキューレのライバルキャラとして登場している。

NAMCOxCAPCOM』にも登場しており、兜が目を覆うような形になり、
武器はハルバードに変わっていて、死の女神という位置づけとなる。
案外感情的な面をちらほらと見せており、確固たる個性を持っている。
こちらではワルキューレとは表裏一体の存在であり、相容れない存在として描かれる。
ちなみに敵役であり一般倫理に反した事を平然と行っているが、彼女自身はそもそも善悪を超えた立ち位置にある存在である。
主人公サイド…もっと言えば人間視点からするとブラックワルキューレの主義がかなり容認しがたいから対立している。
CVは井上女史が二役で演じている。

ドルアーガオンライン』にも登場しており、こちらでは大鎌を携えてよりらしく描かれるようになった。
ワルキューレの女神の力の一部から作られ、また生まれたばかりの存在ゆえに素直で任務に忠実だが感情は乏しい。
ただし無関係な人間を巻き込むのを良しとしないなど、優しさを匂わせる気遣いを見せていたりする。
また、ワルキューレの目に女神の力が残されていたため、ブラックワルキューレは盲目である。
ワルキューレに倒された後「ワルキューレの力と共に生きてゆけ」と言われ、自分の存在を感じるもドルアーガの手により命を落とす。

例によってキャラの詳細などはよく分からないが、その分からなさがかえって想像をかき立て人気を博したと言える。
いつの時代もワルには不思議な魅力がある、と言うことだろう。

「…我は最も深き闇を知る者」

一方、キャラ原案の富士宏氏の作品では「この世界が生まれる前の、既に滅んだ世界のワルキューレ(戦乙女)の生き残り」として描かれている。
その力は(同じくかつてのワルキューレであり)武器を捨て創造神となった銀の女神(現在の大女神)と同格。
単騎で世界を滅ぼし得る力を持ち、「分身の術」で生み出した分身の一体すら今代のワルキューレと互角に矛を交えることが可能。
神々の宿敵であり、前世界からの生き残りである巨人達の封印を守りつつ、この世界に存続する価値がないと判断した場合
即座に滅ぼせるよう世界の裏の闇の領域から世界を監視し続けている。

今代のワルキューレとも幾度か刃を合わせ、時には協力して事に当っている。

なお、今代のワルキューレの傍若無人ぶりに「最近の若い者は…」と愚痴をこぼし、現代語を話せる癖に
「新しい言葉など話せるか」とわざと古代語で会話をするなど性格は少々偏屈で微妙にババ臭い



MUGENにおけるワルキューレ

MUGENでは以下の5体のワルキューレが存在している。
主に見かけるのはOGGY氏のワルキューレ及びmaitake氏の悪Qで、どちらもキャラの出来やネタ的な意味で人気がある。

+ 吉田ルイージ氏のワルキューレ
+ TKW氏のナムカプバージョン・ワルキューレ
+ TKW氏のなりきりダンジョンバージョン・ワルキューレ
+ ニコロダ産改変ワルキューレ
+ OGGY氏のワルキューレ
+ maitake氏作成の手描きキャラ「悪Q」

出場大会

吉田ルイージ氏

TKW氏

OGGY氏
削除済み
更新停止中

悪Q
削除済み
更新停止中
凍結

以下、未分類

出演ストーリー

KQの挑戦 (悪Q、主人公)
K&K(悪)
黄金の世界(悪Q)
ワルキューさまご来訪!(悪Q、主人公)
悪Qの平和な日々(悪Q、主人公)


*1
PS版『テイルズ オブ エターニア』のゲームオプションのサウンドテストを弄ると、
召喚魔法用ボイスにキール・ツァイベルのボイスで『ワルキューレ』があり、
おそらく開発段階では召喚できる案があったことを匂わせている。
没になった理由については不明であるが、PS版はバンエルティア号(劇中で主人公たちの移動手段となる船)の
二段階目の改造シーンのムービーなど、他の要素が未収録な部分が散見されたため、その一部である可能性は高い。